大紀元時報
トップ 植物
植物
椿(撮影=生熊活宏)
2020.04.29
【草木染めの植物】椿

椿は雪の冷たさにも耐えて咲く花です。日本原種も多く、各地に名所があり、園芸種も多くあります。つばき科の常緑高木で、開花期が長く、茶花として好まれています。

Pixabay
2020.04.27
植物状態の19年間 感覚も記憶もあった

19年間植物状態に陥っていたポーランドのヨウ・グラフスキンさんは、2007年4月12日、奇跡的に目覚めた。しかも驚いたことに、植物状態であった19年間に聴覚、視覚...

パープルタイガー
2020.04.18
花と会話

https://img.epochtimes.jp/i/2020/04/18/t_cmia4vaiygat0nkd6hbp.jpg

ハコベの花(撮影・ハナビシソウ)
2020.04.09
【身近な植物】「七草粥」でお馴染みの繁縷(ハコベ)

ハコベは日本全土の日の当たる野原など、どこにでも見られるナデシコ科の2年草。春から夏にかけて盛んに繁殖し、枝先に、2つに裂けた5弁の白い花が咲きます。陽だまりでは...

ムクゲの花(白)(撮影=大紀元)
2020.04.08
木槿(ムクゲ)
「槿花一日自為榮」槿の花は一日でも自ずと花盛りとなる

中国原産で、世界各地で観賞用として栽培されているアオイ科の落葉低木。5弁花で白、紫をはじめとして色とりどりですが、八重咲きも多く、ほとんどが一日花です。白楽天の『...

キバナカタクリの花(撮影・ハナビシソウ)
2020.04.08
自然からの「片栗粉」

片栗は日本各地の山野に自生するユリ科の多年草。早春に鱗茎(りんけい・地下茎の一種)より1本の花茎を出して、先端に紫紅色の可憐な花を下向きにつけ、葉は帯紫色の模様が...

牡丹の花(写真・大紀元)
2020.04.08
牡丹(ボタン)
中国史上唯一の女皇帝が愛した花 「花の王」

ボタン科の落葉低木で、原産地は中国。日本に渡来した8世紀頃には薬用として栽培されていました。その後、則天武后も愛でたといわれる牡丹は「花の王」として親しまれ、日本...

Illustration (Africa Studio, Photographee.eu/Shutterstock)
2020.03.28
がん予防に13の食品 科学にもとづいた話

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。 実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がん...

Shutterstock / eva_blanco
2020.03.22
植物に囲まれる女性、うつのリスク低下 アロエなどが効果的

ハーバード大学の研究により、植物は女性の寿命を長くする効果があり、精神的にも肉体的にも健康になることが示された。2016年に公開された本研究は、女性の健康と植物の...

Ramesh NG/Flickr
2020.03.07
植物にも学習能力がある?

植物にも動物と同じような学習能力や記憶力があるとする研究結果が生態学の雑誌『Oecologia』に掲載された。研究に関わったのは、西オーストラリア大学進化生物学セ...

Illustration (Africa Studio, Photographee.eu/Shutterstock)
2019.08.26
がん予防に13の食品 科学にもとづいた話

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。 実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がん...

Shutterstock / eva_blanco
2019.08.13
植物に囲まれる女性、うつのリスク低下 アロエなどが効果的

ハーバード大学の研究により、植物は女性の寿命を長くする効果があり、精神的にも肉体的にも健康になることが示された。2016年に公開された本研究は、女性の健康と植物の...

肺癌から体を守る食物 ビタミンAを多く含むサツマイモの葉(shutterstock)
2019.06.04
女性に肺癌が多発? 肺を強くする4種の食べ物

多くの女性は喫煙しなくても肺癌を患います。キッチンの煙のある環境や、遺伝、受動喫煙なども肺癌のリスクを高める要因とされています。台湾国民健康署の統計によると、20...

ハチク(撮影・ハナビシソウ)
2019.03.04
【生活に活きる植物】竹(タケ)

タケのほとんどは中国原産で、常緑多年草です。日本では600種もあるとされていますが、狭義では竹・笹・バンブーの3つに分けられ、三大有用竹としてマダケ・モウソウチク...

キバナカタクリの花(撮影・ハナビシソウ)
2019.02.25
自然からの「片栗粉」

片栗は日本各地の山野に自生するユリ科の多年草。早春に鱗茎(りんけい・地下茎の一種)より1本の花茎を出して、先端に紫紅色の可憐な花を下向きにつけ、葉は帯紫色の模様が...

ムクゲの花(白)(撮影=大紀元)
2019.02.14
木槿(ムクゲ)
「槿花一日自為榮」槿の花は一日でも自ずと花盛りとなる

中国原産で、世界各地で観賞用として栽培されているアオイ科の落葉低木。5弁花で白、紫をはじめとして色とりどりですが、八重咲きも多く、ほとんどが一日花です。白楽天の『...

