大紀元時報
トップ 法輪功
法輪功
2016年、オーストリアのウィーンで、法輪功学習者は反迫害パレードを行う(GettyImages)
2019.06.01
法輪功弾圧の関与者の訪米を制限、リスト作成に着手=米国務省

米国務省は、信仰者に対する迫害に関わった人物に対して、訪米ビザの審査を厳格化する方針だ。在米の法輪功学習者はこのほど、国務省職員から、法輪功に対する弾圧の関与者情...

1999年7月、米カリフォルニア州で屋外での法輪功の気功動作を実践する人々(Getty Images)
2019.05.28
北朝鮮で法輪功が流行「干ばつに降る雨」=報道

世界100カ国以上に広がりを見せている伝統気功法・法輪功は、極端に孤立した全体主義国家・北朝鮮にも伝わっている。ラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた北朝鮮の情...

ひん死の状態でも、ベッドと足を鎖で縛られる法輪功学習者(于溟さん撮影)
2019.05.23
息絶え絶えの男性、顔に大やけどの女性 法輪功迫害の内部映像を公開=米FOXニュース

米大手メディアネットワークFOXの地方支局「FOX11ロサンゼルス」は5月20日、中国国内における法輪功学習者に対する人道犯罪の詳細を報道した。番組は、厳格な情報...

台北市の中正紀念堂の「自由広場」で2018年11月24日、5400人の法輪功学習者が英語版『転法輪』書籍の人文字を表現した(大紀元)
2019.05.21
奇跡の本

この本は発表されてから24年の間に、40数種類の言語に翻訳され、1億人とも言われる読者を持っており、全世界の110以上の国と地域に伝えられ、中国の文明史上、最も多...

世界各国から集まった約1万人の法輪功学習者は16日、米ニューヨーク市で「世界法輪大法デー」を祝賀するイベントに参加した(Edward Dye/The Epoch Times)
2019.05.17
米NYで「世界法輪大法デー」イベント開催、世界各国から約1万人参加

世界数十カ国から集まった約1万人の法輪功学習者は現地時間5月16日、米ニューヨーク市中心街で第20回「世界法輪大法日」を祝賀する大規模なイベントとパレードに参加し...

ベルギー連邦議会は25日、中国の臓器狩りをめぐる刑法修正案を全会一致で可決した(大紀元時報ベルギー支社)
2019.04.26
ベルギー刑法改正 臓器売買に最高20年 臓器狩り被害を念頭に

ベルギー連邦議会は25日、刑法修正案を全会一致で可決した。臓器売買に関与する医療機関関係者に対して最高20年間の禁固刑を言い渡すなど、臓器売買で莫大な利益を得る個...

中国出身で日本国籍の男性は25日、香港入境を拒まれ、日本へ送還された。香港で開かれる、法輪功反迫害パレードに参加予定だった(大紀元)
2019.04.26
日本国籍の男性、香港空港で水際送還 法輪功反迫害パレードに参加予定

香港入境管理局は25日、中国出身で日本国籍の男性(39)の入境を拒否した。理由は明らかにされていない。

日本各地に住む法輪功学習者は20日、東京都の浅草で20年前中国北京で起きた「4.25陳情」を記念する集会とパレード進行を行った(盧勇/大紀元)
2019.04.23
「4.25平和陳情」20周年、法輪功学習者が浅草で記念集会

日本全国各地に住む中国伝統気功、法輪功の学習者は20日、東京都の浅草で20年前中国北京で起きた「4.25陳情」を記念する集会とパレード進行を行った。学習者は沿道の...

イラン出身の会社役員の女性は、法輪功の迫害による被害者で孤児となった子どもたちを支援するために、自転車旅行に参加しているという(NTD)
2019.04.16
イラン人女性、SNSで法輪功迫害による孤児を支援 自転車の旅に参加

イラン出身で現在ドバイ在住の企業マーケティング担当役員ガザル・タバナイさんは、信仰の自由を伝える旅『Ride to Freedom』キャンペーンに参加しています。...

