大紀元時報
トップ 研究
研究
Photo by Johannes Plenio on Unsplash
2020.05.23
進化論 三大証拠の破滅

難しい専門用語を避け、進化論を巨視的に考え、興味の持てる論理分析からでも、進化論の証明を否定することができる。

減量プログラムに参加する子どもたち=2007年7月、江蘇省南京で(Photo by China Photos/Getty Images)
2020.04.27
医学研究:肥満症は「伝染」する?

【大紀元日本7月29日】「朱に交われば赤くなる」と言われたように、肥満症も「伝染」するらしい。『ニューイングランド医学雑誌』最新号に掲載された研究報告は、もし身辺...

clipart.com
2020.04.24
匂いは人に対する好感度に強く影響

米ノースウェスタン大学の研究者は、実験結果を踏まえて、匂いが心理的好感度に強く影響しており、特に初対面の場合は、匂いが相手に対する第一印象をかなり左右していると指...

Pixabay
2020.04.24
厳しい母親の子供は、肥満になりやすい

母親のしつけが厳しい子どもは、肥満になりやすいという研究結果が、ボストン大学メディカル・スクールの研究チームから発表された。報告によると、子どもに厳しい「専制型」...

(joanneQEscober/Creative Commons)
2020.04.18
人生を幸せにする5つの秘訣

人は自分の力で、より多くの幸せを感じられる。米ウェブサイト「ライブサイエンス」(Live Science)に「幸福になる5つの秘訣」が掲載された。

(Peter Ziegler/Pixabay)
2020.04.13
高齢者の抱える「怒り」の感情 抑制研究は健康への一歩

渋滞中のストレスが、代わりのルートを見つけるように動機付けすることもあるように、ネガティブな感情は必ずしも悪いものではなく、時には有益になるときもあります。

(Monkey Business Images/Shutterstock)
2020.04.13
60歳になっても社会性が高い人 認知症発症リスクが低下

認知症の発症は社会性の低下に大きく関連している。家族や友人と頻繁に接触して、活動的になることが認知症予防になりうる。

(Greenkozi/CreativeCommons)
2020.03.28
ケチの遺伝子? 4人に1人はケチ=ドイツ研究

友人と食事をした後、支払いの時になると急にケチになる人がいるが、それには科学的な根拠があるという。

(Illustration - Shutterstock)
2020.03.26
体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。

Tatevosian Yana/Shutterstock
2020.03.22
食物には実はものすごい情報が!

最新の研究で、食物は生きるために必要なものであるだけでなく、強力な情報源であることが明らかになりました。食物は現代においては商品としての経済的価値と栄養源としての...

Shutterstock / eva_blanco
2020.03.22
植物に囲まれる女性、うつのリスク低下 アロエなどが効果的

ハーバード大学の研究により、植物は女性の寿命を長くする効果があり、精神的にも肉体的にも健康になることが示された。2016年に公開された本研究は、女性の健康と植物の...

(Photo by Christopher Furlong/Getty Images)
2020.03.15
新米のパパとママへ 知っておくべき「思いやり」の効果!

最新の研究結果報告によれば、新しく親になるパパやママにとって、新生児を育てることは大変なストレスだが、互いにパートナーに対する思いやりが大きいほど、そのストレスを...

結婚生活に浮き沈みはつきもの。離婚したくなった時は、ちょっと立ち止まった方がいい(iStock)
2020.03.07
最新研究
離婚を考えた夫婦の5割 1年後に気持ちを改める

離婚を考えたことのある夫婦のうち、半数以上は1年経つと離婚を考え直すという研究データが発表された。同研究の責任者の1人、アルバータ大学人類生態学生活学科専門家のア...

(Illustration - Shutterstock)
2019.09.23
300頭の象が群れのリーダーに最後のお別れ

象がリーダーの死を悼む動画が心を揺さぶるとネットで話題だ。感情は科学的に測ることはできないが、動物の専門家によれば、象は人間とよく似た感情の振れ幅があるという。彼...

Tatevosian Yana/Shutterstock
2019.09.06
食物には実はものすごい情報が!

