大紀元時報
トップ
By Olena Yakobchuk/Shutterstock
2020.03.22
子どもに自由と社会について教える本の著者 コナー・ボナックに聞く

コナー・ボナックは、自分の子どもたちに自由と自由社会について教えるための教材を探していましたが、それがないと分かると、自身でシリーズ本を創作しました。本のタイトル...

Free-Photos / Pixabay
2019.09.03
投資の『一番お得な』勉強方法は:ネット記事と読書

株を実際に始めることのメリットは相場の変動を実際に体験できることです。これはとても貴重な経験だが、勉強せずに学べることにも限界があります。

By Olena Yakobchuk/Shutterstock
2019.08.11
子どもに自由と社会について教える本の著者 コナー・ボナックに聞く

コナー・ボナックは、自分の子どもたちに自由と自由社会について教えるための教材を探していましたが、それがないと分かると、自身でシリーズ本を創作しました。本のタイトル...

(Tim Geers/Flickr)
2017.03.11
「本は人より長生き」古書愛好家 欧州やアメリカ市場で復興する本市場

ネットでの文章を読む機会が多くなる電子社会。紙媒体の書籍は淘汰されてしまうのだろうか。いっぽうで、最近、愛読書家の心配を払しょくするかのような良いニュースが伝えら...

(Danny Molyneux /Flickr)
2017.01.19
電子書籍より紙がいい=米科学誌

コンパクトで大量のデータを蓄積できる便利な電子書籍。一方、紙の方が目も疲れないし、読書をじっくり楽しめるという人も。両者を比べた場合、私たちの脳にはどのような違い...

フィリピン首都マニラに住むヘルナンド・グアンラオさん。貧困で学校に行けない子供たちのため、自宅で無料の図書館を開いた(You Tubeより)
2016.06.07
フィリピン グアンラオさんの人情図書館

フィリピンの首都マニラに住むヘルナンド・グアンラオさんは、会計士の仕事を定年退職した後、何か人の役にたつことをしたいと考えた。そこで、貧困のため学校に通えない子供...

さくらももこ『ももの かんづめ』(集英社)
2007.09.21
書評:『ももの かんづめ』(さくらももこ著)

 【大紀元日本9月21日】赤いお帽子をかぶり緑色の髪をなびかせた小人と話したことのある子どもが、昔はたくさんいました。小人の妖精から赤いお帽子をもらった子どもは、...

柳田国男『こども風土記』(角川文庫)
2007.09.19
書評:柳田国男『こども風土記』

 【大紀元日本9月19日】こどもは風の子です。風は虫の知らせ=情報を運んできます。こどもは誰もが、風の又三郎です。柳田国男さんにとって、こどもは小さな神様です。小...

2007.08.10
ブッシュ米大統領夫人と娘、子供向けの本を執筆へ

 ブッシュ米大統領の夫人ローラさんと娘ジェンナさんは、読書の楽しみを伝える子供向けの本を執筆することで出版社のハーパーコリンズと合意した。同社が9日発表した。 本...

^