大紀元時報
トップ 報復
報復
NGO国際危機グループ(ICG)によると、同組織の北東アジア担当上級顧問で元カナダ外交官のマイケル・コブリ氏が中国で拘束された。写真は2017年11月16日、北京で開かれた商業イベントに参加するコブリ氏(@MichaelKovrig)
カナダの元外交官でNGO上級顧問、中国で拘束 報復との見方多数
2018.12.12
5年前に、中国官僚の息子との付き合いを拒んだことで「報復」を受け、重度のやけどを負った美女が最近、その姿を自身のミニブログで公開した。(周岩さんの微博から)
官二代   高官息子から「報復」うけた美女、最新写真を公開
2016.08.24
 爆発で炎上する安達市ファーストフード店 (ネット写真)
ファーストフード店で爆発事件 「何者かが報復」=黒龍江省
2014.06.10
女児性的暴行に抗議する中山大学(広州市)の女性教授(ネット写真)
小学生性的暴行事件を抗議した女性活動家、傷害容疑で身柄拘束
2013.06.05
「今夜、百社の新聞が口をつぐんで記事を替えた。千人の記者が記事を消された。初七日の夜、1万の魂が行き場を失った」(網易微博よりスクリーンショット)
<中国高速鉄道事故>初七日に中宣部が箝口令 違反者への報復も始まる
2011.07.30
「反応に値しない」 韓国の実弾射撃演習に北朝鮮は譲歩 専門家「一時的で油断できぬ」
2010.12.22
中国の記者が不正行為の報道により報復攻撃を受けることがしばしば発生している(Getty Images)
不正を報道で、指名手配も 記者、中国でもっとも危険な職業か
2010.08.11
^