大紀元時報
トップ 国連
国連
アナン国連事務総長=2005年12月21日の年末記者会見で(AFP)
2006.01.07
アナン事務総長、象牙海岸へ国連軍増派を勧告

 【大紀元日本1月7日】国連安全保障理事会への報告書の中で、国連事務総長コフィ・アナン氏は、西アフリカ地区に国連軍3,400人と文民警察475人の増派を勧告した。...

2006.01.01
ブルンジ駐留国連PKO部隊第一陣、撤退

 【大紀元日本1月2日】ブルンジ駐留の国連PKO部隊第一陣が、12か月の治安維持任務を終了し中央アフリカから撤退した。国連当局によると、モザンビークPKO部隊は1...

2005.12.24
続報・汕尾射殺事件:当局、弔問と面会を禁止へ

 【大紀元日本12月24日】中国広東省汕尾市の発電所建設に反対した住民らが武装警察に射殺された事件で、当局は家族が死者の弔問および負傷者との面会を全面的に禁止し、...

国連人権委員会のマンフレッド・ノーワック国連特使(大紀元)
2005.12.04
国連報告:中国での拷問を厳しく非難、初調査でも妨害

 【大紀元日本12月4日】中国への訪問が初めて実現した国連人権委員会拷問問題調査で、国連特使のマンフレッド・ノーワック氏(オーストリア・法学教授)は2日、中国で行...

開発を進めるために、古い建物を壊し強制転居が行われている上海(AFP)
2005.12.02
上海:強制転居で国連に陳情した市民約60人を逮捕

 【大紀元日本12月2日】中国当局により住居が奪われ強制転居させられたとして、上海市民約60人が12月1日、上海での「グローバル・コンパクト・サミット」に参加する...

中国刑務所で真っ赤に熱せられた鉄棒が皮膚に当てられた法輪功学習者=米国に脱出して保護された(大紀元写真)
2005.11.29
国連特使が中国の拷問虐待問題を調査、真相解明に悲観論

 【大紀元日本11月29日】21日国連特使ノーワック氏が中国当局の拷問虐待問題を調査するために中国に入り、12日間の調査に乗り出した。中国滞在中に同氏は刑務所など...

2005.10.03
国連:鳥インフルエンザウイルス突然変異、1億5000万人死亡の恐れ

 【大紀元日本10月2日】鳥インフルエンザが世界中への広がりが懸念されるため、人への感染を防止するよう国連に任命されたデイビッド・ナバロ博士は、鳥インフルエンザ・...

ブッシュ大統領「異なる文化において異なる民主形式がある。しかし、自由社会の共通点とは、法治であり、国家権力が制約され、婦女及び少数民族に対する差別がなく、私有財産を有し、言論及び信仰の自由があることだ。そして、人々の創造力を尊重することによって自由社会が強大になる」
2005.09.17
国連首脳会議:ブッシュ大統領が自由民主を強調

 【大紀元日本9月17日】9月14日、世界約170カ国の首脳が集まり、ニューヨークで国連首脳会議が開催された。開幕式で、ブッシュ米大統領が25分間の演説を行い、民...

9月7日、独立調査委員会ボルガー委員長が不正疑惑の調査報告提出後、アナン事務総長はメディアに対して声明を発表(Getty Images)
2005.09.12
国連職員不正疑惑、調査報告を発表

 【大紀元日本9月12日】国連のイラクに対する人道支援事業「石油・食糧交換プログラム」に絡んだ不正疑惑について、独立調査委員会は1年余りに及ぶ調査報告を7日に発表...

9月3日、ブッシュ大統領
2005.09.05
ハリケーン被災地対応のため、米中首脳会談が延期

 【大紀元日本9月5日】ホワイトハウスのスポークスマン・マクレラン氏によると、米ブッシュ大統領は3日、胡錦濤国家主席と電話協議を行い、大型ハリケーン「カトリーナ」...

「法輪功学習者救援委員会」の代表がスピーチ
2005.09.02
深刻化する中国孤児の状況

国連事務総長が発起し、ユニセフが主催した児童暴力問題に対する北米地区の研究会は、2005年6月にカナダのトロント大学で開催された。米国、カナダの政府官吏、学術界の...

独立調査委員会・ポール・ヴォルカー委員長(Getty Images)
2005.08.18
国連独立調査委、石油食糧プログラムに不正疑惑

 【大紀元日本8月18日】中央社によると、イラク「石油と食糧交換プログラム」不正疑惑に関する独立調査委員会は8日、当プログラムの責任者ベノン・セバン補佐がバック・...

2005.08.08
国連人権報告書:中国警察による幼女連れ去り

 【大紀元日本8月8日】法輪功人権組織(FLG Human Rights)によると、2005年、国連経済社会理事会の人権委員会が公表した「拷問及び拘禁問題を含む、...

ブッシュ大統領と米国連大使に任命されたボルトン氏(右)(Getty Images)
2005.08.02
対独裁者強硬派・ボルトン氏が米国連大使

 【大紀元日本8月2日】ブッシュ大統領は8月1日、ボルトン前国務次官を国連大使に任命すると発表した。今回の任命は、議会休会中に大統領が上院の承認なしに、人事任命で...

2005.08.01
国連人権高等事務官:人権機構に抜本的改革を求める

 【大紀元日本8月1日】国連人権事務高官ルイーズ・アブール氏は7月29日、国連ニューヨーク本部の会議での発言の中に、「国連における人権問題の事務処理体制では、比較...

2005.06.02
米・国務次官補、日中関係に懸念を表明

 【大紀元日本6月2日】米国ラジオ局「ボイス・オブ・アメリカ」の報道によると、米・ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は26日、下院外交委員会のアジア太平洋小委...

2005.05.16
中国の人権違反の状況は国連の非難を浴びている

 【大紀元日本5月16日】中国が2001年に批准した国連の経済、社会、文化の人権保護協約により、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)は、初めて中国の人権保...

2005.04.28
2005年国連人権委員会:思想・良心の自由を侵す犯罪

【大紀元日本ネット4月28日】ジュネーブで開かれた2005年国連人権委員会でこのほど、中国での法輪功に対する迫害の証言が報告され、法律的対処について議論された。人...

会場(大紀元)
2005.04.15
新唐人衛星事件がジュネーブ人権会議で討論される

【大紀元4月14日】(ジュネーブ=唐英日記者)国連人権会議で討論会が開かれ、出席者は新唐人テレビ局を声援し、表現の自由を擁護した。奚磊さん(大紀元)4月13日、国...

(大紀元)
2005.04.04
国連会議室で九評討論会が開かれる

【大紀元4月2日】(大紀元記者ジュネーブ報道)2005年4月1日に、ジュネーブ国連人権第22会議室で、国際非政府組織の「多元信仰国際組織」による、『共産主義と人権...

^