大紀元時報
トップ
Photo by National Cancer Institute on Unsplash
2020.05.08
早期診断、癌の兆候に注意

多くの癌患者が治療のチャンスを逃すのは、発見が遅れたためである。悪性腫瘍の初期には、何らかの徴候が現れる場合が少なくない。これらの兆候に注意すれば、早期診断、早期...

Photo by Matthew Henry on Unsplash
2020.05.07
≪医山夜話≫ (16)
人生の不運と幸運

私と長年の付き合いがあるルーシーは、少しでも体の調子が悪いと、私の診療所を訪れて漢方の治療を受けていました。彼女の家族も漢方医を信頼していて、どこか調子が悪いとこ...

Pixabay
2020.04.29
病気治療には運気も関わる

現代科学の理論に染まった人々にとって、病気治療と運気の関わりは理解しがたい問題である。病気治療中に発生する良し悪しの結果は、習慣的に偶然のことだと思われる場合が多...

Pixabay
2020.04.27
毎日の化粧で年間2キロの化学物質を体内に吸収

生物化学研究家の警告によると、女性が毎日化粧をすることで、1年間に約2キログラムの化学物質を体内に吸収していることになるという。

Pixabay
2020.04.23
善良も一種の薬

小さい頃の事だ。母と同年代で、周おばさんという隣人がいて、とても優しい人だった。当時、我の家は特殊な身分=「黒戸」(共産政権から批判対象に指定された階級身分)だっ...

(ウィキペディア)
2020.01.16
インド伝統医学・アーユルヴェーダ
若返りに効果 今注目のスーパーハーブ・アシュワガンダ

インドの伝統医学、アーユルヴェーダに使われるハーブ・アシュワガンダ。この脅威的な力を持つハーブが今注目を集めています。

(Photo courtesy of Aime Soon)
2019.12.05
ステージ3の乳がん治療の母親、無事に娘を出産する

2019年10月18日、あるマレーシア女性が発信したSNSの投稿が話題を呼んでいる。エイミー・スーンさん(40)は、ある日、胸のしこりに違和感を覚え、病院で検査を...

Pixabay
2019.08.24
犬が癌を嗅ぎ取る 確実性が高く専門家も注目

アメリカの研究者は、犬の嗅覚受容体は人の1万倍正確であり、人が感知できない匂いや異常も敏感に嗅ぎ取ることができると報告しました。彼らは新しい研究の中で、犬は肺癌を...

KMOV4 / Screenshot
2019.08.08
心温まる…末期ガンの農民のために18台の収穫機が集まった

広大な農地で作物を収穫するのは骨の折れる作業だ。しかしある農民がステージ4の皮膚癌に侵され仕事ができなくなったとき、同じ地域の農民たちは彼の仕事を無償で請け負って...

(Berna Namoglu/Shutterstock)
2019.06.30
癌の痛みを緩和する音楽の力 効果的な聞き方は

音楽を聴くことで癌の痛みを緩和することができるとういのです。疲れや食徳不振、集中力の欠如などの症状にも効果的だということが台湾の研究で分かりました。

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.06.20
がんの治療費っていくらかかるの? 闘うためのがん保険【PR】

がんは三大疾病のうちのひとつで、日本人の死因男女とも1位となっています。

(Flickr)
2018.01.07
医山夜話
彼の病気は本当に治ったのか

数年前、ある末期の肝臓ガン患者が私を訪ねてきました。彼は、大手の病院ではもう治療の施しようがないので、漢方で運試しするしかない、と言いました。彼は顔色が暗く、腹水...

(Uriel Sinai/Getty Images)
2017.11.26
医山夜話
修煉を始め、タバコをやめたカジノのディーラー

ある冬の日の明け方、まだ空が真っ暗な中で、冷たい風に吹かれながら、一人の男性が右手にテープ・レコーダーと座禅用の座布団、左手に法輪功の資料を持って煉功する場所に向...

スモッグを食べるという4800メートルもの超高層ビルが、3Dプリント技術を駆使して建築される。2062年の完成予想図(arconic)
2017.01.15
未来志向
【動画】スモッグを食べて空気浄化!未来型4800メートルの超高層ビルを3Dプリントで建造

2017年を迎えたばかりだけれど、未来志向の建築企業は、すでに2062年のことを語っている。建築企業Arconicは、3Dプリントで建造した建築資材で高さ3マイル...

