大紀元時報
トップ 共産党
共産党
2009.03.26
集団抗議事件対処、三千人検察院長官に研修

 【大紀元日本3月26日】昨年11月、県委書記2800人が研修のために、北京に召集された。また、今年2月に公安部が3000人の県級公安局長の研修に相次いで、最高人...

2009.03.25
中国の元諜報員:中共当局は海外で膨大な情報ネットを持つ

 【大紀元日本3月25日】先週、米ワシントン中国大使館前の集会で、公に中国共産党からの脱党を表明した元諜報員が、中共当局は海外で膨大な情報ネットを 持っており、海...

2009.02.21
世界で最もお金のかかる政党

 【大紀元日本2月21日】中国系学者、穆正新という著名作家が、最近、米民間機関の「労働思想改造基金会」の主催する中国語ネットの刊行物『ウォッチング』に文章を発表し...

心理学者の楊奉軍教授(撮影=馬有志/大紀元)
2009.01.27
華人心理学者「神と一緒に帰れる」

 【大紀元日本1月27日】1月18日、米シアトル・パラマン劇場で神韻芸術団公演を鑑賞した心理学者の楊奉軍教授は、「本当に感動した。舞台に繰り広げられる情景はまるで...

神韻ニューヨーク芸術団のフィラデルフィア公演会場
2008.12.30
神韻公演:「これまで見たことのない中国文化だ」

 【大紀元日本12月30日】米フィラデルフィアで12月20日、神韻芸術団による中国伝統芸能の公演が開かれた。鑑賞した観客からは、舞台がとても美しい、優雅であると多...

コペルニクス(左)とガリレオ(挿絵=大紀元)
2008.09.27
【党文化の解体】第2章(23)「神に対する信仰は、科学研究の妨げにはならない」

 【大紀元日本9月27日】 6)科学者の神に対する信仰は、科学研究の妨げにはならない 前中共総書記・江沢民は訪米した際、当時の米大統領クリントン氏に、「米国では科...

唐山地震の時、中共政府は被害者に、「パニックを避けるために、地震の予報を公表しなかった」と言った。 (挿絵=大紀元)
2008.09.14
【党文化の解体】第2章(22)「科学を無視し、マルクス主義を信奉」

 【大紀元日本9月14日】 5)中共は「科学」を無視し、自然に反するマルクス主義を信奉 中共は科学の擁護者に扮し、その上、政府御用の「反偽科学」の専門家を養成し、...

法輪功学習者「なぜ私を捕まえるのか?」、警察官「法輪功の練習は違法だからだ!」(イラスト=大紀元)
2008.09.07
【党文化の解体】第2章 (21) 「現代科学の宣揚は、信仰の自由を抑圧するため」

中共政権が誕生したばかりの時から、中共は絶えず全国規模で、いわゆる 「封建的な迷信を打破する」運動を展開してきた。近年は、さらに「科学を尊ぶ」というスローガンを付...

2008.08.27
【党文化の解体】第2章(20)「進化論を注入した報い」

中共が進化論を注入した目的と無神論を普及した目的は同じものだ。進化論の観点からすると、人は自然界で勝手にできたものであり、人の誕生にも存在にも何の目的もない。この...

10万年の歴史がある金属の花瓶(写真=大紀元)
2008.08.15
【党文化の解体】第2章(19)「進化論の局限性」

進化論の論理から言えば、人類は原始の水生動物から次第に両生類、爬虫類、哺乳類に進化し、さらに猿に進化したのち、現在の人類に進化してきたとしている。この過程には数億...

DNAの分子構造とDNAの二重らせん構造の模型(イラスト=大紀元)
2008.07.31
【党文化の解体】第2章(18)「進化論は確率的にありえない」

ダーウィンの時代は、近代西洋科学が基礎作りの段階にあったので、生命現象に対する認識がとても浅かった。当時の人々は、家畜の雑種への変異現象を見て、生物の種もこのよう...

この胚芽発育図はヘッケルが偽造したもので、多くの人がこれに騙されている。(左から):魚、山椒魚、亀、鶏、豚、牛、兎、人間(イラスト=大紀元)
2008.07.24
【党文化の解体】第2章(17)「進化論の脆弱な論理的基礎」

1859年、ダーウィンは『種の起源』で、一握りのとりとめのない事例を根拠にして、唐突的に生物の進化という仮説を提言した。すなわち、今日の複雑な生物界は簡単な原始生...

「安定が一切を圧倒する」「弱肉強食、優れた者が勝ち、劣った者が淘汰される」「中共政権樹立後、8千万人以上が非業の死を遂げた」(イラスト=大紀元)
2008.07.15
【党文化の解体】第2章(16)「進化論の注入は、無神論と闘争哲学の普及のため」

1968年夏、ウィリアム・マイスターというアメリカのアマチュア化石専門家が、三葉虫で有名なユタ州近郊のアンテロープ・スプリングで化石を発掘した。それは、驚くべきこ...

毛澤東「権力は銃口から生まれる」(イラスト=大紀元)
2008.07.06
【党文化の解体】第2章(15)「調和と共存に回帰する道」

2005年、「狼文化」が全国を風靡した。狼文化ブームで出版された『狼魂』の中に次のような一節がある。「オオカミのやりかたをまねなければ駄目なのか?だめだ。

全国民を闘争の対象にした共産党の「闘争哲学」。××批判闘争会:「白状した者は寛大に、抵抗する者は厳重に処分する」(イラスト=大紀元)
2008.06.26
【党文化の解体】第2章(14)「政治闘争の中での洗脳教育」

中共は闘争哲学に頼って政権を奪った後も、この哲学で統治を維持してきた。中共が次々に発動した政治闘争の中で、国民の闘争の思想は次第に強化された。その結果、もともと中...