カンアオイの花(撮影・大紀元)
2019.02.13
寒中でも枯れない 寒葵(カンアオイ)

カンアオイは全国各地の山地の樹下に分布するウマノスズクサ科の常緑多年草。10月から2月にかけて、暗紫色の壷状花が土に半ば埋もれて開花します。したがって、種子散布範...

カモミール(絵・前田純子)
2019.01.23
カモミールジャーマン(Chamomillae flos)
【ハーブティー療法】胃炎に効くカモミール茶

今回はカモミールジャーマン、一般的には単にカモミールと呼ばれることが多く、和名はカミツレです。カモミールジャーマン(以下カモミール)は20cm~50cm位に成長し...

2018.11.01
IKEA植物実験 罵りと賛美の言葉に驚異の結果

最近、スウェーデンの家具量販店IKEAが植物に対してある実験を行い、良い言葉と悪い言葉が他人に異なる結果をもたらすことを証明した。5月4日は中東の「いじめ防止デー...

Ramesh NG/Flickr
2018.09.21
植物にも学習能力がある?

植物にも動物と同じような学習能力や記憶力があるとする研究結果が生態学の雑誌『Oecologia』に掲載された。研究に関わったのは、西オーストラリア大学進化生物学セ...

植物に電極を繋ぐ実験を行ったバクスター氏(右)とシニア・ヘグ氏。リュウゼツランの花の実験は、植物の感知に対する人々の認識を改めた
2018.03.12
新紀元
植物にも感情がある (三)

クリーヴ・バクスター(Cleve Backster)氏と彼の同僚はさらに、植物の種類や嘘発見器の種類を変え、全国各地にある研究機関をまわり、同様の実験を行った。実...

電気反応測定機器
2018.03.08
新紀元
植物にも感情がある (二)

1966年2月2日、バクスター氏はニューヨークにある実験室で、彼の一生の中で最も重要な発見をした。 

2013年7月22日、ワシントンDC州アメリカ植物園で開花したショクダイオオコンニャクに集まる観光客。花は24時間から48時間しか持続せず、その後すぐに崩壊する(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2016.09.09
珍現象
お化けのような巨大な花が満開 不吉な予感?

インドネシアの珍しい巨大な花「ショクダイオオコンニャク」がアメリカでぞくぞくと咲いていると話題になっています。強烈な腐臭を放つことから、「死体花」(Corpse ...

(Ajith Kumar/Flickr)
2016.09.07
植物は男性より女性の声が好き?

植物にも感情があるのでしょうか?イギリスの王立園芸協会(Royal Horticultural Society)の研究によると、女性の声を聴かせた植物は、男性の声...

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(UBC)森林科学教授のスザンヌ・シマール(Suzanne Simard)氏は木と木の間でつながっている根部を通じて、情報と栄養素を交換すると話した。(pixabay)
2016.08.13
科学が実証 植物の能力
おとぎ話なんかじゃない「木は人間のように話し合う」=加UBC大教授

 もし、木が互いに話す、情報を交換する、コミュニケーションをとることができると言われたら、あなたは信じられますか? 子供たちの「おとぎ話」の中のことで、現実にはあ...

Ramesh NG/Flickr
2014.03.11
植物にも学習能力がある?

【大紀元日本3月11日】植物にも動物と同じような学習能力や記憶力があるとする研究結果が生態学の雑誌『Oecologia』に掲載された。研究に関わったのは、西オース...

JFXie/Flickr
2013.07.08
植物は割り算が得意? 夜間の栄養確保に=英研究

【大紀元日本7月8日】植物の営みは驚くほど神秘的だ。太陽エネルギーを得られない夜間の栄養を確保するため、植物はデンプンの消費量を調整していると、英ジョン・インズ・...

正月花
2011.12.30
【生活に活きる植物】 50・万年青(オモト)

 【大紀元日本12月30日】オモトは本州南部の暖かい山地に自生するユリ科の常緑多年草。全国で観賞用に栽培されている、代表的な古典園芸植物です。5~6月頃に下方の葉...

ワタの花
2011.12.16
【生活に活きる植物】49・綿(ワタ)

 【大紀元日本12月16日】ワタはインド原産で、日本には8世紀頃伝えられたアオイ科の1年草。花は白、淡黄や紫色で、卵形の果実は成熟すれば3裂し、それぞれの室に5~...

ヘクソカズラ
2011.12.02
【生活に活きる植物】48・屁糞蔓(ヘクソカズラ)

 【大紀元日本12月2日】ヘクソカズラは東アジアに分布し、日本全国の日当たりの良い林、道端に自生しているアカネ科の蔓性多年草。茎は左巻きで他の植物や近くの物に絡み...

^