トップ 医山夜話
医山夜話
(PATRIK STOLLARZ/AFP/Getty Images)
2021/06/10
≪医山夜話≫ (17)
ナンシーのカルテ①

「先生、私はどうしてこんなにも不幸なのかしら?」ナンシーは私の診療室で、涙ながらにここ数ヶ月間の出来事を話してくれました。

(Pixabay)
2021/06/09
≪医山夜話≫ (15)
財産

財産は使うために存在するものです。お金がないと生活ができませんが、お金ばかりに目が眩んでもいけません。ひたすら節約して一文も使わないのなら、山積みの財産を持ってい...

(Uriel Sinai/Getty Images)
2021/06/08
≪医山夜話≫(14)
修煉を始め、タバコをやめたカジノのディーラー

ある冬の日の明け方、まだ空が真っ暗な中で、冷たい風に吹かれながら、一人の男性が右手にテープ・レコーダーと座禅用の座布団、左手に法輪功の資料を持って煉功する場所に向...

(Powerhouse Museum/Creative Commons)
2021/06/07
≪医山夜話≫ (13)
優秀な女医が残した人生の遺憾

私の友人に、ケイシーという女医がいました。彼女が勤める病院は私の診療所の近くだったので、私たちはよく互いに患者さんを紹介していました。有能で美しいケイシーは私と同...

Getty Images
2021/06/05
≪医山夜話≫ (11)
金銭で買えない病気の代役

私の友人に、ダイアナという女性がいます。ある日、病院に行った彼女は医者に言いました。「この世の中、何でもお金で買えますが、私の代わりに病気にかかってくれる人はなぜ...

(Photo by Mike Hewitt/Getty Images)
2021/06/03
≪医山夜話≫(8)
親友から授かった命

夜中の3時、ジェーンは突然かかってきた電話に、ベッドから飛び起きました。こんな時間に電話がかかってきたということは、危篤状態になっている入院中の娘・モニカに緊急事...

(Photo by Dan Kitwood/Getty Images)
2021/06/02
≪医山夜話≫ (7)
一つの夢で治った難治の病

ローリと母親は、とても微妙な関係でした。ローリが生まれてから3カ月後、父親は愛人の家に行ったまま帰らなくなったため、母親はローリを連れてカリフォルニア州から引っ越...

Getty Images
2021/06/01
≪医山夜話≫ (6)
前世に結ばれた親子の縁

Kさんには胃の持病があり、治療を受けてからしばらくの間はよかったのですが、最近また再発しました。Kさんの奥さんが、彼の今回の発病について次にように語ってくれました...

(Creative Commons /lincolnian)
2021/05/31
≪医山夜話≫ (3)
医者としてのモラル

職業道徳を尊重し、忠実に職務をこなし、誠心誠意、患者を診療することが医者のモラルである。患者の安否は医者にかかっているため、いいかげんな診療をしてはならない。

(Mescon/Creative Commons)
2021/05/30
≪医山夜話≫ (2) 
医者―命に関わる職業

唐の皇帝・李世民が全国に医学校を設置し、そこで医学を学ぶ学生は「医者」と呼ばれるようになった。後世になって、いわゆる「医者」の意味は「医学を学ぶ学生」に限らず、「...

(Photo credit should read EVARISTO SA/AFP via Getty Images)
2021/05/29
≪医山夜話≫ (1) 
医療には尊重と信頼が不可欠

数人の友人から、医者であった先祖の話を聞いたことがあります。 ある友人の故郷は中国の山東省にあり、彼の祖父は地元で有名な医者でした。

(avlxyz/Creative Commons)
2021/05/28
≪医山夜話≫ (57)
魚スープ

「大工の家の腰掛けは3本足、裁縫の家の子供は尻丸出し、医者の家の病人は誰も治さない」という諺があります。

2021/05/27
≪医山夜話≫(42)
耳のツボ

漢方医の私は職業上の習慣で、人の耳にいつも注意を払います。時には相手の耳ばかり見てしまい、相手の話を聞き逃してしまいます。

(adamjonfuller / Creative Commons)
2021/05/26
医山夜話
人生の舞台

診療所に務める以前から「患者からの社交的な誘いは受けない」というルールを自分に課してきました。医者の職業道徳を保ち、患者に対して感情移入することを避けるのが主な目...

(Aechempati/Creative Commons)
2021/05/25
医山夜話
夫婦喧嘩

白熱したケンカの原因は、パンを厚切りにするべきか、それとも薄切りにするべきかについての論争でした。ダイアナとスティーブはお互いに信仰や生活スタイル、観念が異なるた...

