大紀元時報
トップ 寛容
寛容
(Photo by David McNew/Getty Images)
2020.03.09
酒に酔って王妃の服を引っ張った臣下の結末は

楚の荘王(そうおう、?~紀元前591年)は、ある夜、臣下たちを宴に招いた。皆、心ゆくまで酒を飲み、多くの者が酔った。宴もたけなわの頃、正殿のロウソクが風に吹き消さ...

(Getty Images)
2020.01.13
ポリティカル・コレクトネスの呪い

ポリティカル・コレクトネス(政治的に正しいことば使い、通称ポリコレ)― それはアイデンティティーを傷つけられたと主張し合う終わりのない闘争である。これを生き物に例...

(Lionel Rich/Wikimedia Commons/CC-BY-SA-2.0)
2019.04.09
他人に畑を荒らされたらどうする?賢人たちの知恵

現代社会では、小さな争いが過激な暴力や殺人にまで至ったというようなニュースが、毎日のように伝えられています。

(公有領域)
2019.02.24
孟子が自分を恥じる

生活様式が床から椅子へ移り変わった中国では、『正座』という習慣が途絶えてしまってから久しいものがあります。しかし、礼儀正しい座り方としての『正座』というものが、か...

GettyImages
2019.02.21
一歩譲れば、世界が開がる
古人の土地争い 解決法

張庭玉は安徽省桐城出身の官吏で、平素から身を修め心の修養を重んじ、人々から敬愛を受けていた。張氏は、親孝行を重んじ、宰相であった間も、故郷に残した母親を心配してし...

(Photo by David McNew/Getty Images)
2019.02.21
酒に酔って王妃の服を引っ張った臣下の結末は

楚の荘王(そうおう、?~紀元前591年)は、ある夜、臣下たちを宴に招いた。皆、心ゆくまで酒を飲み、多くの者が酔った。宴もたけなわの頃、正殿のロウソクが風に吹き消さ...

GettyImages
2019.02.19
【子どもに聞かせたい昔話】寛容で謙虚な心

中国の明の時代、江蘇省の江陰に張畏岩(チョウ・ワイガン)という男がいました。地元では文章の達人として知られていました。ある年、張畏岩は役人になるための科挙という試...

(Jinghan Naan/Facebook)
2017.12.22
いざという時に冷静なパパ
子供にヤケドを負わせたメイドに母が激怒 でも父親の反応は…?

自分は人に親切だし寛容で心が広いと思っているあなた。それが真実か否かは、平常時よりも危機の時に暴露されるものです。シンガポールに居住する乳幼児のお母さんが、「自分...

(Epoch Times)
2017.01.23
恨みに報いるに徳を以ってす

唐の時代、太宗が皇帝だったころのお話です。宦官の魚朝恩(ぎょ ・ちょうおん)は、輝かしい戦績を持つ武将・郭子儀(かく・ しぎ)に嫉妬していました。魚氏は郭氏の悪口...

『史記・巻六・始皇帝本紀』(Bjoertvedt/维基百科)
2016.09.15
二千年に及ぶ冤罪 今その真相が解き明かされる
秦の始皇帝に対する数々の誤解 2000年ぶりの再検証

秦の始皇帝(紀元前259年~210年)は、約550年にも及ぶ春秋・戦国時代に終止符を打ち、初の統一王朝「秦」を作り上げた人物として歴史の教科書にも必ず登場する人物...

(Mike Kniec/Flickr)
2016.04.18
臨死体験
「殴った人は天使」壮絶な過去を許す男性

身体からゆっくりと抜け出し、上から自分を眺めていた―瀕死の状態から生還した人は、時に不思議な体験を語ることがある。光を見たとか、トンネルを抜ける感覚があったなど様...

2015.12.15
古代中国の物語
賢く優しい妻は富を生む

明の時代、中国江蘇省常州辺りに父親、義母、兄夫婦と弟の5人の一家が住んでいた。前妻の子ども・呉子恬(ごしてん)は、常に義母から理不尽な扱いを受け、時々苛立ちを感じ...

Alice Henneman/Flickr
2015.12.04
古代中国の物語
隣国のスイカを育てた農民

戦国時代、魏国と楚国をまたぐ地域ではスイカの栽培が盛んだった。魏国のスイカは成長が早く、大きくて美味なのに対し、楚国のものは成長が遅く、小さい実しか収穫できなかっ...

(Fotolia)
2015.11.27
寛容な心に涙した泥棒

東漢の時代、名士・陳寔(ちんしょく)は自分を厳しく律し、機会を見つけては自ら手本を示し、子供たちを教育していた。 大洪水に見舞われた年、多くの村は深刻な被害に遭...

イラスト: SOH Network
2013.10.21
【世界むかしばなし】7 寛容で謙虚な心

【大紀元日本10月21日】中国の明の時代、江蘇省の江陰に張畏岩(チョウ・ワイガン)という男がいました。地元では文章の達人として知られていました。 ある年、張畏岩は...

(abbybatchelder /Creative Commons)
2012.10.26
与える喜びは幼児にも

【大紀元日本10月26日】受ける喜びより与える喜び。この事実は幼児にもあてはまることが、カナダのブリティッシュコロンビア大学の3人の心理学者による新しい研究で判明...

(joiseyshowaa/creative commons)
2012.05.29
宰相の腹の中は、船に竿をさせるほど大きい

 【大紀元日本5月29日】中国のことわざに度量のある人物のたとえとして、「宰相肚里能撑船(宰相の腹の中は船に竿をさせるほど大きい。つまり度量が大きい...

お母さんに愛と感謝をこめて(wanderSick/creative commons)
2011.05.22
≪医山夜話≫ (28-3) 病と性格

 【大紀元日本5月22日】マーサは、自分の人付き合いが下手な根本的な原因はいったい何なのか、そして病気の原因は何なのかが知りたくて、再び私の診療所にやって来ました...

猟師バンプの物語
2010.06.30
寛容が友情を育てる-リンカーンの少年時代の逸話

 【大紀元日本6月30日】アブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln、1809~1865)は幼いときから家が貧しかったため、12歳のときに学校をやめて...

2006.12.14
【伝統文化】慈悲心が人を正道に連れ戻す

 【大紀元日本12月14日】清代、ある裕福で徳望の高い老人がいた。ある大晦日の夜、老人は宴に参加するために、2人の家来にロウソクを持たせて、邸宅の居間へ向かった。...

2006.11.02
教育コラム【夢かなえ】―若手教師奮闘記

 【大紀元日本11月2日】さわやかな秋風の吹く季節、小学校の同級生の香里ちゃんと真美ちゃんは、いつものように一緒に遊んでいます。 ところがある日、香里ちゃんが「先...

2006.10.02
一歩譲れば、世界が開ける

 【大紀元日本10月2日】「一時我慢すれば、嵐が治まり波が静まる。一歩引き下がれば、世界がぱっと開ける」。問題が起きたとき、みんなが互いに礼を以って謙り合えば、い...

2006.01.30
寛容は人心を掴む

 【大紀元日本1月30日】人は間違いを犯すものであり、皆欠点を持つ。寛大な心で他人を許すのは一種の美徳であり、そうすれば、憎しみを溶かし、悪縁を解き、敵を友に変え...

今年、生誕250周年を迎えるモーツァルト=プラハにある銅像(AFP)
2006.01.30
モーツァルト生誕250周年 癒し系古典音楽

 【大紀元日本1月30日】今年は、18世紀古典派を代表するオーストリアの作曲家、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)の生誕250周年にあ...

^