大紀元時報
トップ 株式上場
株式上場
中国蔚来汽車の新型EV車「ES8」(大紀元資料室)
2019.04.09
「中国のテスラ」IPOめぐる虚偽報告、米投資家が集団訴訟 

中国上海市に本部を置く電動自動車(EV)メーカー、蔚来汽車(NIO)の上場申請の資料に虚偽記載があり損失を被ったとして、米国の3つの法律事務所は今年3月、原告を米...

2006.11.06
中国の銀行融資、来年拡大も─人民銀行副総裁=新聞

 6日付の中国証券報によると、中国人民銀行(中央銀行)の蘇寧・副総裁は、来年銀行融資が増える可能性があるとの認識を示した。 副総裁は、国有銀行が株式上場で自己資本...

2006.05.20
中国銀行、資金調達のため、香港株式市場に上場、

 【大紀元日本5月20日】中国の国有銀行・中国銀行は5月18日香港で株式を新規公開した。仮条件の1株の公募価格は2・5元-3・0元で、計700億元の資金を調達でき...

北京の中国建設銀行支店(Getty Images)
2005.10.14
中国建設銀行、香港上場予定 専門家ら投資家に警鐘

 【大紀元日本10月14日】中国建設銀行は14日から香港で株式公募し、27日に正式に香港市場で上場する予定。公募幹事の中国国際金融公司は機関投資家に対し、公募価格...

2005.09.02
米専門家:中国市場への投資に慎重さが必要

 【大紀元日本9月2日】米国の中国経済専門家・ガトマン氏は28日、李登輝学校及び台湾教授協会が開いた中国経済及び中国における外資企業投資問題の講演会で、中国市場が...

草庵居士によると、中国における国有資産の私有化は極めて不公平であり、経済改革はアルゼンチン経済の悲劇と同じ道をたどっている。ドルペグの単一レートから始まり、国債の発行、増税、教育・社会保障・医療の削減、そして最後に紙幣を乱発し、インフレに到る。
2005.05.05
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか?(五)

中共が国有資産を奪う今日、私はある年長者と討論をしましたが、その人にこう言いました。「中国経済は中国の全面的な崩壊を引き起こさないのか?」。 しかし、アメリカ人は...

2005.05.01
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(四)

【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリ...

草庵居士(大紀元)
2005.04.29
中国政府が如何にして経済政策面で民衆を騙しているか

草庵居士(大紀元)【大紀元日本ネット4月29日】政治経済評論家の草庵居士(居士=中国語、在家修練者の意味)が4月2日から3日にサンフランシスコのBay Areaを...

2005.04.28
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(三)

【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリ...

著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリアのサニーベイルにて行われた第13回“九評共産党”シンポジウムに参加した。
2005.04.26
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(二)

【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリ...

^