大紀元時報
トップ 監視
監視
中国共産党文化部の微博(スクリーンショット)
2015.11.02
中国文化部がブログを設立 コメントは30万件の政府不満で埋まる

「検閲は厳しいくせに、問題には責任をもたない」「あれもこれも禁止」―。映画やテレビ、書籍など監視する中国共産党文化部は20日、ミニブログ・微博(ウェイボー)に公式...

9月3日、北京で抗日戦勝記念70周年に軍事パレードが行われた(Eugene Kaspersky/Flickr)
2015.09.14
中国軍事パレード
北朝鮮、中国軍事パレードをテレビで見た市民を逮捕

北朝鮮の消息筋によれば、中国で開かれた軍事パレードをテレビで見るために、国内の受信防止装置を取り外したとして、同国当局は数人の市民を逮捕した。米政府系ラジオ・フリ...

情報員として「活躍」する大媽たち (北京青年報ウェブ版7月12日のスクリーンショット)
2015.07.30
市民監視役「おばちゃん」密告者として活躍

【大紀元日本7月30日】中国の中年女性というと、路肩に座って世間話をしたり、広場で音楽をかけて社交ダンスに興じるような姿が思い浮かべられる。「大媽(ダーマ、おばち...

 (大紀元)
2014.12.17
中国政府、香港民主派へのスパイ活動=ロイター

【大紀元日本12月17日】香港の民主派議員・塗謹申(James To)氏は今年8月、何者かに尾行されていると感じ、警察に通報した。警察当局は迅速に行動し、メルセデ...

 (NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2014.11.19
香港に中国軍の秘密拠点、全域の携帯通信等を監視=カナダ軍事専門誌

【大紀元日本11月19日】カナダ軍事専門誌「漢和ディフェンスレビュー」の最新号は、専門家の調査結果として、香港最高峰の山「大帽山」に中国軍部の秘密拠点が存在し、香...

21日、英国オックスフォード大学で演説した陳光誠氏(大紀元)
2013.05.25
「中国市民は目覚め、共産党は針の筵に座っている」陳光誠氏、英国で演説

【大紀元日本5月25日】中国の盲人・人権弁護士、陳光誠氏が、英国ツアーを終えた。 人権問題に対する努力が讃えられ、英国議会で授賞式に臨み、その後、オックスフォード...

通行人が北京のアップルストア前を横切る(Ed Jones/AFP/Getty Images)
2013.04.05
アップル社製品、共産党の検閲ソフト搭載か 敏感サイト閲覧できず

通行人が北京のアップルストア前を横切る(Ed Jones/AFP/Getty Images)【大紀元日本4月5日】米国ニューヨーク在住のある法輪功学習者は、最近購...

中国国内版Skypeがユーザーを監視(Photo/Justin Sullivan/ Getty Images)
2013.03.14
中国国内版Skype、ユーザーを監視 マイクロソフト黙認か

中国国内版Skypeがユーザーを監視(Photo/Justin Sullivan/ Getty Images)【大紀元日本3月14日】「中国国内版Skypeがユー...

中国の精密で容赦のない電子監視ネットワークの前に、中国に滞在する海外ビジネスマンは、ますます油断できなくなっている(Getty Images)
2011.10.01
中国滞在中、ネットスパイに警戒せよ=米ワシントン・ポスト紙

 【大紀元日本10月1日】中国政府は、厳しい電子監視のネットワークを駆使し、あらゆる隙を突いて情報を窃取しようと躍起になっている。これに対し、中国に滞在する米国の...

2011.08.02
ネット監視ソフト導入義務化 違反なら営業権剥奪も=北京中心部

 【大紀元日本8月2日】中国でインターネット検閲に関する法規が新たに定められた。北京の中心部にある飲食店やホテル、本屋、私立学校など公衆無線LANを利用できる施設...

北京市では、携帯電話を通じて市民の外出情報を監視するシステムの導入を進めている(Getty Images)
2011.03.05
携帯電話で市民の行動を監視 抗議活動を絶つためか

 【大紀元日本3月5日】ネット規制の次は携帯監視か。北京市では、携帯電話を通じて市民の外出情報を監視するシステムの導入実験が行われることになっている。第1期の導入...

2010.07.05
「見通しのきく北京に」 撮影監視体制全市内へ 集団事件抑制の強化

 【大紀元日本7月5日】北京市でこのほど、監視カメラによる撮影範囲を拡大する計画が発表された。画像解析度を向上させるとともに、全市の監視画像情報の完璧化を目指し、...

ドイツ政府は最近、スパイ活動に従事する中国人外交官に対してドイツから追放する対策を講じている。写真は、中国大使館のスタッフが窓越しに、外にいる抗議者の写真を密かに取っているところ(ANTONIO SCORZA/AFP/Getty Images)
2010.06.30
中国が海外で「間諜戦」:外交官二人、ドイツ裁判所にスパイ容疑で取調べ 法輪功監視で

【大紀元日本6月30日】ドイツ最大の週刊誌「デア・シュピーゲル」最新号の記事によると、ドイツ裁判所は最近、中国共産党の二人の高官に対して、現地の法輪功団体を対象と...

