大紀元時報
トップ 大気汚染
大気汚染
中国で人気の「美味しい空気」を詰めた酸素缶(ネット写真)
2016.09.08
大気汚染
ニュージーランドのきれいな空気を詰めた酸素缶、中国で人気

 天気予報とおなじく、中国では、大気の汚染状況に人々は高い関心を寄せている。これを商機と見たニュージーランドの会社は、新鮮な空気を詰めた酸素缶を1缶24.99ドル...

目には見えない汚染物質オゾンが、PM2.5に代わって北京を始めとする中国の大都市の主な汚染物質となっている。(Getty Images)
2016.06.07
大気汚染
北京 マスクも効果なし PM2.5に代わる有害物質「オゾン」

北京市環境保護局によると、このところ晴れの日が続き、粒子状汚染物質を含むスモッグ霧、所謂「霧霾(ウーマイ)」が減少している。だがその代わり、目には見えない汚染物質...

世界銀行 (ネット写真)
2016.03.25
世銀が中国に5億ドルの借款 大気汚染対策費として

悪化の一途をたどる中国の大気汚染を改善するため、世界銀行理事会が汚染がもっとも深刻である北京、天津及び河北省の空気汚染対策プロジェクトに5億米ドル(約564億円)...

マスクを着用し、北京の灰色の空を見上げる中年女性。参考写真 ( theglobalpanorama/Flickr)
2016.02.29
北京、大気汚染の最悪レベル「赤色警報」基準を変更

北京の環境当局は最近、大気汚染レベルの悪い日が続くため、強制的に学校閉鎖や交通規制を行う緊急非常事態宣言「赤色警報」を発する基準を変更すると発表した。

重度の汚染に見舞た北京の天安門広場を訪れる人々 (Getty Images)
2016.02.24
北京の大気汚染が肥満症をもたらす 米中合同チームの研究結果

米デューク大学と中国の合同チームが研究の結果として、大気汚染の進んだ空気が人体の代謝機能に影響を及ぼし、肥満をもたらすと発表した。合同チームが実験用マウスに対し、...

中国国内の最新報告書、がんによる死者は1日7500人に相当すると発表(STR/AFP/GettyImages)
2016.01.29
中国がん急増の原因、大気汚染など=最新報告書

中国国内の研究チームが発表した報告書によると、中国人のがん罹患者数が急増した主な原因は慢性感染症や喫煙、大気汚染だという。2015年に新たにがんと診断された中国人...

11月8日、中国瀋陽市でスモッグに覆われたビル(AFP)
2016.01.12
中国の大気汚染
「まるで火事」 PM2.5濃度 中国東部でWHO基準の50倍 

「呼吸困難。どこかで火事が起きているみたい」。中国東北部に暮らすネット利用者がつぶやいた。同地では11月9日、微小粒子状物質PM2.5の濃度が史上最も高い数値を記...

マスクを着用し、空を見上げる中年女性。参考写真 ( theglobalpanorama/Flickr)
2016.01.12
大気汚染
中国大気汚染 毎日4000人が死亡=米大学調査

中国では大気汚染で毎日4000人が死亡し、6人に1人の早期死亡を招いていることが、13日に発表された独立研究機関バークリー・アースの研究報告書で明らかになった。...

白いスモッグで覆われた北京市のオリンピック公園(Li Feng/Getty Images)
2016.01.12
中国の大気汚染
北京で史上最悪レベルの大気汚染 初の「赤色警報」発令

中国の中央気象台の天気予報によると、7日から9日にかけて、北京、天津、河北省、山東省などの地域が、深刻な大気汚染に見舞われるという。これを受けて北京市当局は、7日...

スモッグで視界の悪い北京。2015年11月(LWYang/Flickr)
2016.01.12
「大気汚染」をビジネスに 中国の空気質の予測に米大手が参入

中国の大気汚染は大きな商機をもたらしている。2022年の北京冬季五輪に向け、世界中でも中国の「空気の質」に高い関心が寄せられている。そこで世界の2大企業IBMとマ...

