大紀元時報
トップ 摘出
摘出
(YouTube Screenshot | Inside Edition)
2019.08.20
巨大腫瘍を持った赤ちゃん、驚きのビフォーアフター

この少女には生まれつき巨大な腫瘍がありました。両親は彼女の将来を心配していましたが、幸いなことにニューヨーク市の優秀な外科医に出会い、劇的な変貌を遂げました。

2011.10.29
「だれが私の腎臓を盗んだのか」 ある中国人男性の叫び

 【大紀元日本10月29日】中国河北省在住のある尿毒症患者は複数の病院で検査したところ、左腎臓が無くなっていると診断された。この患者は数年前受けた人生唯一の手術で...

中国共産党による法輪功学習者を狙った臓器狩りを糾弾するガルシア・ギャロン医師
2008.08.17
世界臓器移植協会:医師はみな中共の臓器狩りを知っている

 【大紀元日本8月17日】中米グァテマラからやって来た世界臓器移植協会(The Transplant Society)会員ルドルフ・ガルシア-ギャロン(Rudol...

豪州ステファン・スミス外相(AFP)
2008.07.16
豪外相、法輪功学習者に書簡:臓器狩りの告発は信用できる

 【大紀元日本7月16日】豪州ステファン・スミス外相は先月、豪州在住の中国伝統画家の章翠英(ジャン・ツイイン)さんに書簡を送り、2006年にカナダ人権弁護士により...

2008.06.29
死刑囚の臓器摘出、遺族が陳情・訴訟中=新疆ウイグル

 【大紀元日本6月29日】新疆ウィグル自治区で、死刑囚の臓器が執行前に生きたまま摘出されたと訴え、その売買代金の支払いなどをめぐり、遺族が訴訟を起こした。しかし、...

今年3月の国連会議に参加した国連拷問問題特派員マンフレッド・ノーワック氏。2005年末に中国入りして拷問問題についての現地調査を行い、最初に中国入りして拷問問題を調査した国連関係者。同氏によると、法輪功学習者への拷問事件は国連報告の中国関係の66%を占めているという(明慧ネット)
2008.05.09
08年度国連報告書:中国当局による臓器狩りの責任追及

 【大紀元日本5月9日】国連信教の自由特別調査官アスマ・ジャハンギル氏と、国連人権委員会拷問問題特別調査官マンフレッド・ノーワック氏はこのほど、中国共産党(中共)...

中国国内で発生している臓器狩りの陳情書簡への英女王からの回答
2007.09.18
英政府:中国の生体臓器摘出問題に関心寄せる

 【大紀元日本9月18日】国際社会は、中国国内で発生している生体臓器摘出問題に関心をよせつつあり、多くの民衆が、それぞれの政府に対して中国の人権迫害に関心を寄せる...

米ダナ・ローラバーカー議員(大紀元・麗莎)
2007.08.05
米議員ら、北京五輪ボイコット法案提出、人権聖火リレーを支援

 【大紀元日本8月5日】NGO(非政府組織)「法輪功(Falun Gong=ファールンゴン)迫害真相調査団(CIPFG)」が発起した「人権聖火リレー」は、8月9日...

^