大紀元時報
トップ 外交政策
外交政策
2021年3月4日、北京で開催された中国人民政治協商会議(CPPCC)の開会式に出席した習近平国家主席(Leo Ramirez/AFP via Getty Images)
2021.05.22
習近平が来年党大会で退任か再任か 憶測飛び交う 学者「現制度では後継問題を解決できない」

中国共産党は来年秋に第20回となる党大会を開催する予定。その時、69歳になる現国家主席の習近平氏は10年の任期満了を迎える。ポスト習近平時代の継承問題について様々...

2021年2月4日、バイデン米大統領は国務省で外交方針について演説した(SAUL LOEB/AFP)
2021.02.06
米バイデン大統領「最も重大な競争相手」、中国民主活動家「対中宥和路線の復活」

バイデン米大統領は4日、国務省で外交政策について演説を行った。大統領は中国について、「最も重大な競争相手」と位置付けた一方で、中国当局との協力姿勢も示した。米国に...

トランプ米大統領は、2019年6月29日に大阪で開催されるG20サミットに合わせた米中首脳会談に先立ち、中国の習近平国家主席と握手を交わした(Brendan Smialowski/AFP via Getty Images)
2020.11.25
米対中戦略を詳しく解説!
トランプ政権の最大の功績は「対中政策の根本的な転換」=米対中政策ブレーン

米国務省の対中政策首席顧問である中国出身の余茂春(Miles Yu、マイルズ・ユー)博士は11月12日、米政府系メディア、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に...

Scott Olson/gettyimages
2016.11.10
「日米関係は核心的利益」=米国務省、トランプ氏勝利を受けて

 米国国務省のマーク・トナー副報道官は9日の記者会見において、「トランプ氏が大統領になっても今後の日米同盟の重要性は変わらない」と強調した。

第18回人民代表大会を前に、中共内部の権力闘争は激化し、領土問題も絡んで、軍の発言が頻発し中共政局に影響を与えている(大紀元資料)
2010.10.13
軍部が頻繁に介入 権力闘争で混乱する中国の外交路線

 【大紀元日本10月13日】「争議を棚上げにして共同開発」。尖閣諸島の主権問題について、ポスト毛沢東時代の中国の最高実権者だった_deng_小平が打ち出したこの方...

2006.04.20
中共指導者の権力闘争と親米路線外交

 【大紀元日本4月20日】胡錦涛・中国国家主席は18日、初めての米国訪問を開始した。胡主席は執政3年以来、ロシアや、EUなど各国を頻繁に訪れたが、米国訪問は棚上げ...

昨年11月の訪中で、北京のキリスト教会を訪れたブッシュ大統領(AFP)
2006.01.27
ブッシュ大統領、米中関係の強化に、対話を推進

 【大紀元日本1月27日】米ブッシュ大統領は23日、カンザス州立大学での講演会で、参加者から米中関係の質問に対して、対中国のベストな外交政策とは、双方の対話を続け...

国民の期待が寄せられているメルケル独首相(AFP)
2005.12.03
ドイツ世論調査:メルケル首相および新政権を支持

 【大紀元日本12月3日】12月2日発表された世論調査の結果によると、ドイツ国民はメルケル首相と首相が率いる大連立政権に対して肯定的な見方を示す一方、ドイツを厳し...

^