ネット監視の裏側を明かす関連報道
2010.06.21
「通報者に秘密の謝礼」 大手ポータル編集長、中国ネット監視の裏側を漏らす

 【大紀元日本6月21日】「ツイッターの内容監視は、非常に頭を悩ませることだ」。6月13日、中国の大手サイト「新浪ネット」の総編集長・陳彤氏は、中国...

中国のネット利用者数は3億3800万人に達し、米国総人口を超え、世界最大規模となった。写真は北京のあるネットカフェ(AFP社)
2009.07.26
中国インターネット利用者、世界最多3億3800万人

 【大紀元日本7月26日】中国インターネット・インフォーメーションセンター(CNNIC)が7月24日に、第24回中国インターネット発展状況統計報告を発表した。報告...

2007.11.08
「国境なき記者団」報告書、中国のネットワーク制御の内部情報明かす

 【大紀元日本11月8日】国境なき記者団(本部・パリ)はこのほど、ホームページで報告書を公表、中国当局によるインターネット監視の内幕を明らかにした。報告書は30数...

高智晟弁護士(AFP)
2007.11.01
高智晟弁護士:強制連行後、初めての音信

 【大紀元日本11月1日】北京人権活動家・胡佳氏は10月28日夜、高智晟弁護士からの電話を受けた。高弁護士は9月22日に警察に強制連行され、所在がわからなくなって...

2006年10月26日、江西省の私立専門学校で抗議運動が発生、大量の武装警察が警察犬を連れ警戒に当たった
2007.08.18
北京市主要大学10校に警察が常駐、監視体制の強化

 【大紀元日本8月18日】北京市公安警察は9月1日から、清華大学や人民大学などの主要大学に警察を駐屯させ、校内で監視カメラを設置、24時間フルタイム交代制の警備を...

2007.08.16
英国=口蹄疫感染区以外も、擬似症例発見

 【大紀元日本8月16日】8月14日、英国首席獣医師・レイノツ氏は、イングランド・ケント州の農家に口蹄疫擬似症例が発見し、現在、調査を進めていることを明らかにした...

「中国当代詩歌論壇」のサイト(RFAより)
2007.07.16
文学サイト「中国当代詩歌論壇」が二度目の閉鎖

 【大紀元日本7月16日】中国当局によるインターネットへの監視は、時事と政治性のサイトに限らない。文学の論壇も最近、再度強制閉鎖されている。プロバイダーによると、...

高智晟弁護士の自宅前で監視する警察車両(大紀元)
2006.07.31
高智晟弁護士、自宅前で警察から暴行受ける

 【大紀元日本7月31日】7月30日午後10時、北京の人権弁護士・高智晟氏は、自宅前で同氏を監視している警察車両のエンジン騒音について付近住民の苦情を伝え抗議した...

中国では携帯電話も監視される(AFP/Getty Images)
2005.12.10
中国:全国で2800箇所、携帯電話の発信電波を監視

 【大紀元日本12月10日】北京政府は12月6日、すでに全国3億8300万個の携帯電話の発信電波に対して監視を実行したと発表した。携帯電話による詐欺事件および不健...

2005.10.12
中国:情報管制、携帯通信ネットワークも

 【大紀元日本10月12日】中国国務院新聞弁公室・情報産業部は9月末に国内インターネットの情報管制を強化させるため、新たなインターネット新聞情報サービス管理規定を...

2005.09.16
中国ネット事情:アクセス不能の語彙千件以上

 【大紀元日本9月16日】中国大陸ではインターネット上に規制があり、特定の語彙がアクセス不能になっている。2004年8月、大陸のハッカーがQQネットで調べたところ...

2005.09.16
中国ネット事情:徹底した言論・報道統制、背景に大手ネット関連会社の協力

 【大紀元日本9月16日】中央社AFP電によると、北京在住の翻訳家・劉狄氏(24歳)は2002年末、中国政府が報道・言論の自由を保障していない旨の批判文書をネット...

2005.08.19
北京 炭疽病の大規模感染の発生を否定

 【大紀元日本8月19日】中国衛生部は17日、中国において炭疽病の感染が全国的に発生しているとの情報を否定し、衛生部は、炭疽病を単なる通常の伝染病の一つと見なして...

2005.07.12
「動向」誌:胡錦濤氏、「花の革命」防止に全力

 【大紀元日本7月12日】中央アジアで本年相次いで起きた「花の革命」(注1)は、中国国家主席・胡錦濤氏に大きな驚きと恐れをもたらした。5月下旬、胡氏は内部会議で「...

2005.06.21
何清漣:外資は中国に何をもたらしたか?

 【大紀元日本6月21日】1979年に中国が対外開放政策を実施して以来、26年が経過した。2004年の国連貿易・経済発展会議において発表された「世界投資報告」が明...

2005.04.17
中国共産党、インターネット封鎖に60億人民元

【人民報ニュース】(大紀元記者楊可4月14日報道)大紀元ポータルネットニュース編集責任者黄麗如さんによると、中国共産党がインターネットを検閲するため、少なくとも人...

^