大紀元時報
トップ 夏目漱石
夏目漱石
一刀彫り(写真・大紀元)
2020.05.22
【ショート・エッセイ】
木を彫る

夏目漱石『夢十夜』の第六夜を、ふと思い出した。 鎌倉時代の仏師・運慶が、護国寺の山門で仁王像を彫っている。ところが語り手の「自分」も含めて、大勢の見物人はなぜか明...

あけび
2020.05.16
【ショート・エッセイ】漱石と天麩羅そば

故・司馬遼太郎さんのエッセイ『街道をゆく・閩のみち』の中に、夏目漱石の小説『坊ちゃん』についての、おもしろい指摘がある。

(Creative Commons)
2012.09.17
百年後の白百合

【大紀元日本9月17日】「こんな夢を見た」で始まる夏目漱石の『夢十夜』。その第一夜で、臨終をむかえようとする女は、それを見つめる男に、こう告げます。 「百年、私の...

猫(大紀元)
2012.05.04
翻訳は怖いのである

 【大紀元日本5月4日】我輩は平成の猫である。名前は、どうでもよい。 百年ばかり前に、夏目漱石先生が我輩の曽祖父のことを『吾輩は猫である』という小説にしてくれた。...

^