大紀元時報
トップ 植物
植物
ヘクソカズラ
2011.12.02
【生活に活きる植物】48・屁糞蔓(ヘクソカズラ)

 【大紀元日本12月2日】ヘクソカズラは東アジアに分布し、日本全国の日当たりの良い林、道端に自生しているアカネ科の蔓性多年草。茎は左巻きで他の植物や近くの物に絡み...

オケラ
2011.11.18
【生活に活きる植物】 47・朮(オケラ)

 【大紀元日本11月18日】オケラは中国原産で、日本にも山野の日当たりのよい草原に自生するキク科の多年草。秋にアザミに似た白や淡紫色の筒状花が咲き、苞は魚の骨のよ...

オオバコの花
2011.11.04
【生活に活きる植物】 46・大葉子(オオバコ)

 【大紀元日本11月4日】オオバコはアジアに分布するオオバコ科の多年草。春から秋にかけて花茎の先に穂状の白い小花が付きます。道端や空き地に生えるので、花茎や葉は踏...

2011.10.21
【生活に活きる植物】 44・蓼藍(タデアイ)

 【大紀元日本10月21日】タデアイは東南アジア原産で、日本には6世紀頃中国から伝来したタデ科の1年草。藍染の原料として栽培されました。花はピンク色で9月ごろ咲き...

アオジソ
2011.10.07
【生活に活きる植物】 44・紫蘇(シソ)

 【大紀元日本10月7日】シソは中国原産で、縄文時代にはすでに日本に自生していたシソ科の一年草。薬用、香味用食品として各地で栽培されてきました。茎は四角で、秋に紫...

ガマ
2011.09.24
【生活に活きる植物】43・蒲(ガマ)

 【大紀元日本9月24日】ガマは日本全土の川辺、湿地に自生するガマ科の多年草。葉は線形で長さは1~2メートルにもなり、茎は伸びて先端に肉穂花序ができます。花序は2...

ケイトウの花
2011.09.09
【生活に活きる植物】 42・鶏頭(ケイトウ)

 【大紀元日本9月9日】ケイトウは熱帯アジア原産で、日本には奈良時代に中国から渡来したヒユ科の1年草。秋の訪れを知らせるケイトウは万葉集をはじめ文学、美術でもお馴...

ササユリ
2011.08.26
【生活に活きる植物】 41・百合(ユリ)

 【大紀元日本8月26日】ユリはユリ科ユリ属の総称です。代表的な種にヤマユリ、テッポウユリ、オニユリ、ササユリ、カノコユリ、オトメユリなどがあります。日本では全国...

ウツボグサ
2011.08.12
【生活に活きる植物】40・靱草(ウツボグサ)

 【大紀元日本8月12日】ウツボグサは日本各地、東アジアの温帯に広く分布し、日当たりのよい山野の草地に群生するシソ科の多年草。花期は6~8月、紫色の唇形花が密生し...

カワラナデシコ
2011.07.29
【生活に活きる植物】 39・河原撫子(カワラナデシコ)

 【大紀元日本7月29日】カワラナデシコは欧州、中国から日本にかけての山野、河原などの草地に自生するナデシコ科の多年草。花は6~9月に咲き、秋の七草の一つで、観賞...

2011.07.15
【生活に活きる植物】 38・雪ノ下(ユキノシタ)

 【大紀元日本7月15日】ユキノシタは日本と中国に分布し、湿ったところに自生するユキノシタ科の常緑多年草。紅色の長い匍匐枝(ほふくし)を四方に伸ばして繁殖するので...

紫蘭
2011.06.17
【生活に活きる植物】 37・紫蘭(シラン)

 【大紀元日本6月17日】日本、中国原産で草原の地上に自生するラン科の多年草。5月頃に、紫紅色の花が花茎の先に数個つきます。花弁6枚のうち1枚は変形した唇弁花、花...

2011.06.10
【生活に活きる植物】 36・芍薬(シャクヤク)

 【大紀元日本6月10日】シャクヤクは中国、シベリア原産で、日本には薬草として伝えられたボタン科の多年草。その花の美しさから、観賞用としても広く栽培されています。...

アマドコロ
2011.05.27
【生活に活きる植物】 35・甘野老(アマドコロ)

 【大紀元日本5月27日】アマドコロはヨーロッパからアジアまで広く分布し、日本全土の山地や丘陵地に生えるユリ科の多年草。観賞用に栽培されている白い斑入りの葉の園芸...

ムサシアブミ
2011.05.13
【生活に活きる植物】 34・武蔵鐙(ムサシアブミ)

 【大紀元日本5月13日】ムサシアブミは湿潤な熱帯や温帯にみられ、西日本の山野の木陰に自生するサトイモ科の多年草。このうち、テンナンショウ属に分類される仲間は日本...

