大紀元時報
トップ 天国
天国
(Daniel Roland/AFP/Getty Images)
2019.08.29
27分間死んでいた女性、天国はあると語る

アリゾナ州フェニックスに住む女性が、夫とハイキングに出かける直前に心停止に陥った。そしてそれは天国への往復チケットとなった。

(Photo by Christopher Furlong/Getty Images)
2019.02.28
神を信ずる者が失うものとは?

昔、ロシアに無神論の学者がいた。ある日、彼はある大会の会場で人々に、神は絶対に存在しないと論じた。会場にいた人々も、彼の主張は理に適っていると思った。

(Jean-Pierre Clatot/AFP/Getty Images)
2017.12.29
科学の向こう側
地獄は存在する ある証言者の体験

臨死体験(NDE)の証言を集めたウェブサイトNDEリサーチ・ファウンデーションによれば、臨死体験者たちは、そのほとんどが光や天使などを目撃し、安らぎと平和に満ちた...

NTD Inspired
2017.12.01
知らない世界
亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻...

(iStock)
2017.11.27
神仙伝
天国への階段 入口の基準は?

どのような人が天国へ行けるのでしょうか?中国の故事によれば、天から見た「善い人」とは官僚や慈善家である必要はなく、単に正直で誠実な人物のことを指しています。さて、...

臨死体験を語るサーテジー・ゲーツさん(YouTube)
2016.05.02
嫉妬とウソは罪
「地獄に落ちそうだった」臨死体験を語る女性

「きれいな花畑が見えた」「たくさんの光を見た」など、臨死体験者の多くは穏やかで美しいイメージを語る。しかし、オランダ人のサーテジー・ゲーツさん(Saartjie ...

観音菩薩(大紀元)
2012.11.20
ー天国と地獄ー

【大紀元日本11月20日】人はどこからやってきて、死後はどこへ行くのか。魂は存在するのだろうか。古代から世界中で伝わっている「あの世」とはつまり、天国と地獄の存在...

(ensign_beedrill/Creative Commons)
2011.10.10
<心の琴線> 天国に行くには何日かかりますか?

 【大紀元日本10月10日】ある寒い日の朝、私は焼き餃子で有名な店を訪ね、餃子5個と酸辣スープを注文した。 この時間になると大勢の客はすでに帰り、店内は私一人だけ...

2010.10.12
<心の琴線> 妻が亡くなった後 6歳の息子を叩いた私

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。息子の世話や毎日の食事の支度に疲れ果て、仕事もうまくいかないことがよくあった。家事もうまく...

2007.11.29
【ショートストーリー】強運の男

 【大紀元日本11月29日】ある所に、もって生まれた心根の優しい強運の男がいた。どういう所が強運かというと、くじというくじ、賭けという賭け、当たらないものはないと...

2007.08.01
神を信ずる者が失うものは?

 【大紀元日本8月1日】昔、ロシアに無神論の学者がいた。ある日、彼はある大会の会場で人々に、神は絶対に存在しないと論じた。会場にいた人々も、彼の主張は理に適ってい...

2006.09.08
天国への手紙

 【大紀元日本9月8日】イギリスのとある町に、フレッドという郵便局員がいた。彼は、住所不明やあて先の字がはっきりしない手紙でも、必ず目的地まで届けられるベテランだ...

バロック音楽の探求と上演に励む、ベルギーの合唱団「コレギウム・ヴォカーレ・ゲント」(ミッチェル・ヘンドリックス撮影、演奏会主催者提供)
2006.07.15
天国からの音楽:バッハ「ミサ曲 ロ短調」

 【大紀元日本7月15日】今年のシンガポール芸術祭では、フィリップ・ヘレヴェッヘが率いる合唱団「コレギウム・ヴォカーレ・ゲント」が招聘され、6月14日夜、エスプラ...

大部分のヨーロッパ人は神の存在を信じる
2005.04.07
信仰の文化がヨーロッパを主宰する

【日本大紀元4月6日】雑誌『読者文摘』がヨーロッパ14か国の人に対して、神を信仰する程度に関して社会調査を行った。2005年2月24日に公表した調査結果では、71...

^