大紀元時報
トップ 旧正月
旧正月
2020.01.21
【紀元曙光】2020年1月21日

今年の旧正月は1月25日だそうだ。今の日本人にとって旧暦は、はるか昔の感覚であり、今年のその日を知るにはパソコンで検索しなければならない。

中国当局と中国政府系メディアはこのほど、景気悪化と個人消費低迷実状を認めた。写真は2009年3月11日遼寧省瀋陽市にあるスラム街で撮影(China Photos/Getty Images)
2019.02.13
中国当局、経済失速認める「世論に合わせるため」との指摘も

中国当局と中国政府系メディアがこのほど、今年の中国経済が一段と失速すると公言した。その真意にについて憶測が広がっている。

GettyImages
2019.02.01
年越し
中国旧正月に爆竹を鳴らす由来は、怪獣「年」?

中国では、旧正月の際に爆竹を鳴らす風習がある。大晦日の夜になると、家々は爆竹を鳴らし、正月ムードを一気に最高潮に押し上げ、人々は爆竹の音を聞きながら、思わず笑顔を...

GettyImages
2019.01.31
いつから餃子を食べてたの?

中国で言う餃子は普通、焼き餃子ではなく、水餃子のことを指している。中国人の生活がだんだん豊かになるにつれて、餃子はいつでも食べることができる食品になっているが、し...

GettyImages
2019.01.30
年越し、そして爆竹の由来
中国旧正月 爆竹を鳴らす風習

中国では、旧正月の際に爆竹を鳴らす風習がある。大晦日の夜になると、家々は爆竹を鳴らし、正月ムードを一気に最高潮に押し上げ、人々は爆竹の音を聞きながら、思わず笑顔を...

中国湖南省出身スーパーモデル劉雯氏が昨年米フォーブス誌の「世界で最も稼ぐモデル」ランキングで8位獲得した。(Getty Images/大紀元より合成写真)
2018.02.23
「旧正月」と「春節」、どちらが正しい?

世界ファッション界で活躍する中国湖南省出身のスーパーモデル、劉雯氏(30)は中国旧暦新年の前に、交流サイト(SNS)インスタグラムを通じて、各国のファンに対して英...

旧正月、誕生日、入園入学入社、引っ越しなど、あらゆる祝い事に好んで作られる餃子。幸せを包み込む(China Photos/Getty Images)
2018.02.17
伝統文化
旧正月の祝い方 食べ物編:魚をひっくり返してはいけないのは何故?

旧正月は、家族の再会を祝って団欒し、新たな一年への希望を抱く時です。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、叔父叔母、離れて暮らす親戚に電話をかけて、「新年快...

2月、旧正月の飾り付けがなされた北京市内の公園の樹木に触れる少女(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2018.02.16
伝統文化
包丁を使わない「元旦」旧正月の祝い方 習慣編

2018年の旧正月は2月16日から。神々や先祖を敬い、伝統に基づき、家をきれいにして新しい服を着、新年を祝います。日本では江戸時代まで太陰太陽暦を採用していました...

中国では今月に入ってから、各地で地震を観測された(中国地震ネットワーク・センターより)。
2018.02.15
旧正月直前 中国で地震頻発、ネット上で不安の声

台湾で6日マグニチュード6を超える大地震が発生したが、実に中国本土でも地震が今頻発している。中国地震ネットワーク・センター(CENC)の発表によると、北京時間15...

米国の中国大使館の「新浪微博」公式アカウントでは現在、コメントが投稿できない状況が続いている。(在米中国大使館の新浪微博アカウントより)
2018.02.13
中国人投資家、米大使の「微博」をジャック、株価急落で当局に不満

中国では今週金曜日の16日に旧正月を迎える。米国駐中国大使館は8日、交流サイト(SNS)「微博」公式アカウントを通じて、テリー・ブラインスタッド大使夫婦が新年のあ...

