大紀元時報
トップ 大紀元
大紀元
大紀元時報はこのほど、米国最高の立法機関-米国国会議事堂で『九評共産党』シリーズのシンポジウム―「真実の中国を暴く」を開催した。(撮影・麗莎/大紀元)
2007.07.23
米議事堂で初の「九評シンポジウム」、脱党する中国民衆に敬意表する米議員

 【大紀元日本7月23日】大紀元時報はこのほど、米国国会議事堂で『九評共産党』シリーズのシンポジウム―「真実の中国を暴く」を開催した。三人の米国国会議員や専門家ら...

大紀元と新唐人、優美客の三者が共同した初めてのネット生中継の様子(優美客サイトより)
2007.07.03
中国語ネット史上初の生中継、中国国内も受信可能

 【大紀元日本7月3日】大紀元時報や新唐人テレビ、動画投稿サイト「優美客(Youmaker)」は6月30日、海外の中国語ネット史上初の生中継番組を共同制作した。中...

大紀元時報主催の講演会を受けた焦国標氏(大紀元)
2006.04.14
焦国標:法輪功の女性を妻にしたい

 【大紀元日本4月14日】大紀元時報の招請で「日本は中国を助けて民主人権事業を促進すべし」という講演を行ったため、(日中)両国に住んでいる友人達に繰り返し忠告され...

2006.03.15
3月16日(木)=大紀元大阪発行所の盗難事件に関する記者会見のご案内

報道機関各位へ株式会社 大紀元東京都台東区秋葉原1-10-4代表取締役 北島満 大紀元大阪発行所の盗難事件に関する記者会見のご案内 3月10日深夜、『大紀元時報』...

スターターを検査し侵入の手口を探る台中警察の捜査官(大紀元)
2006.03.14
台湾・台中大紀元オフィスに盗難、コンピューター、重要書類など紛失

 【大紀元日本3月14日】台湾大紀元の台中支社は13日、コンピューターの本体およびディスプレー、社内に保管された重要書類ファイルのすべてが紛失し、ハード部分のみで...

孫連れの法輪功学習者(大紀元)
2006.03.08
世界ハンスト・リレー、日本でも声援

 【大紀元日本3月8日】在日華人および日本国内の有識者らは3月7日午前10時、中共の暴力迫害に反対する「グローバル・ハンスト・リレー」運動に参加し、24時間ハンス...

発言する何俊仁・議員(大紀元)
2006.03.03
香港議員、大紀元襲撃事件を非難

 【大紀元日本3月3日】大紀元時報の香港事務所が2月28日、何者かによって襲撃され、高価な印刷機材が破壊された。香港事務所が29日に記者会見を開き、中共の関与を指...

2月8日、アトランタの自宅で襲撃され15針の怪我を負った大紀元技術総監・李淵博士(大紀元)
2006.03.02
ジャーナリスト保護委員会、大紀元職員襲撃事件をリポート

 【大紀元日本3月2日】米国ニューヨークを拠点とする「ジャーナリスト保護委員会(CPJ)」は、2月23日のニュース・アラートで、アトランタ、サンフランシスコ、ニュ...

中共迫害の巨大真相写真に見入る台北市民(大紀元)
2006.02.28
写真報道:台北、中共の迫害に反対・人権擁護キャンペーン

 【大紀元日本2月28日】世界的範囲で広がる中共の迫害に反対し、人権擁護を声援するキャンペーンが26日、台北市内で開かれた。会場には中共の迫害を暴露する大型展示用...

当日講演会場の模様
2006.02.28
日本「大紀元」創刊五周年記念講演会、開催

 【大紀元日本2月28日】日本「大紀元時報」(中国語版)創刊五周年を記念して講演会「中国共産党崩壊後の日中関係」が2月26日、東京八重洲ホールで開催された。講師に...

福岡領事館前の断食抗議(大紀元)
2006.02.25
西日本法輪功関係者、福岡と長崎の中国領事館前でハンスト抗議

 【大紀元日本2月25日】西日本各地の法輪功関係者を含む有識者らは20日、在福岡・長崎中国領事館前で24時間のハンストを行い、中共による中国国内と海外における暴力...

2006.02.10
ワシントン大紀元職員が断食、犯人逮捕を要求(写真報道)

 【大紀元日本2月10日】大紀元グループ技術総監・李淵氏が、自宅で複数のアジア系の男性に襲われ重傷を負った事件を巡り、ワシントン大紀元の職員が9日、断食を開始、犯...

被害者の李淵・技術総監(大紀元)
2006.02.09
米国アトランタ:大紀元グループ技術総監、自宅で襲われ重傷

 【大紀元日本2月9日】グローバル大紀元時報グループの技術総監・李淵氏は、2月8日正午米国アトランタの自宅で、複数のアジア系男性に襲撃され、重傷を負った。襲撃者は...

ロイター通信が言及した二人の大紀元記者=ジョアンナ・コーンウエイ(左)とジョン・スミス(右)(大紀元)
2006.01.19
駐英中国大使、大紀元記者参加を理由に、講演をキャンセル

 【大紀元日本1月19日】駐英中国大使・査培新(チャー・ペー・シン)は16日、ロイター通信本社主催の「ジャーナリスト・シンポジウム」に出席して講演する予定だったが...

