大紀元時報
トップ 物語
物語
話題になった「片方の靴」(スクリーンショット)
2020.05.21
小さな友情
【動画】「片方の靴」受賞映画 意外な結末に

ルクソール・エジプト・ヨーロッパ映画祭2014(Luxor Egyptian and European Film Festivalf)で銀賞を受賞した短編映画「も...

(Sean Gallup/Getty Images)
2020.04.19
幼児の言葉の能力を引き出す 物語りやゲーム

オオカミ少女の話を知っていますか?1920年代、インドのベンガル地方でオオカミに育てられた少女の話です。彼女は7歳で保護され、その後、人間として10年間かけて再教...

(Project Gutenberg/ウィキペデアより)
2020.04.19
嫦娥が月に行った本当のわけ

中国古代から伝わる「嫦娥、月にのぼる」という物語をご存じだろうか?前漢の頃に編纂された『淮南子』(えなんじ)に記され、月見の由来であるともいわれている。仲の良い夫...

Marcalandavis/Creative Commmons
2020.04.18
曽子が豚を殺す
古人が言う 子どもを騙しちゃいけないわけとは

どんな時でも子供を騙してはならない。親は、子供の一番身近にいる手本であり、親の一つ一つの言動が子供に大きな影響を与え、子供はそれをまねようとする。だから、親は、子...

(thisisbossi/ Creative Commons)
2020.04.18
生命にとって一番重要なのは?

にぎやかな町を歩いている時、ふと寂しさを感じたことがありますか? 家族と遠く離れ、友人もいない日々に、孤独や無力感を味わったことがありますか?生命にとって何が大切...

Salimfadhley/Creative Commons
2020.04.15
与える人と与えられる人

世の中には、富を持てる人と持てない人がいます。どちらの側に生まれても、人に与えるという事は思ったより難しくありません。たとえ施すほどのお金や知識がなくても、ちょっ...

GettyImages
2020.04.03
言葉による傷は永遠に治らない【子どもの教育に役立つ物語】

子供のいじめ、自殺、暴力・・・昨今、心の痛むニュースが後を絶たない。生まれてきた時は、誰もが純粋で善良だったはずなのに、何が子供たちを悪へと走らせるのか。人生には...

GettyImages
2020.03.23
昼には召使い、夜には金持ち

昔、周国に尹と言う大金持ちがいた。彼の家には何百人もの召使いがおり、彼らは朝から晩まで働き、休みはなかった。その中の一人の年老いた召使いは、毎晩同じ夢を見ていた。...

GettyImages
2020.03.23
年をとって醜い人を妻にしている理由

晏子(あんし)は、春秋戦国時代の斉国の賢明な宰相であった。斉の国王・景公の愛娘が晏子に嫁ぐことを望んだことから、景公は晏子の家に出向いた。二人が酒を飲んでいるとき...

GettyImages
2020.03.09
夫の仇 消えた憎しみ

瓊(ケイ)はその人(良)を憎んでいる。5歳の息子にも「あの人のことを決して忘れてはだめよ。あの人は私たちの仇なの」と言った。良のせいで瓊は夫を失い、5歳の息子は父...

(Illustration - Shutterstock)
2019.10.20
たった1人で飛行機に乗り込んだ5歳の女の子 思いがけない友達

人の役に立つためにお金やプレゼントを差し出す必要はない。人を思いやり相手のために時間を使うことが、思わぬかたちで誰かの1日を明るく照らすこともある。つまるところ、...

(Illustration - Shutterstock)
2019.09.20
8歳の少年が父からお金を借りた驚きの理由!

ここでは何年間かオンライン上で拡散している感動的な物語を紹介する。この物語で全ての親に「子どもは何も必要としない。必要なのは親と過ごす時間である」ということを思い...

パブリック・ドメイン
2019.08.16
『竹取物語』に秘められた謎(一)

『竹取物語』は、『源氏物語』の絵合の巻に於いて「物語の出で来はじめの祖」と評され、日本最古の物語とされています。伝承された説話をもとに10世紀中頃までに成立し、作...

Shutterstock
2019.08.13
「しゃべる」ご飯粒が少女に伝えたいこと「食べ物を粗末にしないで」

賢明な教えでは読者のみなさんにとって有益な教訓をご紹介しています。どうぞこの物語をお楽しみください。動物の鳴き声には慣れている私たちも、野菜や植物が音を発すること...

(Photo by Hulton Archive/Getty Images)
2019.02.28
親不孝の報いで、ロバと化す

周抜は明代の浙江省平陽県の人で、幼いときから神童ともてはやされた。彼は、一度目を通した書物はすべて覚えることができ、7歳にして詩を詠み文を作ることができた。16歳...

