大紀元時報
トップ 法輪功
法輪功
6月9~10日にかけて中国山東省青島市で上海協力機構(SCO)首脳会談が行われた。期間中、青島市内では厳しい厳戒態勢がしかれた。写真は、市地下鉄車両内に警戒に当たっている警察ら(情報提供者より)
2018.06.11
上海協力機構サミット、山東省で156人の法輪功学習者が連行される

中国東部・山東省青島市では9~10日にかけて、上海協力機構(SCO)首脳会議(サミット)が開かれた。SCOは中国、ロシアと中央アジア等6カ国で構成される。同サミッ...

四川省カンゼ・チベット族自治州にある仏教学校で合掌する若い仏僧(China Photos/Getty Images)
2018.05.30
中国に多数の信仰の侵害が起きている=米国年次レポート

国務省は5月29日、世界の信教の自由に関する年次レポートを発表した。マイク・ポンペオ国務長官は合わせて会見を開き、米国政府は、世界の信仰の自由への侵害に関する問題...

衆議院議員会館前で迫害制止を呼びかける学習者たち(明慧ネット)
2018.05.24
非人道犯罪
李首相の訪日、霞が関で法輪功迫害停止呼びかけ

中国大陸で共産党政府に弾圧されている法輪功学習者たちは東京・霞が関で5月9日、迫害停止のメッセージを記した横断幕を掲げ、日中首脳会談のために訪日していた中国李克強...

(NTD Inspired)
2018.05.09
買ったばかりだけど…
カバンに心の痛むような手紙が

世界中に溢れるメイド・イン・チャイナの製品を、当たり前のように享受する私たち。しかし、思わぬきっかけで、大国の裏に潜む闇に触れることがあります。

中国当局は7日、「重大な規律違反」の疑いがあるとして、財政部の張少春・前部長に対して取り調べを行っていると発表した(大紀元資料室)
2018.05.08
中国、財政部次官が失脚「重大な紀律違反」

中国当局は7日、張少春・前財政部(財務省)副部長(60)に関して、「重大な規律違反」の疑いがあるとして、「規律審査と取り調べを行っている」と発表した。3月に新たに...

スウェーデンの企業家Zoupounidisさん(本人提供)
2018.05.05
ある企業家の心得 

「会社は金儲けのためではない」 こう話すのはスウェーデンの企業家Zoupounidisさん。彼はギリシャからの移民です。東西文化の薫陶を受けてきました。神や...

法輪大法を修煉してから心の安らぎを取り戻したマリタさん(明慧ネット)
2018.04.28
修煉をはじめてからのマリタさんの変化

マリタさんはこう言います。「夫は気ままなところがあり、以前なら、私はきっと彼と喧嘩になったでしょう。夫は私の事を偏執的で、絶対に譲らない性格だと言っていました。し...

海外メディアは、法輪功学習者と朱首相の間の対応に、大変驚いた。そして中共政権以来初の官民の間の平和な対話として、法輪功学習者の「平和と理性」や、政府の「開明」を賞賛した(明慧ネット)
2018.04.25
なぜ法輪功は迫害されたのか 4.25陳情をふり返る

1999年4月25日、中国の天安門広場で中国の社会を揺さぶる出来事が起きた。一万人を上回る法輪功の愛好者が北京の中南海にある府右街陳情オフィスを訪れ、集団陳情を行...

法輪功愛好者らは15日香港で、19年前北京の政治中枢「中南海」で起きた大規模陳情活動を記念する集会・デモ進行を行った(李逸/大紀元)
2018.04.18
「4.25直訴活動」19周年、香港で大規模な記念イベント

中国当局からの弾圧を受ける気功グループ、法輪功の愛好者たちは15日、1999年4月25日、多くの愛好者が北京にある中国政治中枢の「中南海」で行った陳情活動を記念す...

于宙とバンドのメンバー写真左が于宙(大紀元)
2018.04.11
「私は無罪」北京人気バンド歌手の半生

田舎育ちでありながら、北京大学を卒業した于宙(42)は、ビジネスマンとして財をなし、ミュージシャンとしても活躍した才人でした。しかし2008年、信仰を理由に当局に...

