大紀元時報
トップ 植樹
植樹
(L: Illustration - Shutterstock, R: Getty Images / PRAKASH SINGH)
2019.10.23
元グーグルの社員、環境活動を始める

インドのチェンナイを中心に活動している環境活動家のアラン・クリシュナムルティさんは地元の大学で学士号を取得し、大企業であるグーグルに就職しました。しかし32歳の時...

07年6月、中国・内モンゴル自治区Taipusi。ゴビ砂漠が迫る地区から移転された居住区(PETER PARKS/AFP/Getty Images)
2010.10.23
私が見た内モンゴル草原破壊の過程 (四)

 【大紀元日本10月23日】 植樹で草原砂漠化問題が解決できるのか 日本や韓国には、中国砂漠化問題について研究する人が少なくない。中国に入って植樹する人もいれば、...

ハチの巣ように穴だらけとなった内モンゴル霍林河市周辺の炭鉱。石炭は沿海都市へと運ばれている(Google Earth)
2010.10.22
私が見た内モンゴル草原破壊の過程(三)

【大紀元日本10月22日】 地下資源の過度な採掘 内モンゴルの草原にはたくさんの地下資源がある。石炭、銅、鉄、鉛などの鉱物が豊富だ。中国共産党は政権を奪取してから...

砂に埋もれた内モンゴルの家。モンゴルの砂漠化問題は深刻だ(写真提供=酪農学園大学・星野教授。07年4月撮影)
2010.10.21
私が見た内モンゴル草原破壊の過程(二)

 【大紀元日本10月21日】乾草は薪 冬の内モンゴルは非常に寒くなるため、暖を取らなければならない。あの時、私にはいつも解明できない謎があった。我々農民の庭には薪...

内モンゴル自治区ウランチャブ市の夕焼け(China Photos/Getty Images)
2010.10.20
私が見た内モンゴル草原破壊の過程 (一)

 【大紀元日本10月20日】 はじめに 近年、毎年春になると中国の黄砂が韓国や日本に飛んでくる。激しいときは太平洋を越えて、地球の反対側のアメリカにまで飛んで行き...

^