トップ 医学古今
医学古今
(yakobusan Jakob Montrasio/Creative Commons)
2021/04/09
【医学古今】
腎気不足と便秘症

一般的に腎臓は尿の生成と排泄に密接に関係していることが知られていますが、排便機能にも強く関係していることはあまり知られていません。漢方医学の理論では、「腎は二陰を...

2021/04/08
【医学古今】
お屠蘇 疫病予防に効果

昔から正月にお屠蘇を飲む習慣があります。疫病の予防に効果があると言われていましたが、今それを信じて飲む人はほとんどいないでしょう。これを理解するには、時代背景を考...

(Acidpix/Creative Commons)
2021/04/07
【医学古今】
経絡敏感人

現代医学は過剰に検査機器に依存し、人間自身の持つ感知能力を無視する傾向があります。一方、伝統医学は最大限に人間の感知能力を生かして、生理や病理の現象を認識してきま...

(Wonderlane/Creative Commons)
2021/04/06
【医学古今】
古代医学の祝由科

現代医学が臨床で治療科を分類するように、古代医学においてもいろいろな治療科に分類されていました。例えば、明の時代には十三科の分類方法がありました。

(Longtrekhome/Craetive Commons)
2021/04/05
【医学古今】
慎重に選択すべき医療法

漢方医学の古典には「有病不治、可得中医」という言葉があります。つまり、病気になった時に、たとえ治療を受けなかったとしても、中等レベルの治療を受けたことと同じである...

2021/04/04
【医学古今】
鍼灸 予想外の効果

鍼灸治療を施していても、治療効果を予測できない場合がよくあります。軽い病気でもなかなか効果が得られないこともあれば、難しい病気に対して非常に早く効果が得られること...

(Martin Cathrae/Creative Commons)
2021/04/03
【医学古今】
栄養学と食養生

栄養学は現代医学の食事指導の基本理論です。栄養の過不足によって起きた健康問題は、この理論に基づいて指導すれば効果が得られます。しかし、原因はあまり認識されず、有効...

(Photo by David McNew/Getty Images)
2021/04/02
【医学古今】
下等の医者は病気を治す

唐代の名医、孫思邈(そんしばく)の著書『千金方』に「上等の医者は国を治す、中等の医者は人を治す、下等の医者は病気を治す」という言葉があります。「上等の医者は国を治...

(HK James Ho/Creative Commons)
2021/04/01
【医学古今】
中等の医者は人を治す

医者は病気を治すはずなのに、なぜ人を治すと言うのでしょうか。 

(Photo by Archive Photos/Getty Images)
2021/03/30
【医学古今】
上等の医者は国を治す

医者を評価する基準は時代とともに変わっています。今では病気を治せば素晴らしい医者だと言われますが、昔はより高い基準があったようです。

(jimmiehomeschoolmom/Creative Commons)
2021/03/29
【医学古今】
咽喉痛に肝を治す

現代医学では、咽喉痛は肝臓と結び付きにくいのですが、漢方医学では肝の経絡は咽喉部を通って頭頂部に至りますので、肝臓に関連している可能性があります。

(則天武后/ウィキペディア)
2021/03/28
【医学古今】
則天武后 美容の秘法

資料によれば、則天武后は年老いても皮膚の艶や弾力性が良好だったといいます。その理由として考えられるのが、ある秘法の漢方薬です。後に、その処方は『新修本草』という生...

kaybee07/Creative Commons
2021/03/27
【医学古今】
漢方と美容

漢方美容法は、顔の症状以外に内臓機能を確認したうえで行えば、より効果が得られやすくなります。同じ症状であっても、臓腑機能の状況が違えば、異なる治療をする場合もあり...

(Scinern/Creative Commons)
2021/03/26
【医学古今】
アレルギー性眼瞼炎の鍼灸治験

アレルギー性疾患にはさまざまな種類があり、アレルギー性眼瞼炎(がんけんえん)もその一つです。

Oceanaris/Creative Commons
2021/03/25
【医学古今】
便秘症の標治と本治

漢方医学には、標治と本治の考え方があり、現代医学の対症療法と原因療法に相当します。

Kentaro Ohno/Creative Commons
2021/03/24
【医学古今】
酒毒を治療する漢方薬

お酒は上古の時代に薬として造られました。2千年前の書物『黄帝内経』の記録によれば、上古の時代、人々は心が素朴で徳を重んじ、めったに病気にならないため、お酒を造って...

