大紀元時報
トップ 明朝
明朝
Wikipedia
2020.04.26
松花皮蛋(ピータン)の由来

中国料理の前菜に付き物の「ピータン」は、中国名を「松花皮蛋」という。水晶のように透き通った碧緑色の卵白部分に、松の花の模様があることからこの名が付いた。

Photo credit should read STR/AFP/Getty Images
2019.08.28
『慈悲の心』が、債務の揉め事を解決

明朝の衡湘梅公梅国桢(1542年-1605年)は、県令をしていました。ある日、一人の宦官が、借金取り立ての手助けをして欲しいと頼みに来ました。梅公は宦官と一緒に酒...

GettyImages
2019.02.15
声が出ない憨山和尚

明朝の後期、後に後代の人々から「明清四大高僧」の一人と謳われた、憨山(ハン・サン)和尚という人物がいた。これは、憨山和尚が托鉢をしていたときのエピソードである。...

明朝滅亡の再来か (Getty Images)
2017.07.03
国営メディアに「明朝滅亡の危機」掲載 共産党滅亡のシグナルか

中国国営メディアに非常に意味深な記事が掲載された。「明朝が滅亡の危機にさらされているというのに、兵士は無給、皇族高官は財布の紐を緩めない。朝廷の文武百官は、そろい...

すべての物事には因果応報がある。善には善の報いがあり、悪には悪の報いがある(大紀元)
2017.04.13
善果を得るのは?
将軍たちの因果応報

中国の史書には、無実の人を殺戮する武将が応報に遭うという話がたくさん記載されています。『明史』と『史記・李将軍列伝』から抜粋した二つの話をご紹介しましょう。

2008.01.12
仏家故事:憨山和尚の托鉢

【大紀元日本1月12日】明朝の後期、後に後代の人々から「明清四大高僧」の一人と謳われた、憨山(ハン・サン)和尚という人物がいた。これは、憨山和尚が托鉢をしていたと...

2007.08.30
「妹を救いたい」 姉の至孝、天を衝く

 【大紀元日本8月30日】明朝の頃、楊秀貞の母親は立て続けに三人も女児を生み、息子に恵まれなかったばかりか、第四子もまた女児であった。母親は癇癪を起こし、女児を溺...

2007.06.07
利を見て義を重んずる

 【大紀元日本6月7日】明朝の時代に何岳という秀才がいた。ある日、彼は夜の道端で銀200両を拾ったが、自宅に戻っても家人にはこのことを話さなかった。家人が、その銀...

^