大紀元時報
トップ 書道
書道
「蘭亭序」(らんていじょ)の一部–王羲之が書いた書道史上最も有名な書作品(ウィキペディア、パブリック・ドメイン)
2019.02.12
古代中国の知恵
人を傲慢にしない教育とは

晋王朝時代の著名な書道家である王羲之 (おう ぎし、303年-361年)には、7人の子供がいました。彼の息子たちの中で最も才能があったのが七男の王獻之(おう けん...

書聖・王羲之が4世紀に著した蘭亭序の唐の時代の模写本
2019.01.04
神韻へのいざない
蘭亭の賢人 書聖・王羲之

歴史に名を残す人物の中でも、物書きはメッセージを明確に伝える人と言えるでしょう。紙にしたためられた思想や夢は、拭い去られることなく残されます。漢詩一行からでも、古...

(ScreenShot)
2018.09.30
賢者の楽器「古琴」

古琴(こきん、単に「琴」とも呼ばれる)は、ハープに似た7つの弦を持つ楽器です。中国では5000年前から楽器として用いられていたと言われています。

中国史上、賢帝の一人として名高い唐太宗(スクリーンショット)
2018.05.17
唐太宗、中国書道文化の功臣? 

隋が滅んで間もなく、日本では聖徳太子が亡くなった4年後の629年、中国で史上で最も有名な皇帝の一人である唐太宗(タン・タイゾン)が即位した。太宗は清廉潔白な政治を...

門長竹斎さん(撮影・Klaus Rinke)
2012.04.28
【伝統を受け継ぐ】 書道「竹香流」

 【大紀元日本4月28日】天女の羽衣を思わせる軽やかさとしなやかさ、同時にきっぱりと思い切りのよい鋭さと躍動が感じられる魅力的な書体である。書道「竹香流」は門長(...

(TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)
2011.01.06
【フォトニュース】新春恒例 全日本書初め大会 2900人参加

 【大紀元日本1月6日】新春恒例の第47回「全日本書初め大展覧会」(財団法人日本武道館主催)が5日、日本武道館で開かれ、全国の予選を通過した3歳から84歳までの約...

唐太祖の「温泉銘」(ネット写真)
2009.05.13
書道を愛した賢明な指導者-唐の太宗

 【大紀元日本5月13日】唐の太宗・李世民は中国の歴史上でも最も知られた皇帝の一人である。彼の在位中は、朝廷の政治は公平であり、よく人の品行と才能を見抜いて抜擢し...

2007.11.03
小野道風記念館~書道上達の町・春点xun_芬s~

蛙からひょいと悟って書き習い(古川柳) 【大紀元日本11月3日】書の上達は臨書に尽きると言われます。それでも思い半ばで挫折してしまいます。正月の書初めに一念発起す...

2007.06.16
中国の墨の由来

 【大紀元日本6月16日】古代中国で、まだ墨のなかった時代には、文字を書いたり絵を描いたりするのはとても不便だった。周宣王の時代に邢夷という人がおり...

「臨古法帖」朱ダ
2005.09.07
【書道漫談】白と黒の調和

 【大紀元日本9月7日】書道、絵画または篆刻を学ぶ人は「計白当黒」の言葉を知っているはずです。書道において、「黒」とは墨のある部分で、「白」とは墨のない部分を指し...

^