「村々で血祭りにあげ、各戸で闘争せよ!」(イラスト=大紀元)
2008.06.13
【党文化の解体】第2章(13)「中共が闘争思想を注入する目的」

ジョージ・オーウェルの名作 『動物農場』では、動物が人類の「搾取」に耐えることができず、革命を起こす。結局人を追い出して動物自身が主人である「動物農場」を作った。...

「旧世界を打ち壊して、新しい世界を創る」「革命は無罪、反逆は理に適っている」「六四の反革命暴動を鎮める」「法輪功学習者を殺しても自殺とする」(イラスト=大紀元)
2008.06.07
【党文化の解体】第2章(12)「闘争思想の邪説を注入」

2005年、中共軍少将朱成虎は、香港での西側記者との記者会見でかつてこう言ったことがある。「一旦米中が開戦したら、中国は西安よりも東の都市をすべて犠牲にする用意が...

「このお金は、私が節約に節約を重ねて貯めた血と汗の結晶です!」(イラスト=大紀元)
2008.06.01
【党文化の解体】第2章(11)「財産をもって道徳を量る重要な根拠とする」

中国正史の初章を飾る 『五帝本紀』には、五帝の徳行とその徳行に対する一般民衆の述懐と尊敬が記載されている。そのような徳行は深く人の心に入り込み、数千年にわたって伝...

(イラスト=大紀元)
2008.05.24
【党文化の解体】第2章(9)「天に対する畏敬を批判する」

「天の運行は健やかにして、君子もって自ら強めて休まず」「地の勢いは坤なり、君子もって徳を厚くして物を載せる」。易経の冒頭にある二つの卦には、中国人の天地に対する態...

(左から)上院議員コンシグリオ・ディニーノ氏、カナダ前フィギュアスケート世界チャンピオンで2度五輪銀メダル獲得者エルビス・ストッコ氏、国会議員ボルイ・ルイツニュカスキー氏(Victor/大紀元)
2008.05.21
人権聖火カナダ到着、五輪メダリスト「五輪ボイコットは、政治問題ではなく、人権問題」

 【大紀元日本5月21日】「法輪功迫害真相調査連盟(CIPFG)」および複数の国際人権団体が共同発起した「グローバル人権聖火リレー」は、ヨーロッパ、豪州、アフリカ...

宗教者に対して中共が実施した統一戦線秘策:金銭による買収と武力弾圧(イラスト=大紀元)
2008.05.19
【党文化の解体】第2章(8)「宗教自由の虚像を作り上げる」

中国のいわゆる「宗教自由」は、偽りの自由であり、その自由には一つの前提条件がある。つまり共産党の指導を受けなければいけない。簡単に言えば、線香を立てて拝んだり、教...

2008.05.15
【党文化の解体】第2章(7)「内部から宗教を批判する」

五十年代、中共は自らが完全に掌握できる佛教協会と道教協会を設立して、自分の代理人に協会の要職を占めさせて、事実上中共に付属する「民主党派」のような政治組織を作り上...

天安門で私服公安に拘束される法輪功学習者
2008.05.13
【詩】北京の春

 【大紀元日本5月13日】北京の春作:文雀天地に逆行する共産党中華の伝統は全壊した最後の一厘が今光臨し全教が回天し紅魔滅す天安門で公安車両に連行される法輪功学習者...

金銭や政治、欲望に包まれている「人間佛教」の様相(イラスト=大紀元)
2008.05.11
【党文化の解体】第2章(6) 「宗教を世俗化する」

佛教では「佛、法、僧」を三宝とする。その中の「法」は即ち佛経である。中共は佛の存在を否定し、大徳の高僧を弾圧、迫害するだけでなく、経典に対する破壊が陰湿な手段で行...

中共は糧道を断つことで修行者を窮地に追い込んだ(イラスト=大紀元)
2008.05.09
【党文化の解体】第2章(5) 「修行の物質環境を破壊する」

もしも、出家者が世間の偏見を気にせず、修行を続けようとすれば、中共は修行者の糧道を断つことにした。

老子は『道徳経』の中で、天、地、人の自然法則を説いた(イラスト=大紀元)
2008.05.03
【党文化の解体】第2章(4) 「神佛の存在を否定する」

老子の思想は孔子によって「雲の中の龍」と考えられ、今日の西方学界によっても老子の思想は依然高く評価されている。「福には災難が付き添い、災難に福が潜む」、「千里の道...

知識人を改造する(イラスト=大紀元)
2008.04.22
【党文化の解体】第2章(3) 「知識人を批判する」

『左伝』いわく、「最も上等なことは社会のために良い道徳基準を立てることであり、その次は国のために軍功を立て、さらにその次は後世のために優秀な文学作品を残すことであ...

「林彪と孔子を批判する闘争を徹底的に行おう!」(イラスト=大紀元)
2008.04.18
【党文化の解体】第2章(2) 「孔子を批判する」

中国の儒家は「仁」と「義」を尊び、孔子は「義を見てせざるは、勇なきなり」と講じ、また「志士は仁の人、仁を害して生を求めず、その身を殺して仁をなす」とも講じた。儒家...

共産党の思想改造:仁義道徳を守る人間から非礼非情な革命者に変える。(イラスト=大紀元)
2008.04.13
【党文化の解体】第2章(1)

政治学習や思想改造というものは、中国人なら誰もが多少なりとも経験したことがあるはずだ。

(イラスト=大紀元)
2008.04.04
【党文化の解体】第1章(5)  「共産主義指導者の偉大さを宣伝する」

無神論と唯物論という党文化の二大基礎理論を確立した後、全面的に神伝文化を否定することを通して、党文化の体系は「万事を備え、ただ東風を欠くだけ」となった。

^