2010年台湾の法輪功学習者5000人が台北市の中正紀念堂前で、「真・善・忍」などの人文字を作った(宋碧龍/大紀元)
2019.04.13
昨年4848人の法輪功学習者が不当拘束された

中国当局による伝統気功グループ、法輪功への弾圧を伝える情報サイト「明慧網」は今年1月、2018年中国国内法輪功学習者の迫害状況をまとめた統計を発表した。

「東洋文化に触れ 心の安らぎと知恵を」ギタリスト ネマニア・リビックさん(スクリーンショット)
2019.04.11
「東洋文化に触れ 心の安らぎと知恵を」ギタリスト ネマニア・リビックさん

東洋の美しい旋律は流れるような音色でとても心に響き渡ります。若いころから、東洋の音楽を聴くたびに心に響くものがありました。

チェコ上院議会は、中国共産党政権による人権侵害を批判する法案を可決した(明慧ネット)
2019.04.01
チェコ議会、中国人権侵害を非難する法案通過「中共内政で外交も予想できる」

チェコでは最近、中国共産党政権の非人道性や台湾政策を批判する動きが台頭している。上院議会は3月20日、当局による人権弾圧を批判する決議案131号を可決した。また同...

米ワシントンの記者クラブで2015年12月、ミスワールド決勝に出場できなかった経緯について説明するアナスタシア・リンさん(TheBleedingEdgeMovie.com)
2019.03.12
「もし私が肌を露わにしたら…」ミスカナダの美女、ビキニ審査を拒んだわけ

国連は毎年3月8日を国際女性デーとして世界で女性を巡る権利問題について取り上げています。ミス・ワールド世界大会は、国を代表する美女がその技能や知恵を「価値ある美」...

2019年1月27日、米ロサンゼルス空港に到着した中国人の法輪功学習者于溟さんと出迎えに来た家族(林驍然/大紀元)
2019.03.11
「法輪功弾圧がまだ続いている」中国人亡命者が米国会で発言

「中国の労働教養所で6、7人の警察官が、私の衣服を脱がし、縄で私の身体を縛った後に、30万ボルトの高圧電気棒を使って私の体を感電させた」

NTDTV
2019.03.07
メキシコ便り
モンテッソーリ学校の『心の授業』今一番大切な心の教育

座禅はあらゆる年代の人々に非常に効果的です。もちろん子供たちにとっても効果的です。メキシコにあるモンテッソーリ学校の校長先生は、週一回の「平和教室」という授業で、...

NTDTV
2019.03.04
中国で不当に扱われた人々のために戦ってきた人権弁護士 7年間不当に迫害

中国は言論や集会 信仰の自由を認めてはいるのですが、現実では国民はそういった自由は許されず、裁判所でもそういった自由を認めていません。

2月18日、半年間拘束されている法輪功信仰者の早期釈放を求める住民205人分の指印(明慧ネット)
2019.02.27
「法輪功学習者をすぐ釈放して」住民205人が指印付き嘆願書を裁判所に提出

中国山東省青島市膠州市のある村で、法輪功を学んでいたことを理由に夫婦2人が公安当局に拘束された。村民と家族は、2人には罪はなく拘束される理由はないとして、2月18...

2017年8月、北京で開かれた国際書籍展示会の様子(GREG BAKER/AFP/Getty Images)
2019.02.26
「毛沢東、尖閣諸島、法輪功が禁止用語」中国共産党、海外出版社にも自己検閲要求 

中国の印刷企業に書籍の印刷を注文したオーストラリア企業が、中国共産党宣伝部の定めた出版物の検閲用語一覧を受け取り、「自己検閲」を要求されていたことが分かった。対外...

台湾順豊エクスプレスの配達車(Solomon203/Wikimedia Commons)
2019.02.20
台湾物流企業、十字架や反共産党書籍の香港輸送を禁止 「共産党の恐怖政治が浸透」

中国資本で台湾で業務を展開している物流民間企業「順豊」エクスプレスは、中国で出版禁止となった書籍の台湾〜香港間の輸送を禁止している、と香港作家の梁文道氏は今年1月...