サンフランシスコ700万人脱党応援キャンペーン(大紀元)
2006.01.12
サンフランシスコ、700万人脱党応援キャンペーン

 【大紀元日本1月12日】米カリフォルニア州脱党サービスセンターは1月7日、サンフランシスコのチャイナタウンで脱党応援キャンペーンを開き、「九評共産党(共産党につ...

シンガポールで発刊された大紀元時報英語版
2005.12.20
大紀元時報英語版、シンガポールで正式発行へ

 【大紀元日本12月20日】シンガポールで12月16日、大紀元時報英語版が正式に創刊した。アメリカ、カナダ、豪州、英国、ニュージーランドなどの各国に続き、アジア地...

ルーマニア・ティミショアラ市ジョージ・シュアンドゥ市長
2005.11.04
ルーマニア:九評シンポジウム、中共の崩壊を分析

 【大紀元日本11月4日】10月5日、ルーマニア第二都市ティミショアラで、大紀元および地元の人権組織が協同でシンポジウムを開催した。ティミショアラ市長ジョージ・シ...

中国民衆の脱党を支持する決議案が通過したシカゴ市議会(大紀元)
2005.11.04
シカゴ市議会:中国民衆による中共脱党を支持する決議案を通過

【大紀元日本11月4日】シカゴ市議会は1日、中国民衆が中国共産党およびそれに付属する組織からの離脱活動を支持する決議案を全員一致で通過した。 同決議案は米・大紀元...

2005.10.20
ニューヨーク:英語版大紀元時報、週2回発行に

 【大紀元日本10月20日】ニューヨークで週刊紙として2004年8月にスタートした英語版大紀元時報(The EpochTimes)は20日、週2回発行に変更、日刊...

2005.09.29
中国大紀元、拘束中の記者らの釈放求める

 【大紀元日本9月29日】2000年12月以来、中国では4人の大紀元記者が依然として拘束されている。大紀元インターナショナルは、10年の刑を宣告された張玉輝、孟軍...

「大紀元時報」は、カナダ全国マイノリティーメディア協会の2005年メディア賞を受賞。左から右:カナダ全国マイノリティーメディア協会会長・サーロス、「大紀元時報」カナダ東部支社社長・顧思穎、オンタリオ州長バータマン
2005.09.20
「大紀元時報」、カナダで受賞

 【大紀元日本9月20日】カナダ全国マイノリティーメディア協会は9月15日、12社のマイノリティーの移民が運営するマスメディアと30人の優れたマイノリティーカナダ...

イリノイ州クック郡で9月8日に開かれたクック郡長官定例会議で、中国の人々が中国共産党及びその関連組織を脱退することを支持する議案が通過(大紀元)
2005.09.12
米・イリノイ州クック郡:脱中国共産党を支持

 【大紀元日本9月12日】9月8日、米イリノイ州北東部のクック郡長官定例会議で、中国の人々が中国共産党及びその関連組織を脱退することを支持する議案が通過した。同議...

駐日マレーシア大使館=東京
2005.09.03
大紀元日本:「大紀元時報」押収で、 駐日マ大使館へ請願

【大紀元日本9月3日】 マレーシア政府が大紀元時報を差し押さえた事件について、大紀元日本は8月22日「大紀元新聞の発行、売出し禁止処置解除の請願書」を提出、8月2...

2005.09.02
胡主席の訪米で、中国側、大紀元の取材を拒否

 【大紀元日本9月2日】中国政府は、表現の自由が保障されている米国内でさえも、それを制限する機会を逃さなかった。 9月4日に始まる予定の胡錦涛・国家主席の訪米で、...

元・中共国家安全局職員、610オフィス職員郝鳳軍が内幕を暴露
2005.08.30
シドニー討論会:中共による海外独立メディア弾圧の実態を暴露

 【大紀元日本8月30日】8月24日、シドニーで開かれた「新たな情勢の下、中共政府が周辺国家にもたらす影響」と題した討論会で、元・中共国家安全局高官:&#3708...

ニュージーランド版英文大紀元
2005.08.15
ニュージーランド版英文大紀元が創刊

 【大紀元日本8月15日】8月11日、ニュージーランド版英文大紀元が正式に創刊された。ボランテイア配布者はそれぞれ、当日朝の通勤時間帯にオークランド市内各地で配布...

2005.07.11
中国:ウェブ・サイト封鎖、ますます過激化

 【大紀元日本7月11日】「ラジオ自由アジア放送局」(Radio Free Asia)は終始中国大陸に向けて、中国政府にコントロールされていない情報を提供し続けて...

2005.06.17
大紀元は陳用林、カク鳳軍両氏の「中共放棄」の義挙に声援を送る

 【大紀元日本6月17日】元中国駐シドニー領事館一等秘書官の陳用林氏と元天津市公安局及び「610オフィス」の警官であったカク鳳軍氏は、2005年6月4日と7日に、...

ロンドンでインタビューに答えた呉氏=2005年3月=(大紀元)
2005.06.10
元中国の新聞記者が語る特別インタビュー
中国共産党の海外における統一戦線とは

新華社の駐パリ特派員だった呉葆璋氏が本年3月、ロンドンで大紀元時報の特別インタビューに応じた。同氏は新聞報道関係者として四十数年間を務めたが、1989年、中国共産...

創刊された大紀元時報日本語版
2005.06.03
『大紀元時報』日本語版が創刊

 【大紀元日本6月3日】6月2日、『大紀元時報』日本語版が今日東京で創刊され、しばらくは月2回発行するという。これは既に有る中国語、英語、韓国語、フランス語、ドイ...

^