2016年、プラスティネーション開発10年記念展がドイツで開催され、準備される献体の人体標本 (Photo by Michele Tantussi/Getty Images)
2018.04.09
人体標本
大連にあった人体加工工場の元従業員による告白

中国人権問題に詳しいカナダの弁護士デービッド・マタス氏は、2017年プラハでの人体標本展での展示物について「中国人の死体はほとんどが公安、警察当局から供給される」...

(NTD Inspired)
2018.04.05
薬も何もいらない
子供の不眠が治った

長年悩まされていた子供の不眠症から解放された母親の体験談です。

2005年、亡命を申請後シドニーで会見を開く、元中国外交官・陳用林氏(Greg WOOD/AFP/Getty Images)
2018.04.01
中国人留学生スパイの実態=元中国外交官

駐シドニー中国領事館元外交官・陳用林氏よれば、中国の在外公館(大使館・領事館)は、中国人留学生を操りスパイ活動を行わせ、海外の反体制派活動家を監視し、妨害活動を行...

ハーゲンス氏の死体加工場操業風景(Getty Images)
2018.04.01
死体はどこから入手?謎深まる人体標本展=NYT紙

中国大連市には2000年前後、ドイツの解剖学者ギュンター・フォン・ハーゲンス氏などが経営する死体加工場があった。工場で加工された人体の実物標本は、海外の展覧会など...

3月18日、香港の中心街で「中国共産党脱退者3億人突破」を記念するパレートが行われた。多くの香港市民と中国本土観光客に注目された。(大紀元)
2018.03.30
中国共産党組織からの脱退者、3億人を突破

大紀元は2004年11月19日、中国共産党の邪悪な本質を徹底敵に分析した社説「共産党についての九つの評論」(以下は九評)を発表した。これ以降、同社説に多くの中国人...

中国当局が21日発表した政府機構改革計画によると、気功グループ法輪功を弾圧するために創設された「610弁公室)」に関して、今後司法・検察などを主管する「党中央政法委員会」(政法委)と公安部の指導を受ける。(Getty Images)
2018.03.22
中国機構改革、法輪功迫害機関「610弁公室」を格下げ

中国当局は21日、政府機構改革計画の詳細内容を公表した。なかでは、気功グループ、法輪功を弾圧するために1999年に創設された「党中央邪教問題を防止および処理する領...

ロサンゼルス郡ハワイアン・ガーデンズ市は、法輪功学習者に対する強制的な臓器収奪を批判する声明を全会一致で採択したことを発表(大紀元)
2018.03.21
「最悪の大量虐殺」カリフォルニア州の市議会、臓器収奪を批判する声明を採択

米カリフォルニア州ロサンゼルス郡の最小市は最近、世界で最も衝撃的な残虐行為の一つについて関心を高めるため、大きな一歩を踏み出した。

本当の修煉とは?(明慧ネットより)
2018.03.18
医山夜話
違う法門の修煉(1)

ボビーと私は十数年来同じ診療所に勤務し、ほぼ同年齢ということもあって仲良くしています。彼女は心理学科の医者で、時々、私達はお互いに自分が治せない患者の治療で助け合...

Wechatのログの前を歩く市民。写真は2017年8月に撮影したもの。(Richard A. Brooks/AFP/Getty Images)
2018.03.16
中国、SNSでも言論弾圧 投稿した6人の市民が逮捕された

WeChatは中国で最も人気のあるソーシャルメディアプラットフォームの1つで、最新の統計によると、中国国内で5億人近くのユーザーを有している。しかし、その使用者は...

2014年のソチオリンピックの試合に参加するマルティンス・ルベニス選手。(Alex Livesey/Getty Images)
2018.03.10
五輪メダリスト、「悪い考えを捨てて健康になった」

マルティンス・ルベニス(39)は、リトアニアのリュージュ選手です。 数々の国際大会でメダルを獲得しました。厳しい訓練で体は痛められました。「20歳のとき、体の実年...

2013年米国会議員代表団を率い、日本を訪問した米共和党所属のダナ・ローラバッカ―下院議員(AFP PHOTO/POOL/Shuji Kajiyama)
2018.02.22
米知日派議員「中国共産党は世界にとって大きな脅威」=米VOA

米中貿易関係や中国人権問題に精通する米共和党所属の有力政治家、ダナ・ローラバッカ―下院議員はこのほど、ボイス・オブ・アメリカの取材に応じた。過去ロナルド・レーガン...

