大紀元時報
トップ 感染
感染
2006.02.28
米議会専門家、中共当局に、鳥インフルエンザ情報の透明化を求める

 【大紀元日本2月28日】中国農業部は25日、浙江省と安徽省で新たな二人のH5N1鳥インフルエンザ感染と発表した。これの前日、米議会で主催された中国の鳥インフルエ...

ドイツ政府は地元時間20日より、数機の戦闘機および数千人の部隊をバルト海沿岸およびリューゲンへ派遣し、鳥インフルエンザの拡大阻止を開始した(Getty Images)
2006.02.26
ドイツ:鳥インフル感染続発、ワールドカップ中止の可能性も

 【大紀元日本2月26日における鳥インフルエンザ感染の拡大は加速し、すでに10カ国で鳥インフルエンザの感染発生が確認された。ドイツ政府は地元時間20日より、戦闘機...

シチリアで死亡していた白鳥を検査するイタリア衛生部職員(AFP)
2006.02.13
イタリア、野生白鳥よりH5N1ウイルスを検出、EU初症例

 【大紀元日本2月13日】イタリア衛生部は11日、野生の白鳥より高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスを検出したことを発表。野生の白鳥より鳥インフルエンザ...

鳥インフルエンザ拡散の原因は渡り鳥だが、諸悪の根源は家禽市場(AFP/Getty Images)
2006.02.10
専門家:鳥インフルエンザ感染発生の源は広東省

 【大紀元日本2月10日】米国立科学アカデミー報で、米国、中国、香港の専門家らが2004年1月から2005年6月にかけて行なった大型鳥インフルエンザ遺伝子に関する...

2006.01.19
中国、鳥インフルエンザに新しい感染者、死者6人目

 【大紀元日本1月19日】中国衛生部は18日夜、四川省簡陽市で女性(35歳)が鳥インフルエンザに感染し、死亡したことを発表した。これで中国国内の鳥インフルエンザ感...

2006.01.16
インフルエンザ治療薬2種に耐性ウィルス発生

 【大紀元日本1月16日】米国疾病予防医学センター当局は14日、緊急記者会見でインフルエンザ治療薬として販売使用されている「アマンタダイン」、「リマンタダイン」に...

2006.01.02
WHO:中国に鳥インフルエンザのサンプルを求める

 【大紀元日本1月2日】世界保健機関(WHO)は、H5N1型鳥インフルエンザに感染し3人が死亡したと発表した中共政権に対して、鳥インフルエンザ感染情報にかかわるウ...

2005.11.29
新疆、湖南省:鳥インフルエンザ感染を確認

 【大紀元日本11月29日】中国農業部は28日、新疆ウィグル自治区鄯善県および湖南省永州市零陵区でH5N1型鳥インフルエンザ感染を確認したと発表した...

トロント市長と衛生部門責任者による記者会見
2005.10.09
カナダ:原因不明の感染症、レジオネラ菌感染が原因

 【大紀元日本10月9日】原因不明の呼吸器系疾患がトロントの老人施設で発生し、14日間で88人に感染、17人が死亡した事件で、原因はレジオネラ肺炎だということが明...

2005.10.03
国連:鳥インフルエンザウイルス突然変異、1億5000万人死亡の恐れ

 【大紀元日本10月2日】鳥インフルエンザが世界中への広がりが懸念されるため、人への感染を防止するよう国連に任命されたデイビッド・ナバロ博士は、鳥インフルエンザ・...

「インドネシア南ジャカルタのラグナン動物園において鳥インフルエンザによる鳥類の感染死が確認され、同動物園は封鎖。全面的な検査、消毒が実施されている」(Getty Images)
2005.09.22
鳥インフルエンザ拡大・インドネシアによる特別警戒宣言

 【大紀元日本9月22日】過去の2ヶ月の間、H5N1型鳥インフルエンザに感染により4人が死亡したインドネシアにおいて、さらに児童4人と成人2人の鳥インフルエンザ感...

2005.08.19
北京 炭疽病の大規模感染の発生を否定

 【大紀元日本8月19日】中国衛生部は17日、中国において炭疽病の感染が全国的に発生しているとの情報を否定し、衛生部は、炭疽病を単なる通常の伝染病の一つと見なして...

2005.08.18
河南省において豚が連鎖球菌に感染

 【大紀元日本8月18日】(RFA北京報道)中国農業部が火曜日に証言したところによると、河南省において豚の連鎖球菌への感染が発見されたが、河南省のどの地方で感染が...

2005.08.17
蘇州 2人が豚連鎖球菌で死亡の疑い

 【大紀元日本8月17日】四川省で豚連鎖球菌の感染が発生した後、中国江蘇省蘇州市においても豚連鎖球菌との関連が疑われる2件の死亡事案が発生した。死亡者はいずれも生...

