大紀元時報
トップ 小説
小説
(L: Photo courtesy of Memphis Animal Services, R: Photo courtesy of oliverandhisbowl)
2019.12.05
お気に入りのお皿も一緒!里親に引き取られた犬のオリバー

イギリスの小説家チャールズ・ディケンズをご存知だろうか? 彼の小説の中に登場する貧しい少年、オリバー・ツイストがロンドンの劣悪な通りを歩くシーンがある。少年...

(Tim Geers/Flickr)
2017.03.11
「本は人より長生き」古書愛好家 欧州やアメリカ市場で復興する本市場

ネットでの文章を読む機会が多くなる電子社会。紙媒体の書籍は淘汰されてしまうのだろうか。いっぽうで、最近、愛読書家の心配を払しょくするかのような良いニュースが伝えら...

 Peter Enyeart/Flickr
2015.10.30
私小説『田舎の素麺』(三)

私が高校時代にサッカーでインターハイに出場したときのイレブンの写真が大きく飾られた店の二階で、夜に蚊帳を吊って息子と床に就いていると、白髪の母が豚の陶器に入った蚊...

mrhayata/Flickr
2015.10.29
私小説『田舎の素麺』(二)

Norio NAKAYAMA/Flickr
2015.10.28
私小説『田舎の素麺』(一)

会社の盆休みに長崎に帰省し、朝から玄界灘の海を見ていたら、波間でボラが数度跳ねた。台風が上陸してきたのか黒雲が水平線の彼方からみるみる現れ、西の方角から突如として...

(大紀元/王嘉益)
2011.03.01
【呉校長先生の随筆】 ー最優秀女優賞ー

 【大紀元日本3月1日】漁村で育った春(しゅん)ちゃんは、とても恥ずかしがり屋です。少し劣等感を感じているのか、大勢の中で歩くと緊張のあまりつまずいて転んだり、両...

2008.10.09
【ショートストーリー】現実

 【大紀元日本10月9日】真知子は、勤めを終えるといつものように六本木のアマンドでブラックコーヒーを口にして溜め息をつく。 「いつ頃から…これが習慣になってしまっ...

2008.07.04
【エンタ・ノベル】麻雀の達人(6)-天地人-

 【大紀元日本7月4日】 「ロン!人和…金門橋…」 起家の満福によって放たれた第一打が、見透かされたように下家の顔園に当たってしまった。 「あれ!(何か様子が違う...

2008.06.28
【エンタ・ノベル】麻雀の達人(5)-赤兎馬亭-

 【大紀元日本6月28日】満福が気付くと、もう日が暮れているのだろうか、暗い坂道をトボトボと歩いていた。「はて、ここは横浜の山の手か?それにしても殺風景なもんだな...

2008.06.24
【エンタ・ノベル】麻雀の達人(4)-九蓮宝燈-

 【大紀元日本6月24日】満福が振り返ると、セカンドバッグの男は名刺を差し出した。「黒竜会金融CEO、張国強…(中華街でも悪名高い街金だな)」。「その張社長が、私...

2008.06.19
【エンタ・ノベル】麻雀の達人(3)-悪夢の追憶-

 【大紀元日本6月19日】満福は、このところ悪夢に苛まれるようになっていた。20年前に麻雀の勝負で自殺に追い込んだ黒龍楼の店主が夢枕に立つようになったのだ。確かに...

2008.06.15
【エンタ・ノベル】麻雀の達人(2)-祖母の血脈、不敗の盲牌-

 【大紀元日本6月15日】満福が関帝廟での日課の祈りをすませる午後の昼下がり、見透かしたように携帯が鳴り始める。「はい、金ですが…いつものように朱雀の宿で…分かり...

2008.06.11
【ショートストーリー】片腕の乞食

 【大紀元日本6月11日】腕が片方しかない乞食が、修道院にやってきて物乞いをしていた。それを見た修道僧は、門のところに積んであるレンガの山を指差して、「あれを裏門...

2007.06.28
ショートストーリー:箒のお話

 【大紀元日本6月28日】私の大叔父さんは本をいっぱい読んでおり、話がとてもじょうずだった。大叔父さんの話はとてもおもしろく、天文、地理、歴史、人生体験など、すべ...

2005.08.06
[-小説-]約束      

 【大紀元日本8月6日】ある鉱山労働者が採掘の最中に、爆弾に触れて爆発し死亡した。家族はわずかな補償金しかもらえなかった。大黒柱を突然失った一家の家計は火の車とな...

2005.07.28
[-小説-] 1本の長ズボン

 【大紀元日本7月28日】ある貧乏な男が翌日の小学校の同窓会に参加するため、1本の長ズボンを買ってきた。 家でズボンを試着した男は、そのズボンが自分のサイズより1...

^