THE EPOCH TIMES
トップ 有毒食品
有毒食品
食肉を検査する北京健康監督研究所の職員 (Getty Images)
2015年有毒食品・薬品事件ワースト10 中国当局が発表
2016.02.10
2011月5月に北京の公安当局が没収した有毒な穀物 (VOA)
中国の偽装米、インドネシアに流入 イモにプラスチック混入成形
2015.05.26
 日本米ブームの到来 (大紀元)
日本のお米、中国人富裕層で人気に 5キロ2万8000円の高級米も
2015.02.26
ドイツでは多くの小売店やスーパーマーケットは顧客1人につき粉ミルク3缶までと制限する対策を講じている (JOHN MACDOUGALL/AFP/Getty Images)
「中国人がまた来た!」 独スーパー、粉ミルクに防犯ロック
2015.02.13
 針穴のあるカニ (ネット写真)
中国の恐ろしい「針穴カニ」 
2014.09.19
 薬物で漂白された豚足 (ネット写真)
卸売市場、「美白」豚足を記者が摘発=北京市
2014.09.10
タイムスリップした鶏足、賞味期限は46年も経過
2013.07.09
全人代の会場で「健康黒皮ピーナッツ」の毒性を実証する人民代表(ネット写真)
人民代表、全人代会場で有毒食品の毒性実験 「有毒添加剤が氾濫だ」
2013.03.08
左は、見た目はいいが毒づくしのモヤシ(ネット写真)
上海、有毒モヤシの闇業者摘発、見た目が良いが毒づくし
2012.07.12
復旦大学の大学院生・呉恒さんらが作成した食品問題の情報を提供するウェブサイト「窓の外に投げ捨てよう」(擲出窓外) (ネット写真)
有毒食品データベースサイトが話題に アクセス殺到でダウン
2012.05.09
「中国食品安全状況調査」を纏めた呉恒さん。復旦大学校内にて(ネット写真)
復旦大学の学生、有毒食品「ウィキペディア」を作成=中国
2011.07.12
中国の有毒食品は世界に浸透している。2007年4月、アメリカ食品医薬品局(FDA)が107品目の中国食品を差し押さえた(AFP)
落花生からカドミウム 中国の有毒食品、ロシアに浸透
2011.05.26
一面トップのタイトルに暴言を使った「遼瀋晩報」(ネット写真)
「馬鹿やろう!」政府紙一面トップに暴言 「エアロビ豚」問題に怒鳴る
2011.03.28
中国貴州省にある「掌布河谷風景区」という観光地で2002年6月、「中国共産党亡」のように見える文字が浮き彫りになった約2億7千万年前の石が発見された。国営新華社通信を含めて中国各主要メディアはこの怪奇現象を一斉に報道したが、読者には「亡」という字は隠して「奇石的に『中国共産党』の文字」だけがみられると伝えている(資料)
中国の偽物づくりは「中国共産党」ブランドから始まった
2010.10.03
生後6か月で生理現象が現れた園園ちゃん
6か月の乳児に生理現象 粉ミルクとの関連性の疑いが再び=中国
2010.08.27
「乳児の早熟は粉ミルクと因果関係なし」 中国衛生部が発表 民衆は調査手法を疑問視
2010.08.17
中国共産党離脱支援のNPO法人、麻生首相宛てに公開状
2008.10.24
「毒ミルク事件の代理人になってはならない」、弁護士に圧力
2008.10.08
千本以上の処分された毒火腿(ハム)
中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(7)~最終回~
2008.02.06
中国大陸で製造された偽物が世界を騒がせている
中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(6)
2008.02.05
某悪質工場に山のように積み上げられた廃棄ミネラルウォーター用大型容器
中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(5)
2008.02.04
300年ほど前の臭豆腐「王致和」の様子
中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(4)
2008.02.03
不衛生な食用ラード加工工場
中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(3)
2008.02.02
(撮影:蘭捷/大紀元)
中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(2)
2008.02.01
^