今年の旧正月、中国では微信(WeChat)で142億回もの電子お年玉送信があったという(ネット写真)
2017.02.01
電子化
WeChatの「電子お年玉」が普及 大みそかに142億回送信

電子お年玉の普及が凄まじい。中国の旧正月大晦日、中国の人気交流アプリの利用者間で142億回もの「デジタルお年玉」が送信された。これは前年比75%増で、前前年比では...

中国国営中央テレビ(CCTV)が27日に放送した番組「春節聯歓晩会(春晩)」において、86歳の朱光闘氏が「老紅軍」と紹介され、中国インターネット上で「偽物の紅軍だ」と非難が集中した(ネット写真)
2017.01.31
共産党の嘘
「突っ込みどころ満載」旧正月TV番組にニセ紅軍 中国ネットで皮肉の嵐

中国国営中央テレビ(CCTV)が27日に放送した番組「春節聯歓晩会(春晩)」において、86歳の朱光闘氏が「老紅軍」と紹介され、中国インターネット上で「偽物の紅軍だ...

25日、旧正月の休みにはいり、帰省客でごった返す北京南部の鉄道の駅。(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
2017.01.27
旧正月
中国人観光客は外交武器?台湾と韓国では急減=米メディア

日本国内ホテル大手のアパホテルが歴史問題で中国当局から非難されたことが波紋を呼ぶなか、ロイターはこのほど、中国政府は中国人観光客を外交面の武器として利用し、外交関...

交通費を節約するため、帰省ラッシュにはバイク移動が目立つ(大紀元)
2017.01.16
旧正月30億人の大移動開始 オートバイでの帰省が目立つ=中国

中国政府はこのほど、今月末の旧正月(1月28日)大型連休の間に、帰省や旅行のために交通機関などを利用する人口が約30億人に達すると発表した。一方、交通費を節約する...

2016.07.14
紀元曙光(2016年2月9日)

2月8日は旧暦の元旦だった。中国人は古くから、新春を迎えるにあたり、旧年の四苦八苦を忘れ、新年に大きな望みを託すのだ

秋葉原で爆買いを終えてバスに乗り込む中国人観光客(中央社)
2016.02.16
「海外旅行で癒されたい」 中国人の旅行スタイルに変化

中国メディアの報道によると、今年の旧正月の一週間に、海外旅行に出かけた中国人は史上最多の約600万人に上った。人気の旅行先ベスト3はタイ、日本、韓国で、医療ツーリ...

ジムでもおしゃれをしていた若い女性が帰省。平屋建ての古家の前で質素な装いに一変(weibo)
2016.02.13
都市と地方の差
実家に帰ったら「ホントの私」旧正月、帰省した地方出身者の素顔

中国の都会暮らしと田舎暮らしは大きく違う。旧正月の連休中に帰省した地方出身の若者たちは、都会での華やかな生活と対比して、質素な田舎での暮らしぶりや服装を相次いでネ...

オーストラリア・シドニーのチャイナタウン (Greg WOOD/AFP)
2016.02.12
旧正月爆買いに温度差、豪州「値段に敏感」、香港「中国人激減」

今年の中国旧正月大型連休で世界各国に出かける中国人の爆買いぶりに温度差が現れているようだ。日本で相変わらず日本製品を爆買いしている中国人に対して、オーストラリアや...

中国旅行大手によると、旧正月大型連休に海外に訪れる中国人観光者人数が過去最高の600万人に達する(tata_aka_T/flickr)
2016.02.07
「熱烈歓迎!」 旧正月、中国人の海外旅行者600万人 各国爆買い期待

中国オンライン旅行業者大手「携程」がこのほど発表した『2016年旧正月大型連休中の海外旅行動向報告書』によると、中国旧正月(2月8日)に合わせて、7日から13日ま...

2016.02.06
民族大移動
帰省ラッシュで混乱 10万人が足止め=広州

「年に一度の大移動」となる中国旧正月(今年は2月8日)の帰省ラッシュの時期が今年もやってきた。今月2日、帰省客でごった返す広州駅で、悪天候の上に設備故障のため鉄道...