北京で2016年2月、旧正月の休暇シーズンに雪で遊ぶ女の子(Lintao Zhang/Getty Images)
2017.01.08
「汚い雪で遊ばないで」北京当局が警告

北京では5日、今年初めてとなる降雪が観測された。しかし、気象当局は「非常に汚い」雪であり、室内で過ごすよう市民に警告した。

北京のスモッグを電子顕微鏡で2000倍に拡大すると(北京化工大学)
2017.01.05
大気汚染
北京のスモッグ 電子顕微鏡2000倍で見ると

北京の空に厚く垂れこめるスモッグの正体は何か―。このたび北京の大学が電子顕微鏡でスモッグの粒子を2000倍に拡大したところ、工業で排出されるあらゆる成分が検出され...

Ethan Prater/Flickr
2014.03.25
ガンに対するもう一つの見方

現代では、経済的に発展した国の死亡原因の第一位はガンである。

赤く変色した井戸水(club-china.com)
2013.04.11
河北省ガン村、赤い井戸水 有毒化学物質は基準値の73倍

【大紀元日本4月11日】中国当局は、国内に200カ所以上の「がん村」が存在すると認めている。その中の一つである河北省滄県近郊の村が深刻な水質汚染に見舞われている。...

2012.01.17
咳で癌組織が排出され、そのまま治癒=英国

 【大紀元日本1月17日】先日、咳で体内の癌細胞が排出され、癌が治ってしまったというニュースが伝えられた。 英紙デイリー・メール(ウェブ版)によると、この事が起き...

2011.08.22
六価クロム不法投棄の村 多くの村民がガンで死亡=雲南省

 【大紀元日本8月22日】先日、猛毒六価クロムの不法投棄問題が伝えられた雲南省曲靖市陸良県の興隆村では、近年多くの村民がガンにより死亡している。「ガン村」となった...

気功を子どもに教える母親(longtrekhome/creative common)
2011.04.07
生命の奇跡 ある癌患者の体験

 【大紀元日本4月7日】5千年の歴史が育んだ中国文化の中に、気功がある。ゆっくりとした動作と心の鍛錬を通して心身を浄化し、健康を取り戻す修煉法だ。法輪功という気功...

皮膚がんの細胞(Photo credit should read MAURICIO LIMA/AFP/Getty Images)
2011.01.07
ガン検査に朗報 マイクロチップで血液検査=米研究

 【大紀元日本1月7日】「血液中のガン細胞を見つける」という新たなガン検査用マイクロチップが発明された。10億個の健康な血液細胞の中から、たった一つのガン細胞を見...

煉功している法輪功の修煉者
2007.12.12
現代人の修煉物語 末期肺がんからの生還

 【大紀元日本12月12日】私の父は今年65歳で、数年前に退職した。退職する前は、ある町工場の管理者だった。1994年8月、父は息切れを感じ、歩く力もなくなり、体...

2007.09.18
地球温暖化の緩和には、「肉の摂取量を減らせばいい」

 【大紀元日本9月18日】英国の医学雑誌「ランセット」がホームページに掲載した報告によると、富裕な国の国民が、もし肉の摂取量を毎日1人ハンバーグ1個分に制限すれば...

トライアスロンに挑戦するトムリンソンさん=写真は、2004年8月、イングランド・ドーセットで(Photo by Matt Cardy/Getty Images)
2007.09.09
トライアスロン完走の末期がん慈善活動家死去=英国

 【大紀元日本9月9日】7年前に末期がんと診断されながらも、トライアスロンを完走するなどして話題をよんだイギリスの慈善活動家ジェーン・トムリンソンさんが、3日夜(...

成熟した竜眼
2007.09.06
中国フルーツ「竜眼肉」の健康功能

 【大紀元日本9月6日】中国フルーツの竜眼は、「桂園」「益智」などの別称があり、実が円くて黒く光沢があり、胚珠の突起が白くて、伝説中の「竜」の目に似ていることから...

2007.09.01
【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(6)

 【大紀元日本9月1日】ナンシーの症例は実話である。ナンシーは今でも治療を続けており、結果は未だ不明である。ナンシーのケースから、病気にかかってそれを治療するプロ...

2007.08.16
【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(2)

 【大紀元日本8月16日】「手術を受けている時、私は自分が2人いるような感覚でした。一人は手術台に載せられていて、もう一人の魂は宙に浮いて、手術の工程を見ているの...

2007.08.16
中国陝西省:「癌村」、化学汚染で 村民4割が死亡

 【大紀元日本8月16日】中国陝西省のある山村が「癌村」として中国全土で知られるようになって6年も経つ。研究者が原因を調査し、「解決策」を出したが、地元行政府は「...

2007.08.01
生活環境が発がんの種類に影響=米国癌協会

 【大紀元日本8月1日】米国癌協会がアメリカ在住のアジア系移民を対象に行なった調査研究の最新報告によると、生活環境が発がんの種類に関与していることが明らかとなった...

^