大紀元時報
トップ 債務の罠
債務の罠
セルビアの首都ベオグラードの保健施設で、中国シノバック社のワクチンを用意する看護師。1月26日撮影(ANDREJ ISAKOVIC/AFP via Getty Images)
2021.01.28
欧州議会の超党派26議員、セルビアの中国傾斜に懸念表明 中国ワクチン100万回支援受け入れ

欧州議会の超党派26議員は、中国傾斜が強まるEU加盟交渉国のセルビアの状況を懸念している。議員らは欧州委員会に書簡を送り、中国投資の影響に対応するよう求めた。

一帯一路の融資約3兆円相当が再交渉中、新興国の債務危機が中国に降りかかる可能性がある。2018年、スリランカのハンバントタで建設中の鉄道工事(Paula Bronstein/Getty Images)
2020.12.17
一帯一路の融資約3兆円相当が再交渉中 新興国の債務危機が中国に降りかかる可能性

中国の広域経済圏構想「一帯一路」のインフラ計画のために融資を受けた12カ国は現在、中国と債務契約の再交渉をしている。これらの国が結んだ計18件の契約は総額280億...

中国融資を受けて建設されたイシンバ水力ダム (Wifred Sanya)
2019.09.05
ウガンダ専門家、中国による債務トラップに警鐘「すでに危険な水準」

アフリカのウガンダ共和国議会の委員会は、中国からの借入を縮小するよう政府に求めた。議員たちは、東アフリカ諸国にかかる対中債務の過大な負担を懸念している。

^