大紀元時報
トップ 生物
生物
Shutterstock
2020.04.05
海岸に打ち上げられた海獣、実在する「ネバーエンデイングストーリー」?

海は地球の表面の70パーセントを覆っているが、紺碧の海の中に生存する無数の海洋生物のことは未だほとんど分かっていない。そこで、巨大な「毛むくじゃら」の海洋生物の死...

pixabay
2019.11.15
ダーウィン進化論 生物学の帝国主義?

「私の宗教とは、ひ弱で、薄弱な心を持つ私たちが知覚することのできる部分に、彼自身の、ほんのわずかな細部を見せてくれる無限で最高の生命に対し、謙虚に感嘆せずにはいら...

(Illustration - Shutterstock)
2019.10.30
有名な科学者はわれわれが死ぬことはないと語る それでは「死は幻想」なのか?

愛する人を失ったときそれは真実のように思われるが、彼らが実は死んでいないとしたらどうだろうか?ある有名な科学者は、身体的な死は生涯の終わりにはほど遠いと考えている...

A stock fishing photo (John Sekutowski/Unsplash)
2019.08.27
女性がニューヨーク州北部で口が二つある奇妙な魚を釣る

ニューヨーク州北部に住むデビー・ゲディーズは、シャンプレーン湖で釣りをしていたとき奇妙な魚を釣り上げました。その魚には口が二つあったのです。

Shutterstock
2019.08.06
海岸に打ち上げられた海獣、実在する「ネバーエンデイングストーリー」?

海は地球の表面の70パーセントを覆っているが、紺碧の海の中に生存する無数の海洋生物のことは未だほとんど分かっていない。そこで、巨大な「毛むくじゃら」の海洋生物の死...

いやされる ふわふわクラゲの青い紅茶(株式会社Village Vanguard Webbed)
2017.06.12
不思議なティータイム
青い紅茶の海にうかぶフワフワくらげ 視覚と味覚でいやされる

ちょっと一息を入れたい時、視覚的にも楽しめる美味しい紅茶はいかが? クラゲが青い海を泳いでいる光景を目の前に再現させることができる、クラゲのティーバッグがついに...

このたびマダガスカル島で発見された新種のヤモリは、捕食者からの攻撃から身を守るためにウロコを脱落させることができるという。その「裸」の姿は生の鶏むね肉のようだ。写真は参考写真、文中の新種ヤモリとは別種(NH53/flickr)
2017.02.09
生物の不思議
【動画】生の鶏むね肉みたいに変身するヤモリ

敵の攻撃から身を守るため、多くの種のトカゲは、再生可能な尻尾を切り落とす方法をとる。しかし、新種のヤモリは、身体のうろこを削ぎ落して逃げるという能力をもっているこ...

氷に覆われた南極大陸の下は色鮮やかな世界だった(Australian Antarctic Divisionのスクリーンショット)
2017.01.15
【動画】氷に覆われた南極大陸 海の中はどんな世界?

南極大陸の下に広がる海の中はどんな様子でしょうか?水温が常に零度以下の、わずかな生物しかいないグレーな世界だと想像されていましたが、オーストラリア南極観測局(Au...

かたつむり、参考写真。記事中の該当種のかたつむりではない(Murray Stevenson/flickr)
2017.01.08
新たな発見
【動画】殻をスイングして敵をおっぱらうカタツムリ=北大など研究

日本とロシアの研究者は、殻をスイングさせて敵に反撃するカタツムリの種を発見した。研究発表は、生物が進化する過程で、捕食者と被食者との関係の重要性を指摘する。

グアム近くの海峡で見つかった白い巨大なイソギンチャク(NOAA)
2016.08.14
海の不思議
【動画】白くて巨大なイソギンチャク

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の探査チームは最近、新しい巨大なイソギンチャクを発見しました。

2008.08.23
顔幅が広い男性は攻撃的=カナダ研究チーム

 【大紀元日本8月23日】カナダオンタリオ州のブロック大学の研究によると、攻撃的な男性かどうかは、その顔の形を見れば一目で分かるという。顔幅が広い男性は、縦長の男...

アルバート・アインシュタイン(Toru Yamanaka/AFP/Getty Images)
2008.03.27
ダーウィン進化論:生物学の帝国主義?

 【大紀元日本3月27日】「私の宗教とは、ひ弱で、薄弱な心を持つ私たちが知覚することのできる部分に、彼自身の、ほんのわずかな細部を見せてくれる無限で最高の生命に対...

2007.10.26
地球温暖化 数百年内に生物の半数絶滅の恐れ

 【大紀元日本10月26日】地球は5億年の間、赤道熱帯の海洋温度が数度上がるたびに、地球は大規模な生物の絶滅に直面してきたことが、化石調査でわかった。そのため科学...

2007.07.06
地球温暖化、冬眠しないヒグマ=中国青蔵高原

中国メディアによると、地球温暖化に伴い、中国青蔵高原のヒグマの冬眠時間が大幅に減少しており、中には冬眠しなくなったものもいるという。ヒグマは冬に食べ物が見つからな...

米中央情報局ポリグラフ(嘘発見器)の専門家バクスター氏は、ポリグラフの実験によって、植物に水を与えると、植物は興奮、嬉しい気持ちになることを証明した(Getty Images)
2007.06.26
植物にも家族意識=英国学士院機関誌

 【大紀元日本6月26日】ここ数十年来、多くの科学者が、植物は感覚を持っているだけではなく、感情・記憶・社交、さらに自己の独特な言語を持っていることを実験で証明し...

(AFPより)
2007.06.17
南極洋深海で700種以上の未知の生物を発見

 【大紀元日本6月17日】中央社5月16日の報道によると、南極洋南方海域ウェッデル海の薄暗い深海に多くの生命が生息していることが確認された。科学者たちが3年の歳月...

ペルーにあるイカ(ICA)ガブレラ博物館に収蔵されたある化石には、望遠鏡を持って天体観測をする人が刻まれていた。しかし鑑定によると、これらの化石の絵は3万年前に刻まれたものであることが分かった。(labyrinthina.com)
2005.10.27
進化論―ひとつの誤った信仰

 【大紀元日本10月27日】1859年、ダーウィンは進化論の学説を公開した。ダーウィンの考えでは、生物は神によって創造されたものではなく、長い年月を経て単純なもの...

^