大紀元時報
トップ 右派
右派
2018年11月21日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開かれた政治集会ポリティコン(Politicon)に登壇した、作家で弁護士のベン・シャピーロ氏(MARK RALSTON/AFP/Getty Images)
2019.10.09
掛谷英紀コラム
左翼を論破する方法(前編)

日本の保守派には、頭の切れる論客らしい論客はあまりいない。しかし、英語圏には左翼を次々論破することで知られる論客が何人かいる。その代表格が、ジョーダン・ピーターソ...

重慶師範大学渉外商貿易学院(ネット写真)
2017.09.30
独占インタビュー
大学を追われた研究者が語る 中国共産党「土地改革」の暗部

重慶師範大学渉外商貿易学院の譚松教授が、7月の夏休み中に大学から突然解雇された。譚氏が中国共産党の隠された歴史を研究対象にしたことが原因とみられる。

2013.05.15
揺れる舵取り 中国、思想引き締め強化か

  毛沢東の肖像画 (Getty Images) 【大紀元日本5月15日】中国では最近、思想統制強化への動きが目立っている。中国共産党の直属機関・中央弁公庁はこの...

毛沢東批判で大きな論争が起きたことについて、海外の中国語週刊誌「新紀元」が筆者の茅于軾氏と、趙紫陽前総書記の秘書を務めた鮑彤氏を取材した(ネット写真)
2011.06.25
毛沢東批判で大論争 米紙「中国を彷徨う赤い幽霊」

【大紀元日本6月25日】中国の著名な改革派経済学者、茅于軾氏(82)が4月末、自身のブログで毛沢東について論じた約5000字の文章が中国国内で大きな波紋を広げてい...

2011.01.22
中国人「何も信用しない、常に警戒心」=中国政府系紙

 【大紀元日本1月22日】中国の政府系紙・国際先駆導報は最近の報道で、中国国民は全般的に「すべてを疑う、常に警戒心を持つ」という心理状態に陥っているとし、このよう...

ブロードウェイのビーコン劇場(Beacon Theatre)で息を呑んで「神韻芸術祭」を観賞する観客たち(大紀元)
2008.01.26
「神韻芸術祭」を観賞した「中国最後の大右派」へのインタビュー

【大紀元日本1月26日】「中国最後の大右派」と呼ばれ、少女時代から芸能活動をしてきた林希レイ(令+羽)氏は、この度四度も「神韻芸術祭」を観賞した。07年クリスマス...

ベテランジャーナリスト、フランス国際ラジオ局の元中国部主任・呉葆璋氏(大紀元)
2007.05.10
仏大統領選挙、社会主義派が国民基盤を失う=仏国際ラジオ局元主任

 【大紀元日本5月10日】「ナポレオン二世」と称されたこともある、保守派の国民運動連合(UMP)のニコラ・サルコジ候補(52)が新大統領に選出された。大紀元記者は...

脱退宣言した萬耀球さん。本人曰く、「右派」の同類と集まるときだけ、このように気持ちよく笑える(大紀元)
2007.05.07
北京大学元主任、中共関連組織から脱退宣言

 【大紀元日本5月7日】北京大学生物学部教務室主任、副所長クラスの退職幹部・萬耀球さんは5月3日、本紙記者の取材を受け、公に中国共産党の関連組織から脱退すると宣言...

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と与党・ウリ党の国民支持率は10%(Getty Images)
2007.02.16
韓国:青瓦台の親北政策に国民が失望

 【大紀元日本2月16日】韓国与党のウリ党議員23人が6日、集団で離党することを表明、新党を結成後にさらに新たに離党議員を受け入れたい意向だ。韓国メディアはこのよ...

発禁処分になった章詒和氏の『伶人往事』
2007.01.22
中国新聞出版総署、歴史文学分野の出版物八件を発禁処分

 【大紀元日本1月22日】中国新聞出版総署はこのほど、北京在住の著名作家・章詒和氏の著書『伶人往事』などを含む歴史文学分野の出版物八件を新たに発禁処分とした。これ...

7月3日、メキシコ大統領選、中道右派カルデロン候補(写真)の勝利濃厚。2日撮影(2006年 ロイター/Tomas Bravo)
2006.07.04
メキシコ大統領選、中道右派カルデロン候補の勝利濃厚

 2日投票が行われたメキシコ大統領選挙で、中道右派の与党・国民行動党(PAN)のカルデロン候補の勝利が濃厚となっている。同候補は3日、勝利宣言を行った。 開票率約...

2006.06.10
韓国沿岸警備当局、初の国際合同演習を釜山沖で実施

 【大紀元日本6月10日】韓国沿岸警備当局は9日から、初の国際合同沿岸警備演習を釜山沖で主催実施、韓国を始めとして、米国、日本、ロシア等の6カ国が参加、目的は極東...

^