Photo by Danielle MacInnes on Unsplash
2021/05/24
≪医山夜話≫ (58)
患者からもらった玉子

私の小さい時の話です。ある日、母と買い物をするために街に行きました。そこで、変な歩き方をしている王さんを見かけたので、母は持っていた買い物かごを私に持たせ、「王さ...

(mrhayata/Creative Commons)
2021/05/23
≪医山夜話≫ (59)
7枚の銅貨

これは私の祖父が自ら経験した本当の出来事です。 私の祖父は地元の有名な医者でした。ある日、村民に呼ばれて、祖父はその夜すぐ船に乗って往診に出掛けました。

(oceanaris/Creative commons)
2021/05/22
≪医山夜話≫ (60)
まぐれ当たりの治療法

私の小さかった頃、中国はちょうど「読書は無用」のご時世だったので、時間を持て余すことが多々ありました。私はよく母が勤めている診療所に行き、漢方薬の薬の香りを嗅いだ...

(xomalcerto/Creative Commons)
2021/05/21
≪医山夜話≫ (62)
タバコにまつわる恐ろしい事例

タバコを止めようと思いたち、私の診療所を訪れる患者の85パーセント以上が治療によって禁煙に成功しています。これは完全に、私の優れた医療技術と彼らの固い決意の賜物で...

(OmarA./Creative Commons)
2021/05/20
≪医山夜話≫(63-2)
東洋と西洋漢方医療の違い(2)

10数年前、私がアメリカの漢方医学院で漢方の修士課程を習得した時、クラスの生徒30人余りの中で、中国人は2、3人しかいませんでした。卒業した後、免許を取るための試...

(NYCTCM/Creative Commons)
2021/05/19
≪医山夜話≫ (63-1)
東洋と西洋漢方医療の違い(1)

人は長年、仕事をしていく上で、様々な過程と段階を経ながら、徐々に経験を積んでいきます。もっとも厄介な時期は、知識と経験が中途半端な、いわゆる「コップ半分」の状態で...

(oddsock/Creative Commons)
2021/05/18
≪医山夜話≫ (66)
疾病の成因から養生を論じる

昔の人は養生の道(どう)を理解しています。養生は生命の自己管理法であり、芸術でもあります。

(Dave Morrow Custom Creations/Creative Commons)
2021/05/17
≪医山夜話≫ (65)
養生の術

世の中に病気の原因は数多くありますが、治療法は限られたものしかありません。現代人の病は様々であり、生理的、心理的、あるいは環境から引き起こされたものがあり、本当に...

(My aim is true/Creative Commons)
2021/05/16
≪医山夜話≫ (51)
子どもの下痢

フェルナンド医師は患者さんたちから尊敬されているホームドクターで、私と同じ診療所に勤めています。私たちはよく漢方医学と西洋医学の異なる治療法を互いに検討しながら、...

(Destination Europe/Creative Commons)
2021/05/15
≪医山夜話≫ (49)
頭痛の漢方治療

「長い間ずっと頭痛に悩まされています…。漢方で何か良い治療法はないですか」とよく聞かれます。そんな時、私はいつも「何が原因で頭痛を引き起こしているのでしょうか。ど...

Photo by Pim Chu on Unsplash
2021/05/14
≪医山夜話≫ (50)
睡眠は万病を治療できる神薬

中国では昔から「仙人になるより、よく眠れる秘法を探したい」という諺があります。睡眠がいかに大切かをもの語っています。

Photo by Matthew Henry on Unsplash
2021/05/13
≪医山夜話≫ (16)
人生の不運と幸運

私と長年の付き合いがあるルーシーは、少しでも体の調子が悪いと、私の診療所を訪れて漢方の治療を受けていました。彼女の家族も漢方医を信頼していて、どこか調子が悪いとこ...

Pixabay
2021/05/12
≪医山夜話≫ (18)
薬物依存から抜け出した少女

人間は意志が強くなければ、何かに依存しやすいものです。最初はよいものだと思い、少なくとも悪いものだとは思っていなかったのですが、いったん引っかかると、やめようとし...

(Creative Commons/ wasoxygen)
2021/05/11
≪医山夜話≫ (4)
医者の道徳

「医学の父」と呼ばれる古代ギリシャの医学家・ヒポクラテス(紀元前377年~460年)が書いた『ヒポクラテスの誓い』は西洋医学史の中でも有名な医者の倫理に関する文章...

(Davedehetre/Creative Commons)
2021/05/10
≪医山夜話≫ (5) 
不思議な縁

私の診療所に通っている患者のジェンさんはある日、「持っているピアノを売りたいので、買ってもらえませんか。あなたがこのピアノを見る前に、決して売りはしません」と私に...

^