最新の研究で、食物は生きるために必要なものであるだけでなく、強力な情報源であることが明らかになりました。食物は現代においては商品としての経済的価値と栄養源としての...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.26
体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。

Pixabay
2019.08.24
犬が癌を嗅ぎ取る 確実性が高く専門家も注目

アメリカの研究者は、犬の嗅覚受容体は人の1万倍正確であり、人が感知できない匂いや異常も敏感に嗅ぎ取ることができると報告しました。彼らは新しい研究の中で、犬は肺癌を...

(Peter Ziegler/Pixabay)
2019.08.22
高齢者の抱える「怒り」の感情 抑制研究は健康への一歩

渋滞中のストレスが、代わりのルートを見つけるように動機付けすることもあるように、ネガティブな感情は必ずしも悪いものではなく、時には有益になるときもあります。

(Monkey Business Images/Shutterstock)
2019.08.21
60歳になっても社会性が高い人 認知症発症リスクが低下

認知症の発症は社会性の低下に大きく関連している。家族や友人と頻繁に接触して、活動的になることが認知症予防になりうる。

Shutterstock / eva_blanco
2019.08.13
植物に囲まれる女性、うつのリスク低下 アロエなどが効果的

ハーバード大学の研究により、植物は女性の寿命を長くする効果があり、精神的にも肉体的にも健康になることが示された。2016年に公開された本研究は、女性の健康と植物の...

In The Light Photography/Shutterstock
2019.08.06
自宅で出産した赤ちゃん、健康を増進させる微生物を持つ 

人類の歴史上、赤ちゃんは母親が生活をしていた場所で生まれるものでした。この一世紀で人類の誕生は自宅から病院に移りました。これによって私たちの体内で生きる微生物にど...

Shutterstock
2019.07.14
実は「体に毒」、逆効果をもたらすコスメとは?

年齢や性別に関わらず、美を追求する人は日々、化粧品の研究を欠かしません。

(Photo by Christopher Furlong/Getty Images)
2019.06.03
新米のパパとママへ 知っておくべき「思いやり」の効果!

最新の研究結果報告によれば、新しく親になるパパやママにとって、新生児を育てることは大変なストレスだが、互いにパートナーに対する思いやりが大きいほど、そのストレスを...

(Photo by Marco Secchi/Getty Images)
2019.04.23
モノを買う喜びと旅行の楽しみ どちらのほうがお得?

今年のゴールデンウィークは天皇陛下の代替わりにより10連休。せっかくの連休だから、どこかへ羽根を伸ばしに旅行する方も多いはずです。お金と幸せの関係について研究して...

GettyImages
2019.02.20
「死」は二つの世界の中継点か

肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが、そのほとんどは魂の存在...

GettyImages
2019.02.02
音楽は健康の良薬
音楽がもたらす影響

良い音楽は人間に安らぎを与え、人間の精神境地を高める効果がある。逆に悪い音楽は、人間の精神自粛力を弱め、道徳規範を破壊する行動を誘発する。漢字の構成から見れば、音...

2016年11月、ニューヨークの国際会議に出席したスコット・ケリー氏 (Brian Ach/Getty Images for LocationWorld 2016)
2017.11.07
NASA
宇宙滞在は人体にどんな影響がある?双子で研究

ほぼ一年間、宇宙空間で生活した宇宙飛行士スコット・ケリーさん(Scott Kelly)と、彼の双子の兄の身体機能や認知能力を比較する研究が始まっている。

結婚生活に浮き沈みはつきもの。離婚したくなった時は、ちょっと立ち止まった方がいい(iStock)
2017.08.22
最新研究
離婚を考えた夫婦の5割 1年後に気持ちを改める

離婚を考えたことのある夫婦のうち、半数以上は1年経つと離婚を考え直すという研究データが発表された。同研究の責任者の1人、アルバータ大学人類生態学生活学科専門家のア...

ポンポンを持つチアガール? 愛くるしいキンチャクガニ(スクリーンショット)
2017.06.10
踊っている
キンチャクガニ 海の中のチアガール

両手にポンポンを持つチアガールのようなカニ。名前はキンチャクガニ(Lybia tessellate)で、ボクサーガニ(boxer crab)とも呼ばれます。実はカ...

痩せ形でも、糖尿病が潜んでいる場合がある (Fotolia)
2017.04.11
細胞の再生
断食で糖尿病が治る=米研究

断食に似た食事療法が、糖尿病の改善を促すという研究結果が、今年2月に発表された。それによると、短期間の断食を繰り返したマウスには、インシュリンを生成する膵臓の細胞...

^