大紀元時報
トップ 日記
日記
(GaudiLab/Shutterstock)
2019.09.05
なぜ人は過去にとらわれるのか、人間と記憶の関係性

人は日記を習慣的につけたり、著名人の自伝を読んだりと、何かと記憶や過去にこだわる。その理由はなぜだろう。

「母親」は、中国人にとってもっとも神聖な言葉(ネット写真)
2011.06.06
母子連心 ある大紀元記者の告白

 【大紀元日本6月6日】母とは数年間、会っていない。 私の両親は大学の教授だった。母は法輪功の学習者であることを理由に、パスポートが発行されなかった。私がどんなに...

愛娘がうつ病から回復し、父親に再び笑顔がもどった(スクリーンショット)
2010.11.17
<心の琴線> うつ病の娘を救った 父の日記

 【大紀元日本11月17日】「お父さん、すぐに私を迎えに来て。さもないと、私、階段を踏み外しそう」。2004年12月、_deng_世敏(ドン・シーミン)さんは助け...

『李鵬「六・四」日記』の出版を取りやめた鮑朴氏。昨年、故趙紫陽・元総書記の回想録の出版も手掛けた人物。写真は天安門事件20周年にあたる昨年6月4日に香港で開かれた記者会見の時の様子(MIKE CLARKE/AFP/Getty Images)
2010.06.24
「天安門事件」中国元首相の日記、香港で出版中止へ

 【大紀元日本6月24日】香港で出版する予定だった中国の李鵬・元首相の日記が、著作権の問題で出版中止となった。同日記は「六・四天安門事件」に関する中国最高指導部の...

2000年3月、全国人民代表大会で演説する李鵬氏(Getty Images)
2010.06.06
「死を覚悟で運動を阻止」 天安門事件当時の中国元首相日記、香港で出版へ

 【大紀元日本6月6日】中国政府が、政治改革を求めた学生民主運動に武力弾圧で対応し、大勢の若者を殺害した「六・四天安門事件」が、今年で21周年になる。当時の首相で...

『土佐日記』(岩波文庫)
2007.05.27
ブログと日記文学 『土佐日記』

敷島に 棹差せば愛 月船を 漕ぎて逢いたし 亡き子のブログ 【大紀元日本5月27日】日記はマルセル・プルースト(フランスの作家)の描いた「失われた時を求めて」を回...

^