大紀元時報
トップ 法律
法律
2019.09.20
『九評編集部』新刊:悪魔が世界を統治している
第十章:法律を利用する邪悪

共産主義国家では、悪魔は法律を操って支配とイデオロギーを強化し、人々を抑圧する。一方、自由社会での悪魔の目的は、伝統的な信仰と道徳を破壊することである。善悪の基準...

共産党政権を崩壊させた抗議活動の記念行事でロウソクを灯す男の子。2014年、ドイツ・ライプツィヒで撮影。(Photo by Sean Gallup/Getty Images)
2017.10.26
ポーランドで共産主義除去法成立 共産党関連物の撤去と真相の還元を進める

10月21日、ポーランドで新たな共産主義除去法が施行され、公共の場に設置された共産主義の各種記念物や遺跡を一年以内に除去することを定めると当時に、ナチスや共産党に...

中国共産党の海上進出は周辺地域に緊張感をもたらす。(CSISより)
2017.03.04
中国の「海上保安法改訂」で南シナ海情勢はどうなる?

中国共産党は現在「海上交通安全法」の制定を進めている。同法の草案では外国籍潜水艦が領海を通過するときは中国政府の許可を得て、海面まで上昇し国旗を掲揚しなければなら...

カナダ・バンクーバーのビーチ(Jonrawlinson/Creative Commons)
2011.03.10
中国人留学生の感想 「カナダに住むと穏やかになる」

 【大紀元日本3月10日】カナダに来て3年が経った。この3年間で見聞きしたことを書きたいと思う。 カナダは資源が豊かな国で、特にバンクーバーに生活しているとそう感...

中国では高齢者世帯の増加が深刻な問題となっている。写真は正月前に故郷に帰省する人々(AFP)
2011.01.10
親孝行を法令で義務づけか 高齢者世帯対策で=中国

 【大紀元日本1月10日】深刻な高齢化社会が進む中国では、高齢者だけの世帯が増え続け、当局は関連法案の制定を検討している。「家族は精神・経済面で高齢者の孤立を無視...

法律制定日のキャンペーン活動に参加するために、直訴者3千人が12月4日、中央ラジオ放送局に集った。当局は少なくとも10台の大型バスに直訴者を押し込み、馬家楼収容センターに連衡した(大紀元)
2007.12.07
北京:3千人直訴者強制連行、法律制定日の意義問われる

 【大紀元日本12月7日】中国中央政府が定めた「法律制定宣伝日(以下、法宣日)」の12月4日に、キャンペーン活動に参加するために、早朝7時より、北京から200人あ...

2007.09.15
中国労働者搾取でディズニー社の責任を指摘=香港

 【大紀元日本9月15日】中国の労働問題で企業の社会的責任を求める学生と研究者の団体SACOMは、9月12日に、ディズニーランドへ商品を提供する製造元が、中国労働...

シンポジウムに出席した彭明敏教授(右)(大紀元)
2007.07.19
台湾著名法律家、全世界人権聖火リレーを支持表明

 【大紀元日本7月19日】台湾の著名国際法律家・彭明敏教授は7月12日、台湾駐欧州連合の代表事務局が主宰するシンポジウムに参加する際に、欧州の国々に対し、台湾の民...

中国人権(HRIC)に掲載されたレポート
2007.06.13
中国国家機密保護規定は、国際社会への裏切り=海外人権団体

 【大紀元日本6月13日】ニューヨークに本部を置く人権団体「中国人権(HRIC)」は6月12日に、中国政府が国家機密に対して全面的に範囲の画定および保護しようとす...

2005.08.17
中国最高人民法院:立ち退きの訴訟を今後受理せず

 【大紀元日本8月17日】中国最高人民法院(最高裁に当たる)は先日、8月中旬から全国の裁判所は立ち退きを巡る民事訴訟を受理しない方針を発表した。当事者は今後、『立...

IDC社上席副社長のフィリップ・ド・マルシラ氏は、演説の中で中国とインドへの投資は高いリスク要因が11項目もあると表した。(大紀元)
2005.05.20
IDC社:11項目にわたる中国とインドへの投資リスク

【大紀元日本5月20日】世界的なテクノロジー調査機関であるIDC (インターナショナル・データ・コーポレーション)社の国際事務部門上席副社長のフィリップ・ド・マル...

2005.03.24
中国弁護士たちの境遇がとても苦しい

【大紀元3月4日ニュース】中国政府は一貫して海外に対し法に従って国を治めると明言してきた、しかし伝えられるところによると今回の人民大会、政協“両会”の前、上海司法...

^