現在、充実した毎日を送っている王暉蓮さん。(本人提供)
2018.02.20
ある才女に起きた命の奇跡

中国東北師範大学の元教師であった王暉蓮は、修士号の後、学校に留まり、教員になりました。また博士に進学するように考えている若々しい彼女は突然ひどい病気になり、彼女の...

隣人4人が河北省昌黎県の法輪功学習者王紹平さんの釈放を求めた。(大紀元)
2018.02.13
法輪功学習者に相次ぎ無罪判決 昨年で76人

1999年から始まった法輪功学習者を対象とする不当な弾圧で、これまで多くの学習者は有罪判決を下された。しかし昨年では、法輪功学習者は裁判で無罪を勝ち取るケースが相...

1月23日、中国臓器移植の問題について取り組むSMGネットワークの発足会が参議院議員会館で開かれた。マイクを手にするのは、同問題を調査する元カナダ政府アジア太平洋地域担当大臣デービッド・キルガー氏、その右がイスラエルの心臓外科医ジェイコブ・ラヴィ氏、手前は国際人権弁護士デービッド・マタス氏(山田宏参議院議員Twitterより)
2018.01.26
SMGネットワークが発足
非人道性疑われる中国臓器移植ビジネス 日本が係わらないよう呼びかけ 山田宏議員、城内実議員ら

非人道的行為が強く懸念されている中国臓器移植に、日本が係わらないよう問題周知し、国内の臓器移植環境と法整備を働きかける国会議員や地方議員、ジャーナリストらからなる...

『戦慄の臓器狩り』はカナダ元政府高官デービット・キルガ氏と人権弁護士のデービット・マタス氏が共同執筆した、中国当局が主導する気功集団・法輪功愛好者への臓器狩りに関する調査報告で、2009年に出版された。(大紀元)
2018.01.18
中国のマリオット傘下ホテル、法輪功迫害暴露の書籍が陳列

米ホテルチェーン大手、マリオット・インターナショナル(以下、マリオット)の中国にある傘下ホテルでこのほど、中国当局が主導する気功集団・法輪功愛好者への臓器狩りに関...

(NTD Inspired)
2018.01.17
体験談
手術も薬もいらず 修煉して喉のガンが消えた

昔から言われている「病は気から」という言葉を信じている人はどれくらいいるでしょうか?修煉の本に従って心を修め、気功で身体を鍛錬した女性のガンが消失しました。西洋医...

米ワシントンで開かれた法輪功迫害停止の集会に母親とともに参加する徐鑫洋さん(明慧ネット)
2018.01.09
中国のある16歳の少女の生い立ち

18年間続いた法輪功学習者への迫害。その家族も計り知れない辛酸をなめている。遼寧省の法輪功学習者徐大為さんの娘さんもその一人。わずか16歳だが、父の死、母との離れ...

スロバキア国会議員39名が習近平氏に書簡を送り法輪功学習者への迫害を止めるよう求めた。
2018.01.03
「法輪功学習者への迫害停止を」スロバキア国会議員39人が習近平氏に書簡

中欧・スロバキア共和国の国会議員39名が習近平氏に書簡を送付、法輪功学習者やチベット・ウイグル人等に対する弾圧を停止するよう求めた。議員諸氏は4つの党派からなり、...

長年小児麻痺に苦しんでいた台湾高雄の法輪功学習者、陳建銘さん(右)と妻の許美恵さん(左)
2017.12.21
気功
小児麻痺の患者 健康に回復した実例

台湾南部、高雄に住む陳建銘さん(47歳)は幼少期に小児麻痺に罹り、数十年もの間、病苦と戦ってきました。しかし現在は、完全に病から抜け出して健康な生活を送っています...

2017.12.18
米政府、法輪功迫害の関与者名簿を収集中=台湾学者

米国務省関係者がこのほど、同省はトランプ大統領の命令で世界各国の人権侵害者を調査していると話した。中では、特には中国の伝統気功、法輪功の愛好者に対する生体臓器摘出...

^