東京の免税店に到着した中国人旅行者 (Chris McGrath/Getty Images)
2015.03.03
訪日中国人の爆買、コンテナで大型日本製品の海上輸送も

【大紀元日本3月3日】中国旧正月の休暇期間(2月18~24日)には、45万人の中国人が日本を訪れ、日本製品を購入して60億元(約1140億円)を落としていった。円...

2015.02.23
お年玉も電子マネーに、中国で大人気 

【大紀元日本2月23日】お年玉の習慣が根強い中国では、昨年から始まった「電子マネーのお年玉」(電子紅包)が爆発的な人気を見せ、19日からの旧正月で利用者が急増し、...

紅い紙吹雪を周辺に撒き散らす爆竹が数百発上がれば、掃除も手間がかかる (STR/AFP/Getty Images)
2015.02.17
中国の700都市で爆竹を規制 大気汚染を懸念 「市民の楽しみを奪った」

【大紀元日本2月17日】中国旧正月といえば、耳栓が必要なほどけたたましい爆竹で新年の祝砲を上げるのが慣例だ。しかし、今年はこれまでで最も静かな大晦日になるかもしれ...

中国電子商取引最大手アリババは13日、今年旧正月の従業員に対しての「お年玉」を支給しないと発表した (ネット写真)
2015.02.17
アリババ、従業員への「お年玉」支給を取りやめ

【大紀元日本2月17日】昨年、米国ニューヨーク株式市場で新規株式公開(IPO)を果たした中国電子商取引最大手アリババ集団は13日、従業員に対して、旧正月に当たって...

 (roland/Flickr)
2014.02.12
食べ過ぎて胃が「爆発」 旧正月シーズンの珍事=蘇州

【大紀元日本2月12日】香港のポータルサイト鳳凰ネットは8日、旧正月の休暇期間中、蘇州在住の58歳の女性が過剰な飲食が原因で胃が「爆発」したと報じた。この話は中国...

30日、浙江省の省都・杭州市の様子(weibo)
2014.01.31
旧正月の帰省客を阻むスモッグ 運行休止や大渋滞 爆竹規制も意味なし

【大紀元日本1月31日】毎年、中国の旧正月時期では何億もの人々が一斉に交通機関を利用するために混乱が起こる。加えてスモッグが故郷までの道のりを遠のかせている。 大...

爆竹や花火で旧暦新年を迎える人々(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2014.01.30
旧正月 8割強の上海市民、爆竹花火を断念 大気汚染への懸念で

【大紀元日本1月30日】旧正月に爆竹を鳴らし花火を上げることで幸運を呼ぶ風習は、大気汚染への憂いに完敗したようだ。上海市当局の28日の発表によると、86%の上海市...

豪紙広告欄に掲載された、息子の帰郷を望む母親のメッセージ(weibo)
2014.01.17
旧正月、息子の帰郷望む母 豪紙に一面広告

【大紀元日本1月17日】1月31日、中国は一年に一度の旧正月を迎える。仕事や通学のため全土に離散した家族が一同に集まる。遠くオーストラリアに離れて暮らす息子の身を...

チケットを求める人で埋め尽くされた広州駅前 (ネット写真)
2014.01.16
旧正月の大移動が始まる のべ36億人超 

【大紀元日本1月16日】中国旧正月の帰省ラッシュ「春運」が16日に始まった。2月24日まで40日間の「春運期間」中、のべ36億2千万人が移動するとみられ、前年より...

上海の夜空に上がる旧正月の花火(China Photos/Getty Images)
2013.02.15
旧正月、上海の大気汚染PM2・5は651 最悪値を記録

上海の夜空に上がる旧正月の花火(China Photos/Getty Images)【大紀元日本2月15日】上海では7日からの旧正月期間、各地の祝賀行事で爆竹や花...

^