イカリソウ(栽培種)
2011.04.29
【生活に活きる植物】 33・錨草(イカリソウ)

 【大紀元日本4月29日】日本では本州、四国の山野に自生するメギ科の多年草。アジアから南ヨーロッパにかけて分布し、4月ごろ、和船の錨そっくりの紅紫色の花が咲きます...

「根性ツバキ」という札が
2011.04.22
「根性ツバキ」

 【大紀元日本4月22日】岡山市半田山植物園は満開の桜を愛でる人々でいっぱいです。そのなかに、根性ツバキの札を見つけ近寄ってみると、直立したツバキが白い花をつけて...

2011.04.15
【生活に活きる植物】32・翁草(オキナグサ)

 【大紀元日本4月15日】オキナグサは日本をはじめ、中国、朝鮮に分布するキンポウゲ科の多年草。山地の日当りのよい草原や河川の堤防に多く自生していました。4~5月、...

セリの花
2011.04.01
【生活に活きる植物】 31・芹(セリ)

 【大紀元日本4月1日】セリは日本全土の水田、小川、湿地に自生するセリ科の多年草。春の七草の一つで、葉質は柔らかく、独特の強い香りがあります。花は7~8月に純白の...

ミツマタの花
2011.03.18
【生活に活きる植物】 30・三叉(ミツマタ)

 【大紀元日本3月18日】ミツマタはヒマラヤ原産で、古く中国から伝わってきたジンチョウゲ科の落葉低木。日本では高知県を中心に各地で栽培され、今では一部野生化してい...

マンサクの花
2011.02.18
【生活に活きる植物】 28・満作(マンサク)

 【大紀元日本2月18日】マンサクは関東以西の山林に自生するマンサク科の落葉低木。1月には黄色の花を咲かせて春の訪れを知らせ、秋には美しく紅葉します。名前の由来は...

ソテツ
2011.02.04
【生活に活きる植物】 27・蘇鉄(ソテツ)

 【大紀元日本2月4日】ソテツは九州南部から沖縄県に自生する裸子植物で、ソテツ科の常緑低木。南国情緒いっぱいの観葉植物として人気があります。幹は高さ3m前後になり...

ヤツデ・雌花期(中上)蕾と雄花期(中下)
2011.01.21
【生活に活きる植物】26・八手(ヤツデ)

 【大紀元日本1月21日】ヤツデは関東以西の海岸近くの山野に自生する日本固有のウコギ科常緑低木。濃緑色で7~9に掌状に裂けた大きな葉があります。晩秋には黄白色の小...

ニホンズイセン(大紀元)
2011.01.07
【生活に活きる植物】25・水仙(スイセン)

 【大紀元日本1月7日】スイセンは地中海沿岸が原産で、中国を経由して8世紀ごろ日本に入ったヒガンバナ科の多年草です。日本全土、特に暖地では野生化しています。ニホン...

2010.12.24
【生活に活きる植物】 24・石蕗(ツワブキ)

 【大紀元日本12月24日】ツワブキは日本原産で北陸地方以西の湿った日かげ、岩場などに自生するキク科の常緑多年草。インド、中国にも自生しています。晩秋に鮮やかな黄...

ザクロの花(写真=大紀元)
2010.12.10
【生活に活きる植物】 23・石榴(ザクロ)

 【大紀元日本12月10日】ザクロは西南アジア原産で、日本には8世紀ごろ入ってきたザクロ科の落葉高木。観賞用または薬用として栽培され、6月ごろに花をつけます。晩秋...

センブリ(写真=大紀元)
2010.11.27
【生活に活きる植物】22・千振(センブリ)

 【大紀元日本11月27日】センブリは、日本全土の日当たりのよい山野に自生するリンドウ科の2年草。8~11月頃、枝先に小さな花をつけます。全草には非常に強い苦味(...

(フジバカマ、写真=大紀元)
2010.11.12
【生活に活きる植物】21・藤袴(ふじばかま)

 【大紀元日本11月12日】中国から渡来し、関東以西の日本全土に古くから自生するキク科の多年草。すでに『万葉集』の時代から親しまれた秋の七草の一つで、9月ごろ、茎...

植物に電極を繋ぐ実験を行ったバクスター氏(右)とシニア・ヘグ氏。リュウゼツランの花の実験は、植物の感知に対する人々の認識を改めた
2010.11.07
【新紀元】 植物にも感情がある (三)

 【大紀元日本11月7日】クリーヴ・バクスター(Cleve Backster)氏と彼の同僚はさらに、植物の種類や嘘発見器の種類を変え、全国各地にある研究機関をまわ...

電気反応測定機器
2010.11.06
【新紀元】 植物にも感情がある (二)

 【大紀元日本11月6日】1966年2月2日、バクスター氏はニューヨークにある実験室で、彼の一生の中で最も重要な発見をした。 バクスター氏は当時を振り返り、次のよ...

^