大紀元時報
トップ 司馬遼太郎
司馬遼太郎
2020.08.16
【紀元曙光】2020年8月7日

(前稿より続く)脱線を承知で、もう少し書く。忠臣蔵は、歌舞伎や浄瑠璃になって独自の道を歩き始める。

2020.08.16
【紀元曙光】2020年8月6日

(前稿より続く)江戸時代は、日本史における魅力ある時代だが、同時に厳格な身分差別の社会でもあった。

2020.08.16
【紀元曙光】2020年8月5日

(前稿より続く)司馬さんもまた、「日本人とは何か」を探求し続けた人だった。

2020.08.16
【紀元曙光】2020年8月4日

先日亡くなった李登輝氏への声望は、今こそ同氏の精神に学ぶという意味で、日本でも、ますます高い。

2020.08.02
【紀元曙光】2020年8月1日

閣下の尊称をおつけしたいが、故人の人柄がそれを遠慮すると思うので、敬意と親しみを込めて李登輝さんと呼ばせていただく。

あけび
2020.05.16
【ショート・エッセイ】漱石と天麩羅そば

故・司馬遼太郎さんのエッセイ『街道をゆく・閩のみち』の中に、夏目漱石の小説『坊ちゃん』についての、おもしろい指摘がある。

成語典故(図:柚子)
2011.06.20
【日本語に生きる中国故事成語】 竹馬(ちくば)の友

 【大紀元日本6月20日】 送りにし 君がこころを 身につけて 波しずかなる 守りとやせん (見送ってくれる君の心を身につけて旅路の守りにしたい)(坂の上の雲マニ...

白いベゴニア(大紀元)
2010.10.24
【ショート・エッセイ】 小説から飛び出した主人公

 【大紀元日本10月24日】歴史作家が「小説中の人」として描いた人物が広く読者に受け入れられ、いつしかそれが実像のように先行して動き出すという例は、これまでにもい...

^