2005.08.15
バングラデシュ:疫病で121人が死亡

 【大紀元日本8月15日】先月末、大洪水に見舞われたインドとバングラデシュでは、すでに121人が飲用水などによる伝染病で死亡した。 バングラデシュ政府幹部の話によ...

2005.08.13
中国の皮膚炭疽病、 台湾疾病管制局が警戒

 【大紀元日本8月13日】中国遼寧省沈陽市にある新民氏大民鎮で皮膚炭疽病感染が発生し、今月6日時点で12件の感染が報告されている。台湾ではしばらく炭疽病が発生して...

2005.08.13
香港:新たなブタ連鎖球菌感染例

 【大紀元日本8月13日】香港特別区政府衛生署衛生防護センターの発表によると、10日夜、広華病院からブタ連鎖球菌の感染1件の報告を受けたという。衛生防護センターは...

2005.08.12
鳥インフルエンザ:チベットでも確認、カザフスタンでは人への感染も懸念

 【大紀元日本8月12日】国際獣疫事務局(Organisation International des Epizooties: OIE、本部・パリ)は11日、チベ...

2005.08.12
中国衛生部:深刻な皮膚炭疽菌感染、114例中3人死亡

 【大紀元日本8月12日】中国衛生部は10日、国内7月の疫病状況を発表した。発表した報告から、7月に発生した皮膚炭疽菌の感染状況は、これまで公表されたものよりはる...

2005.08.10
四川: 病死したブタ売買、依然止まず

 【大紀元日本8月10日】8月6日までの時点で、四川省における奇病に感染して死亡した人は累計で39人、病例は214例となった。こうした患者の大部分は、病死した豚肉...

患者は殆ど牛に関わる仕事に従事していた(Getty Images)
2005.08.07
遼寧省:皮膚炭疽菌で一人死亡

 【大紀元日本8月7日】中国遼寧省衛生庁は6日未明、瀋陽市に皮膚炭疽菌が発生した情報をネットで公表した。発見された12例の感染者の内、7人が炭疽菌による感染と確認...

2005.08.06
遼寧省にも「怪病(奇病)」が発生、一人死亡

【大紀元日本8月6日】情報筋によると、遼寧省新民市に最近ある奇病が発生し、すでに1人が死亡、11人が感染され現在病院で治療を受けているという。疫病防止所職員の話で...

2005.08.05
四川省ブタ感染症:死者増加、汚染豚肉流出拡大を危惧

 【大紀元日本8月5日】中国・四川省は8月3日、豚伝染病に感染した患者がまたひとり死亡、これまでの死者は38人になり、感染した症例は206に増えた。また、感染例の...

2005.08.03
北朝鮮、中国四川省から大量の豚肉を輸入

 【大紀元日本8月3日】韓国貿易協会の統計によると、北朝鮮は、今年になって、ブタ連鎖球菌によって数十人の死亡者が出た中国の四川省から、2,100万米ドル相当の豚肉...

2005.08.03
WHO:四川省の伝染病、1種類のウィルスだけではない可能性

 【大紀元日本8月3日】ブタ連鎖球菌2型用のワクチンが7月31日、初めて四川省に届き、疫病のさらなる拡大を阻止する。しかし、WHO(世界保健機構)は、状況の深刻さ...

2005.08.01
四川省のブタ感染病、エボラ出血熱の疑いも

 【大紀元日本8月1日】中国四川省で発生しているブタ感染病は、7月22日当局が最初のケースを発表してから30日正午までに、すでに163人の感染が確認され、うち34...

2005.07.31
中国四川省:豚連鎖球菌、死者さらに拡大

 【大紀元日本7月31日】30日の正午12時現在まで、豚連鎖球菌感染のため、新たに二人の死亡者が確認され、これで死者は34人に達した。(中央社30日報道) 四川省...

2005.07.31
ブタ連鎖球菌:四川省7市に感染拡大

 【大紀元日本7月31日】中国衛生部が29日突然、四川省の成都、自貢、遂寧、濾州、綿陽など5か都市でもブタ連鎖球菌の感染例が発見されたと公表した。その中、首府の成...

2005.07.29
ブタ連鎖球菌対策、WHO支援を中国が拒否

 【大紀元日本7月29日】RFA(ラジオ自由アジア)の報道によれば、WHO(世界保健機構)西太平洋地域スポークスマン・ディズ氏は27日、香港のメディアに対し、中国...

病院に運ばれた感染者(GettyImages)
2005.07.27
ブタ連鎖球菌に感染、死者24人に

 【大紀元日本7月27日】中国衛生部が7月26日発表した情報によると、7月25日正午12時現在、四川省資陽市で発生した人のブタ連鎖球菌への感染者数は、既に117例...

^