2010年台湾の法輪功学習者5000人が台北市の中正記念堂前で、「真・善・忍」などの人文字を作った(宋碧龍/大紀元)
2019.02.15
中国、元副市長を一時拘束、法輪功資料の配布で

中国河南省鞏義市の王香典・元副市長(68)はこのほど、中国当局に弾圧されている伝統気功、法輪功の資料を街で市民に配布したため、市警察当局に2回連行された。

すっかり元気を取り戻したクリストファーさん
2019.02.13
うつ病から脱出した英国青年

イングランド北東部のニューカッスル市に住むクリストファーさんは、政府機関の生活福祉部門で電話相談を担当していた。毎日、電話で不満や叱責を聞き、問い詰められて強いス...

中国当局が、拘禁中の女性法輪功学習者の下腹部を踏みつける拷問を行っている(明慧網より)
2019.02.12
中国当局による法輪功学習者への迫害(3)狂気の性的虐待

中国当局は1999年、法輪功学習者に対する弾圧政策を始めた。学習者に法輪功を放棄させるため、当局はさまざまな拷問を用いた。なかには、凄惨な性暴力を受けた法輪功学習...

2月4日、神韻福岡公演を鑑賞した冨森一義さん(余鋼/大紀元)
2019.02.07
現代の中国とは全く違うすばらしい文化 神韻福岡公演

しなやかで力強い洗練された舞踊、鮮やかな色彩に目を奪われる美しい衣装、新しい響きなのにどこか懐かしい音楽。中国伝統文化の素晴らしさを伝え全世界で絶賛される神韻公演...

(NTD Inspired)
2019.01.26
奇跡的に治った子どもの不眠症
子どもの不眠症から解放された母親の体験談

スウェーデン在住のエバ・サガフォースさん(Eve Sagerfors)は、娘のマルバちゃん(Malva、10歳)の不眠に長年悩まされてきました。他の兄弟はすぐに眠...

中国当局は、法輪功の修煉を止めさせる目的で、男性と女性の学習者に対して惨い性的暴行を実施している(明慧網より)
2019.01.15
中国当局による法輪功学習者への迫害(1)集団レイプ

「4、5人の男性囚人は私をベッドの上に放り投げ、そのうちの一人は私の顔と頭を殴り始めた。私の記憶はここで止まった。気が付くと、私の横に男3人が横たわっていた。私は...

2019年を迎えた中国ではこのほど、「逢九必乱(末尾に9が付く年は必ず波乱する)」との論調が広がっている(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2019.01.09
「9が付く年に中国社会が波乱」 今年はジンクスから逃れられるか

2019年を迎えた中国ではこのほど、「逢九必乱(末尾に9が付く年は必ず波乱する)」との論調が広がっている。中国当局は、国内において経済減速、失業者増加、社会不安拡...

臓器摘出・売買を撲滅するための法案をカナダ議会に提出したガーネット・ジェニュイス下院議員は11月20日に行われた記者会見で発言した(任僑生/大紀元)
2018.12.14
「国民を犯罪に加担させない」カナダ下院、臓器狩り撲滅の法案を審議 

カナダ議会では10日、強制臓器摘出・臓器売買の撲滅を目的にする刑法改正法と人身売買難民法の法案である「S-240法案」第二読会の第2回審議が行われた。同法案は10...

11月末アルゼンチンで開催されたG20では、現地の法輪功学習者が中国首脳に対して中国国内での弾圧を中止するよう呼び掛けた際、中国大使館に集められた人に囲み込まれた(スクリーンショット
2018.12.06
G20、アルゼンチン警察当局が法輪功学習者を一時拘束 中国大使館の指示か

中国伝統気功の法輪功を学ぶアルゼンチン人学習者は11月29日、同国首都ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議への出席のために同国を訪れた中国の...

2018年1月、取材を受けたマッシモ・イントロヴィーネ氏(新唐人テレビより)
2018.12.04
【動画】海外メディア、中国当局の機密文書を入手 「法輪功弾圧強化と指示」

米政府と国際社会はこのほど、中国当局に対して、伝統気功グループ、法輪功愛好者への弾圧を中止するよう求めている。しかし、海外メディアが入手した中国遼寧省当局の内部機...

米国務省(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2018.11.30
中国黒龍江省で法輪功学習者を一斉拘束、米国務省「弾圧を中止せよ」

中国東北部の黒龍江省ハルビン市と大慶市当局は9日、地元の法輪功学習者に対して一斉拘束を行い、119人の愛好者を連行した。米国務省は中国当局に対して、法輪功愛好者へ...

^