大紀元時報
トップ 皇帝
皇帝
(Illustration - Shutterstock)
2019.08.20
なけなしのお米を「分け与えた」物乞いが「与えられたもの」

人生の教訓となる言葉の数々、それが格言です。「与える心に多くが集まる」「与えることによって与えられる」こんな格言がぴったりの昔話をご紹介させて頂きます。

epochtimes
2019.01.17
神韻へのいざない
誤解4:古代中国は遅れていて、専制的だったのでは?

秦の時代(紀元前221-206年)、皇帝は中国最高の統治者となりました。古代中国の文化には、憲法はありませんでしたが、儒教思想が権力を抑制する役割を果たしました。...

Getty Images
2019.01.14
神韻へのいざない
康熙帝の逸話:若き皇帝とオボイの対決

康熙帝(こうきてい)はかつて「自分はこれまでの統治者のなかで、最長の統治者となるのだろうか」と記しています。 17世紀半ばから、康熙帝は中国を61年間統治しまし...

絵:彭連熙
2019.01.02
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:龍王

龍は、中国の伝説では様々な形や大きさで現れます。慈悲深いものも邪悪なものも存在します。天高くそびえ立つかと思えば、海底深くに潜り込みます。鳳凰や真珠を弄びます。智...

神農(郭詡・画、1503年)
2018.12.31
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:神農

数千年前のこと、王朝もなかった頃の古代中国では、神から文化を授かったと信じられていました。古代中国は半神半人が治めており、そのうちの一人は炎帝と呼ばれました。

すべての物事には因果応報がある。善には善の報いがあり、悪には悪の報いがある(大紀元)
2017.04.13
善果を得るのは?
将軍たちの因果応報

中国の史書には、無実の人を殺戮する武将が応報に遭うという話がたくさん記載されています。『明史』と『史記・李将軍列伝』から抜粋した二つの話をご紹介しましょう。

(Epoch Times)
2017.01.11
【物語】舜(しゅん)の親孝行

中国の古代、舜(しゅん)というとても賢明な王様がいました。舜は幼い頃から、大変な親孝行であることで知られています。

色欲に惑わされず、人に尽くす。徳を積めば、福報を得る(大紀元)
2016.12.26
古代中国の物語
人を助けても見返りを求めなければ、福報を得る

明の時代、太倉州(現在の江蘇省太倉県)の司法官を務める顧佐(グーズオ)は思いやりがあり、正直な人でした。顧氏はかつて菓子店の主人の冤罪を晴らし、助けたことがありま...

湖南省の王さんは、17カ月という長い妊娠期間を過ごしている。18カ月目に入るまでに帝王切開を望んでいる。参考写真(flickr)
2016.08.18
湖南省の女性、妊娠17カ月 医師「まだ成長必要」と帝王切開せず

妊娠期間は、およそ10カ月だ。しかし、湖南省の女性は17カ月目という長期におよんでいる。担当医によると、胎盤はまだ成長するため、帝王切開は提案していない。

2007.12.09
【神伝文化】 謹厳実直の下臣は、国の宝

 【大紀元日本12月9日】下臣は君主の過失を正し諫めるのを己の任とし、主君は虚心にそれを受け入れて心から過ちを正す、これが正常な君臣の関係だ。后魏の大臣・古弼(こ...

^