大紀元時報
トップ 年次報告書
年次報告書
神韻2020年世界ツアー日本公演が2019年12月25日、名古屋で始まった(大紀元)
2020.06.18
米国務省報告書、中国当局による神韻日本公演への妨害を指摘

米国務省は6月10日、世界各国の信仰の自由に関する年次報告書を発表した。報告書は、米の「神韻芸術団」が日本公演を行った際、在日中国大使館が劇場側などに対して圧力を...

米国務省(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2020.06.11
米、信仰の自由年次報告書を発表 昨年「96人の法輪功学習者が迫害で死亡」

米国務省は6月10日、世界各国の信教の自由に関する2019年版報告書を発表した。ポンペオ国務長官は、発表に合わせて記者会見で、「中国ではすべての宗教に対する政府主...

米議会の諮問機関「米中経済安全保障調査委員会(USCC)」は11月14日、2018年年次報告書の発表に関して記者会見を行った(USCC記者会見のライブ配信よりスクリーンショット)
2018.11.16
米超党派委員会、年次報告書を発表 「中国は国家安全上の脅威」

米議会の超党派諮問機関「米中経済安全保障調査委員会(USCC)」は14日、年次報告書を発表した。報告書は、中国当局の一帯一路経済圏構想、南シナ海での軍事化、ハイテ...

1999年7月以来、人気を集めてきた伝統気功「法輪功」は中国当局により弾圧されているが、海外では学習する者が増えている。特に台湾では、現在約50万余人が法輪功を修練していると言われている(写真・明慧網)
2010.11.21
米国務省年次報告書 中国での法輪功迫害に重大関心

 【大紀元日本11月21日】米国国務省は17日、世界各国の宗教の自由をめぐる年次報告書を公表した。中国やミャンマー、イラン、北朝鮮など8つの国家を「特別な関心を払...

(左から右)ヘリテッジ財団のターシック氏、国務省の前国務長官補佐・クレーム氏、国際戦略評価センターのフェシェアル氏(大紀元)
2005.07.30
米議会:「中国軍事力年次報告書」を審議

 【大紀元日本7月30日】米国務省の「中国軍事力年次報告書」がこのほど、米下院軍事委員会に提出され、審議が27日行われた。  この報告書は、今年の3月に提出される...

^