大紀元時報
トップ 独裁政権
独裁政権
ポンペオ国務長官は2020年5月7日、ラジオ番組で「今や世界中の人々が、この独裁政権が私たちとは違っていることに気づいたと思います」と発言(Andreas Gora – Pool /Getty Images)
2020.05.11
ポンペオ国務長官、パンデミックで世界が 中国共産主義の脅威に「目を覚ます」

マイク・ポンペオ米国務長官は5月7日、このパンデミックによって、中国の共産政権がもたらす脅威に世界が警戒するようになったと述べた。

相性の良い独裁体制 カンボジア、南部「リゾート開発」を中国軍事利用か(GettyImages)
2020.02.19
中国、カンボジア南部で「リゾート開発」軍事利用の疑念も

カンボジアの南西端では、中国官製企業による大規模な観光都市建設が行われている。しかし、国内でも特に辺境な地域の大規模投資や、長く広い滑走路が増設されていることなど...

大紀元評論を評価する、ウクライナ初代大統領 (新唐人テレビ・スクリーンショット)
2014.12.03
「何百万人もの意見変える」ウクライナ初代大統領、大紀元社説を評価

【大紀元日本12月3日】ソビエト連邦崩壊後、ウクライナの初代大統領に就いたレオニード・クラフチュク氏はこのたび、大紀元社説『中国共産党について九つの評論(原題:九...

ベルリンの壁崩壊20周年記念式典でのドミノ倒し(AFP)
2009.11.11
ベルリンの壁崩壊20年、中国:ばつの悪い当局 自由を熱望する民衆

 【大紀元日本11月11日】20年前に共産体制が欧州で終結し、欧州統一をもたらしたベルリンの壁の崩壊記念日の9日、自由世界各国の首脳と民衆がベルリンの中心にあるブ...

3月12日、シドニーで開かれた「九評」シンポジウム(大紀元)
2006.03.14
「九評」シンポジウム:蘇家屯・臓器売買事件の信憑性について(1)

 【大紀元日本3月14日】オーストラリア大紀元時報は3月11日、シドニーで「九評(共産党についての九つの論評)」シンポジウムを開催した。参加者らは、最近暴露された...

逃亡した元中国外交官・陳用林氏、7月21日の米議会で証言
2005.07.27
陳用林氏、米国議会で中共の法輪功に対する迫害を告発

 【大紀元日本7月27日】前シドニー領事館の外交官・陳用林氏は7月21日、米議会で中国による海外における法輪功への迫害、逃亡の経歴及び西洋諸国の中国との貿易問題に...

中国の自由主義法律学者・袁紅氷教授と通訳の宋凱氏(左)
2005.05.15
袁紅氷教授、オーストラリアでのフォーラムで中国の現状について講演

 【大紀元日本5月15日】5月11日ニューサウスウェールズ州の人権協会の招きで、オーストラリア亡命中の中国の自由主義法律学者・袁紅氷教授がメイン講演者として、同協...

^