GettyImages
2019.02.23
夫の仇 消えた憎しみ

瓊(ケイ)はその人(良)を憎んでいる。5歳の息子にも「あの人のことを決して忘れてはだめよ。あの人は私たちの仇なの」と言った。良のせいで瓊は夫を失い、5歳の息子は父...

GettyImages
2019.02.15
年をとって醜い人を妻にしている理由

晏子(あんし)は、春秋戦国時代の斉国の賢明な宰相であった。斉の国王・景公の愛娘が晏子に嫁ぐことを望んだことから、景公は晏子の家に出向いた。二人が酒を飲んでいるとき...

GettyImages
2019.02.09
昼には召使い、夜には金持ち

昔、周国に尹と言う大金持ちがいた。彼の家には何百人もの召使いがおり、彼らは朝から晩まで働き、休みはなかった。その中の一人の年老いた召使いは、毎晩同じ夢を見ていた。...

GettyImages
2019.02.08
【子どもの教育に役立つ物語】改心のチャンスを与えよう

古代中国では身を修めることが重んじられ、子どもへの教育は、人格を磨き、訓練することが重要視されていた。それに関連する逸話や物語はたくさん伝えられており、現代人にと...

GettyImages
2019.02.07
【子どもの教育に役立つ物語】言葉による傷は永遠に治らない

子供のいじめ、自殺、暴力・・・昨今、心の痛むニュースが後を絶たない。生まれてきた時は、誰もが純粋で善良だったはずなのに、何が子供たちを悪へと走らせるのか。人生には...

Marcalandavis/Creative Commmons
2019.01.18
曽子が豚を殺す
古人が言う 子どもを騙しちゃいけないわけとは

どんな時でも子供を騙してはならない。親は、子供の一番身近にいる手本であり、親の一つ一つの言動が子供に大きな影響を与え、子供はそれをまねようとする。だから、親は、子...

(Beach, past & present/Flickr)
2017.01.31
イスラエル昔話
自己中心の大金持ち 最後はどうなったか?

イスラエルのお話です。昔々あるところに、きれいな庭園に囲まれた豪邸を持つ大金持ちがいました。庭園をもっと美しくしようと、金持ちは使用人たちに土の中からいらない石を...

(Epoch Times)
2017.01.11
【物語】舜(しゅん)の親孝行

中国の古代、舜(しゅん)というとても賢明な王様がいました。舜は幼い頃から、大変な親孝行であることで知られています。

(pfly/Creative Commons)
2010.11.22
子供の教育に役立つ 心に残る9つの物語 (下) 

 【大紀元日本11月22日】子供のいじめ、自殺、暴力・・・昨今、心の痛むニュースが後を絶たない。生まれてきた時は、誰もが純粋で善良だったはずなのに、何が子供たちを...

(Ha-Wee/Creative Commons)
2010.11.19
子供の教育に役立つ 心に残る9つの物語 (中)

 【大紀元日本11月19日】古代中国では身を修めることが重んじられ、子どもへの教育は、人格を磨き、訓練することが重要視されていた。それに関連する逸話や物語はたくさ...

2008.06.11
【ショートストーリー】片腕の乞食

 【大紀元日本6月11日】腕が片方しかない乞食が、修道院にやってきて物乞いをしていた。それを見た修道僧は、門のところに積んであるレンガの山を指差して、「あれを裏門...

観音菩薩と赤い目の石獅子(イラスト=王延英)
2008.04.07
【神話伝説】赤い目の石獅子

 【大紀元日本4月7日】歴史上には多くの真実の物語が伝わっており、神の啓示を実証していた。現代人は、それらを神話と呼んでいる。 大昔、ある村では道徳が廃れてしまい...

2008.03.09
【ショートストーリー】愛と時間のストーリー

 【大紀元日本3月9日】昔あるところに、小さな島がありました。そこには、「快楽」「悲哀」「知識」「愛」、その他様々な「感情」たちが住んでいました。 ある日、それら...

2007.08.04
【ショートストーリー】樹の物語

 【大紀元日本8月4日】マリーおばあちゃんはアマチュアの園芸家だ。汗水流して自分の庭を手入れするので、どの草木もそれに応えて、花を咲かせ、果実を実らせてくれる。 ...

2007.07.14
【ショートストーリー】すばらしい先生

 【大紀元日本7月14日】トンプソン先生は、小学五年生の生徒たちの前で嘘をついた。 他のどの先生もが言うように、トンプソン先生は、自分は一人一人の生徒を平等に愛し...

^