首都としての機能が低下する北京市は、機能を副都心へ移転する。写真は北京の紫禁城(faungg's photos)
2015.12.07
北京市の機能、2017年に副都心へ 通州区に移転

北京市政府は2017年に、行政公共機関の全体または一部分を北京郊外にある通州区の「行政副都心センター」に移すことを明らかにした。中国国内メディアが、11月24日の...

2015.11.14
大気汚染
スモッグで視界不良 ハルピンで韓国機が着陸断念

144人の乗客を乗せた韓国イースター航空機は11月10日、到着地である中国北部ハルビンがひどい大気汚染のために着陸できず、離陸地に引き返した。中国東北部では6日ご...

空気清浄装置製造企業「小竹」による、大気清浄の必要性を訴えるビデオ (スクリーンショット)
2015.07.06
「空気をキレイにして」排出ガスに浮かぶ子どもの泣き顔

【大紀元日本7月6日】工場煙突からもくもくと排出されるガスに投影されたのは、泣き叫ぶ子どもの顔―。これは最近、中国の空気清浄機器製造企業が国内で深刻さを増す大気汚...

NASA衛星写真の分析による、2000年と2009年の北京の都市変化。黒や灰色の部分は建物が集約した都市部分。赤から青へ色が変色した土地は耕地で、土地整備の進度を示している (NASA/JPL-Caltech)
2015.07.01
北京は10年間で都市規模4倍 大気汚染と関連=NASAなど米研究

【大紀元日本7月1日】最新の研究によると、中国の首都・北京は2000年から2009年までの10年間で道路や建物などインフラを含めた都市規模が4倍になったことが明ら...

ネットに流された中国当局による機密扱いの禁止令 (ネット写真)
2015.03.09
中宣部から封鎖令か 大気汚染の告発動画は視聴不可に

【大紀元日本3月9日】公開1日で1億回再生されるほど話題をさらった中国の大気汚染問題を告発するドキュメンタリー映画「穹頂之下(碧空の下)」は、当局の内部禁止令によ...

元中国中央テレビのキャスター柴静さんが作成したドキュメンタリーが大きな話題。画像は同映像スクリーンショット
2015.03.03
1日で1億回再生、話題の大気汚染ドキュメンタリーを封鎖 

【大紀元日本3月3日】中国中央テレビ(CCTV)の元キャスターでベストセラー作家の柴静さんが作成した大気汚染の調査ドキュメンタリー「穹頂之下(碧空の下)」が大きな...

北京の2022年冬季オリンピックの招致を宣伝する張家口の会場予定地 (Lintao Zhang/Getty Images)
2015.02.20
2022年冬季五輪 候補地は独裁政権2カ国 IOCは忌避

【大紀元日本2月20日】中国は2022年冬季オリンピック開催に意気込んでいる。欧州のライバル候補地が財政難や内政悪化を理由に次々と招致レースから辞退し、中国国民の...

紅い紙吹雪を周辺に撒き散らす爆竹が数百発上がれば、掃除も手間がかかる (STR/AFP/Getty Images)
2015.02.17
中国の700都市で爆竹を規制 大気汚染を懸念 「市民の楽しみを奪った」

【大紀元日本2月17日】中国旧正月といえば、耳栓が必要なほどけたたましい爆竹で新年の祝砲を上げるのが慣例だ。しかし、今年はこれまでで最も静かな大晦日になるかもしれ...

北京でスモッグへの不満を訴えたウクライナ人若者
2015.01.16
北京でまたスモッグ襲来、外国人も抗議

【大紀元日本1月16日】北京市は12日から15日にかけて、再び深刻なスモッグに見舞われている。中国メディアによると、北京市内のPM2.5(微小粒子状物質)は観測地...

