THE EPOCH TIMES
トップ 米中関係
米中関係
オバマ・胡錦涛会談は「中国の良心」を避けて通れない
2011.01.19
中国社会科学院は26日、北京で「国際情勢黄書」(白書に相当)を発表。写真は今年11月、韓国ソウルで開かれたG20会場付近に飾られた国旗のモニュメント(ROMEO GACAD/AFP/Getty Images)
中国、2011年国際情勢白書:「海洋利益守る決心 新たな軍事戦略で米と衝突」
2010.12.30
10月30日のASEAN会議で、一緒に並ぶ中国の温家宝首相と東アジアや東南アジア諸国リーダーら。中国の台頭と拡張野心で、アジア太平洋地区では新たな秩序関係が形成されつつある(Na Son Nguyen/AFP/Getty Images)
中国の台頭に不安 アジア地区、新たな力関係形成
2010.11.02
7月のASEANサミットで発言するクリントン米国務長官。中国に対して強気で挑む派閥がワシントン内で優位に立っているという(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
ホワイトホウス、対中強硬派が優位=米保守紙
2010.10.27
米中間選挙で広告戦 「中国」が標的
2010.10.19
アジアへ復帰する姿勢が顕著となっている米国。9月24日、ニューヨークで開かれた国連総会でオバマ大統領はASEAN諸国のリーダーと会談を行なった(Spencer Platt/Getty Images)
拘束力ある「行動規範」を 米、ASEAN支援 南シナ海に米中間の新たな火花
2010.10.07
オバマ大統領とバイデン副大統領(右)(Getty Images)
バイデン米副大統領:米中関係は「東京を通じて以外ありえない」
2010.09.23
国際社会の逆風にさらされる中国
2010.07.15
6月15日、米国会議事堂で話すCharles Schumer議員。同議員は、輸出補助を施された中国商品に懲罰関税を徴収するなどの法案を提出して人民元切り上げに圧力をかけた。6月までに国会での投票を促した(Alex Wong/Getty Images)
「もう限界だ」 米議員ら、人民元に最後通牒
2010.06.18
5月26日、北京の国際空港から韓国に向かう米ヒラリー・クリントン国務長官。ゲーツ国防長官は、中国側から訪中を断られた(SAUL LOEB/Getty Images)
ゲーツ米国防長官、中国を痛烈に批判 哨戒艦沈没・米中軍事交流中断で
2010.06.06
GIFCのウェブサイト。右上の赤い文字は、イランの利用者からの感謝のメッセージ(スクリーンショット)
検閲突破ソフトでネット自由促進 米国務省、法輪功系ソフト開発団体に資金供与
2010.05.13
クリントン氏の北京寄り傾向を懸念する文章をワシントンポストに寄稿した中国問題専門家ウィリアム・トリプレット氏(Getty Images)
政治資金再発覚、懸念されるクリントンの北京寄り傾向=中国問題専門家
2010.01.23
伊警察当局:50万丁の戦闘用小銃など、中国製武器の密輸摘発
2007.02.18
胡主席がレヴィン校長と挨拶した時、CNN記者は人権問題に関する質問を投げかけ、場外へ連れ出された(Getty Images)
胡主席エール大学訪問、CNN記者人権問題の質問で退場
2006.04.22
昨年11月の訪中で、北京のキリスト教会を訪れたブッシュ大統領(AFP)
ブッシュ大統領、米中関係の強化に、対話を推進
2006.01.27
ベルリンの壁の外。1989年11月9日、ベルリンの壁が崩壊、東西ドイツが統一、共産体制が東欧で解体。2年後、共産体制はソ連でも終焉を迎えた。(Getty Images)
インタビュー: ベルリンの壁崩壊と胡主席の欧州訪問
2005.11.09
“反国家分裂法”で米中関係に影響
2005.03.05
^