大紀元時報
トップ 日本人
日本人
日本の中国研究者団体、北大教授拘束の情報開示を求める緊急アピール(スクリーンショット)
2019.11.01
日本の中国研究者団体、北大教授拘束の情報開示を求める緊急アピール

日本の研究者団体は10月29日、中国政府に対して、9月に北海道教授が北京を訪問して中国当局に拘束された事案について、関連情報を開示するよう強く求める声明を発表した...

(看中国)
2018.09.17
なぜ日本紙幣は世界で最も清潔なのか

お金は最も清潔ではないものの一つですが、私たちのほとんどは、日常的に紙幣や硬貨に触れざるを得ません。言い換えると、私たちは毎日、お金に付着しているさまざまな細菌に...

枝野幸男・立憲民主党代表(Getty Images)
2018.04.22
日本の野党
広告中の「立憲パートナーズ」違法な外国人献金の抜け道に?

立憲民主党(代表・枝野幸男)がこのたび立ち上げた準党員制度は、ひんしゅくを買っている。法律で禁止された外国人献金の抜け道になる恐れがあるからだ。

エマニュエル・マクロン氏は14日、エリゼ宮(大統領府)で就任式を行い、フランス大統領に就任した。(ERIC FEFERBERG/AFP/Getty Images)
2017.05.17
フランス大統領選結果、海外に住む日本人の感想

日本人向け海外支援サービスの「トラベロコ」はこのほど、フランス大統領選挙の結果を受けて現地在住の日本人を対象に調査を行った。調査では、欧州連合(EU)離脱や移民対...

ある日本人が責任転嫁に慣れ親しみ、言い訳を探すという悪しき習慣を断ち切ることを教えてくれた。私たちは小さな賢さを備えるだけでなく、憎しみを超え、相手の長所から学ぶことを身に付けるべきではないだろうか(写真はイメージ)(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
2017.05.04
ある日本人が教えてくれた、相手の長所を学ぶということ

私には、師と仰ぐ三辺さんという日本人がいる。三辺さんの「生徒」だったのはたった6ケ月だったが、私の人生は三辺さんから大きな影響を受けたと言える。

イスラム国とみられる組織が日本人を人質にとり、身代金を要求する動画を公開したことを受け、訪問先のイスラエルで記者会見する安倍首相。20日撮影 (THOMAS COEX/AFP/Getty Images)
2015.01.21
【フォトニュース】日本人人質事件、安倍首相が会見で「強い憤り」=イスラム国

【大紀元日本1月21日】イスラム教過激派組織「イスラム国」とみられる集団が20日、日本人2人を人質にとり、72時間以内に2億ドル(約236億円)の身代金を払わなけ...

2015.01.16
江蘇省でタグポート沈没、20数人不明 日本人も

【大紀元日本1月16日】長江で試験航行していたタグボートが15日午後3時(現地時間)頃、江蘇省内で沈没し、日本人を含む20数人が現在行方不明になっている。国営新華...

著者の父(写真・著者提供)
2008.02.07
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(14)「父との永遠の別れ」

第三章 嵐の訪れ:父との永遠の別れと苦難の逃避行 父との永遠の別れ 1945年8月、稲妻と雷が激しく交じり合う嵐の夜、風雨がガラス窓を強く叩き、大きい音を立てて響...

2007.11.14
日本人の対中国観

 【大紀元日本11月14日】戦後既に半世紀以上が経ち日本人も国際化の道を歩み、偏狭な愛国主義も往時と過ぎ、以前程は肩肘を怒らせて外国人に接するような雰囲気もなくな...

2007.07.30
電車内で一目ぼれ、日本人男性愛の告白=中国北京

 【大紀元日本7月30日】北京の地下鉄環状線でスラリとした髪の長い女性に一目ぼれした日本人男性・斉藤卓也さんは、女性に再会するため、後ろ姿を収めた写真をインターネ...

2006.08.06
中国人、十万人が日本に帰化

 【大紀元日本8月5日】1952年から2005年末までの間に日本に帰化した中国人は9万6762人で、そのうち2005年に日本に帰化したのは4427人であることが、...

2006.05.27
社会調査:日本人は退職が怖い?

 【大紀元日本5月27日】フランスの保険会社・アクサ(AXA)はこのほど社会調査を行い、日本のサラリーマンが退職を恐れていることがわかった。 北京モーニング(北京...

2006.01.17
中国上海、駐留日本人増加

 【大紀元日本1月17日】上海及びその周辺地域に駐留する(3ヶ月以上)日本人がここ2年で急増している。日本総領事館の統計では、2001年、上海地区に長期駐留する日...

2005.12.31
日本人の出国先、台湾がトップ

 【大紀元日本12月31日】成田の出国ラッシュが27日から始まった。出国先の人気トップは台湾。国内の厳冬を受け新年を温暖な台湾で迎えようという日本人観光客が増え、...

^