(TheGiantVermin/Creative Commons)
2021/03/23
【医学古今】
急性疾患に効く十宣穴

十宣穴(じゅっせんけつ)は、手指10本の先端部にあり、各指に1穴ずつ、全部で10カ所あります。

(Alexandralee/Creative Commons)
2021/03/22
【医学古今】
春の憂鬱、鍼灸で退治

春は陽気が上昇し、気分も浮き浮きして明るくなります。しかし、この時期に不安、不眠、憂鬱になる人もいます。このような患者は、漢方医学から見れば、肝臓の機能が弱い場合...

(yoppy/Creative Commons)
2021/03/21
【医学古今】
しもやけに鍼灸治療

冷え症に悩んでいる方は多くいますが、手足が冷えていても、しもやけにならない人もいます。

血圧測定 (Photo by Joe Raedle/Getty Images)
2021/03/20
【医学古今】
高血圧症の根治方法

高血圧症の患者さんは、殆ど本態性高血圧症です。この種類の高血圧症は原因が不明で、現代医学では根治方法がないと認識され、治療方法と言っても対症療法しかありません。...

(Greg Riegler Photography/Creative Commons)
2021/03/19
【医学古今】 
病気を起こす「健康法」

長寿社会になった今、健康意識は非常に高まっています。健康を維持するために、さまざまな方法を試して努力している人は少なくありません。

(romainguy/Creative Commons)
2021/03/18
【医学古今】
小児鍼灸

鍼灸治療法は子供の病気にも適用し、多くの場合、非常に良い効果が得られます。

吸玉療法(写真=大紀元)
2021/03/17
【医学古今】 吸玉療法

吸玉療法とは、ガラスや竹、陶器、磁器などの缶を皮膚に吸い付ける治療法です。この方法は、古代には「角法」と呼ばれ、2千年前からすでに使われていました。現代でも多くの...

(Flyone/Creative Commons)
2021/03/14
【医学古今】 客家の健康茶 擂茶の由来

擂茶(らいちゃ)は、主に中国の福建省、広東省、湖南省および台湾の客家(はっか)の間で伝えられている伝統の健康茶です。

(Oddharmonic/CreativeCommns)
2021/03/14
【医学古今】 夢から得られる病気の情報

誰もが見る夢には、一体どのようなメッセージが込められているのでしょうか。現代医学では、一般的に夢を心理学の角度から分析しています。

(Isaac licious/Creative Commons)
2021/03/14
【医学古今】 唐辛子に合わない体質

韓国料理、タイ料理、四川料理・・・最近は、唐辛子の効いたスパイシー・フードが大人気。しかし、体質を考慮して取らなければ、身体に問題を起こす事もあります。

(TANAKA Juuyoh/Creative Commons)
2021/03/13
【医学古今】 加齢現象と漢方医療

「年には勝てない」と、よく言われるように、年齢を増すとともに、体にもそれなりの変化が現れます。

(Photo by JOHN THYS/AFP via Getty Images)
2021/03/13
【医学古今】 体質改善

体質改善という言葉は、漢方治療の時によく使われます。つまり、漢方治療は症状を抑えることより、症状が生じた体質の状況を改善し、より根本的に病気治療することを目指して...

(Muffet/Creative Commons)
2021/03/09
【医学古今】 皮膚乾燥を防ぐ食養生

秋冬の時期に皮膚が乾燥して痒くなる人は少なくありません。その要因としては、血虚や津液不足によるものが多いのです。

大紀元
2021/03/08
【医学古今】 便秘に効く鍼灸治療

長期にわたり便秘に悩まされている人は少なくありません。現在使われている便秘薬は、市販の漢方薬を含めて寒性のもの(熱を抑える作用がある)が多く、使用し続ければ、体を...

^