 北京のスモッグ (大紀元資料)
2014.11.21
短命「APECブルー」 スモッグが巻き返す=北京

【大紀元日本11月21日】北京は20日、再び深刻なスモッグに見舞われ、1週間間前の「APECブルー」と呼ばれた青空と鮮明な対照を成している。 アジア太平洋経済協力...

スモッグに覆われた11月7日の北京 (FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
2014.11.11
青空づくりに必死の中国政府、あの「必殺技」導入

【大紀元日本11月11日】中国北京で開催中のアジア太平洋経済協力会議(APEC)。各国首脳に「わが首都の青い空」をみせようと、渾身の術を振るう中国政府は、とうとう...

渋滞とスモッグ。中国北京 (STR / AFP)
2014.08.18
北京、旅行者に「友好的ではない」都市6位=米旅行誌

【大紀元日本8月18日】米旅行誌「コンデナスト・トラベラー」の調査によると、中国の北京は旅行者にとって友好的でない世界の都市6位にあがった。理由は公害、人混み、雑...

張家口市に登場した「スモッグ砲」(ネット写真)
2014.07.10
PM2.5退治の神器? 「スモッグ砲」がデビュー=河北省張家口市

【大紀元日本7月10日】中国の河北省張家口市で7日、「遠距離除塵機」と呼ばれるPM2.5を退治する専門車両が登場した。同装置はこれまで蘭州、西安、石家荘などの各地...

赤ちゃんを抱える老人 (Sherrattsam/Flickr)
2014.04.21
中国、大気汚染で低体重児や先天性疾患が増加=米研究

【大紀元日本4月21日】がんリスクの増加や精神疾患、作物汚染など様々な人体への悪影響が明らかになっている中国の大気汚染。最近の研究では、低体重児や先天性疾患の増加...

2014.04.08
濃霧の中国 「環境にやさしい墓参り」推奨 清明節「冥銭燃やすな」

【大紀元日本4月8日】中国では4月5日は故人を弔う「清明節」。お墓に生花や花輪を供え、紙銭(冥銭)を燃やす風習がある。しかし今年は、深刻な大気汚染で、墓地で火を焚...

スモッグ粒子、顕微鏡で1000倍拡大 (ネット写真)
2014.03.31
1000倍拡大したスモッグ粒子 「息をするとむせる」

【大紀元日本3月31日】今月23日から、北京は深刻な大気汚染に見舞われている。27日、PM2.5の濃度は1立方メートル当たり400マイクログラムを超えた。あるネッ...

WHO世界保健機構 (ED Jones/AFP)
2014.03.26
大気汚染で毎年700万人が死亡 「想定よりはるかに深刻」=WHO

【大紀元日本3月26日】世界保健機関(WHO)は25日、2012年、大気汚染が世界で約700万人の死亡原因となったとする報告書を発表し、大気汚染は世界最大の環境健...

天安門広場の観光客 (MARK RALSTON/AFP)
2014.03.25
スモッグが再び北京に、今年6割の日が大気汚染基準値超え

【大紀元日本3月25日】北京は23日から、再びスモッグに覆われた。24日、濃厚なスモッグに見舞われているさなか、北京市内の観測スポットのほとんどは、微小粒子状物質...

 2月26日の北京 (MARK RALSTON/AFP)
2014.03.24
中国赴任幹部の確保、外国企業の半分が苦慮 大気汚染が原因

【大紀元日本3月24日】在北京米国商工会議所が19日に公開した調査報告によると、中国の深刻な大気汚染が原因で、外国企業の多くが中国に赴任させる幹部を確保することが...

濃霧に覆われる北京市(大紀元)
2014.02.26
「まもなく北風が来る!」 北京の汚染、頼れるのは「天」のみ

【大紀元日本2月26日】北京市は26日も「厳重汚染」した大気に覆われた。しかし、待ち遠しい青空はもうそこまで来ていると北京気象局は「明るい」予報を届けた。 同気象...

^