大紀元時報
トップ 粛清
粛清
2019.07.18
悪魔が世界を統治している
第三章:東方での大虐殺

共産党がソビエト政権を樹立してからすでに一世紀が過ぎた。米連邦議会議事録によると、共産主義国家が殺害した人数は少なくとも一億人に上る。共産党は神と人類に反逆してい...

言論統制下でも庶民にとっての情報源である新聞を読む老人(PHILIPPE LOPEZ/AFP/Getty Images)
2016.03.24
体制内部から中宣部への反発が強まる 江沢民派最後の陣営が危ない?

中国政治体制の内部から、報道・言論の自由を求める声が強まり、メディアを統制する中共中央宣伝部(中宣部)に対する逆風が強まっている。中国問題専門家は、習近平陣営がイ...

2008年6月10日、平壌市内で交通整理する女性警官(stephan/frickr)
2016.01.10
北朝鮮、華僑を大規模粛清か

香港メディアの報道によると、北朝鮮は国内の中国人商人・華僑を大規模に粛清しているという。スパイ罪で逮捕し、8年以上の禁固刑処分に、一部は無期懲役または処刑などの例...

習近平当局は最近江派への粛清を加速する動きを見せている(GettyImages)
2015.08.31
北京上層の激闘
習当局 江派粛清を加速

習近平と江沢民の二大陣営が激闘する中国の政局において、最近大きな動きがあった。このほど、習近平当局は周永康・前政治局常務委員や郭伯雄・前軍事委員会副主席などの江派...

2015.03.31
公安部新人事 習主席の元部下に重席、公安司法も江派権力一掃

【大紀元日本3月31日】中国公安部は上層部の新人事を、習近平氏の元部下2人に任命した。27日に同公式ホームページで発表した。習政権は、江沢民派の重鎮である周永康・...

習主席が訪れた「慶豊肉まん屋」の前に集まった直訴者たち (ネット写真)
2014.01.07
習近平主席が訪れた肉まん店 直訴者殺到

【大紀元日本1月7日】昨年12月末、中国の習近平主席が北京市の肉まんチェーン店「慶豊包子舗」 を訪れ、列に並んで昼食を取ったことが思わぬ展開となった。数日後店には...

KBSのミサイル発射のニュースを見つめる韓国市民(Getty Images)
2012.12.12
北朝鮮ミサイル発射 中国メディア「絶好なタイミング」と分析

KBSのミサイル発射のニュースを見つめる韓国市民(Getty Images)【大紀元日本12月12日】北朝鮮は12日午前、「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイル...

金総書記の死去を受け、注目される朝鮮半島の情勢(大紀元)
2011.12.22
ポスト金正日、「垂簾の政」になるのか 専門家、一連の問題に見解

 【大紀元日本12月22日】北朝鮮の金総書記の死去を受けて、後継者となる三男の正恩氏の政権受け継ぎについて、北朝鮮問題の専門家は、支持者による裏での政権の舵取り、...

2011.01.22
中国人「何も信用しない、常に警戒心」=中国政府系紙

 【大紀元日本1月22日】中国の政府系紙・国際先駆導報は最近の報道で、中国国民は全般的に「すべてを疑う、常に警戒心を持つ」という心理状態に陥っているとし、このよう...

2010.07.22
北朝鮮、南北官僚級会談の元首席代表を処刑か

 【大紀元日本7月22日】04-07年に南北官僚級会談の首席代表を務めた権虎雄(クォン・ホウン)元北朝鮮内閣責任参事が、「対南政策の失敗」の問責で処刑されたと、韓...

2010.06.15
北朝鮮、進む権力移譲 総書記義弟の摂政か 4人組支配体制か

 【大紀元日本6月15日】北朝鮮では7日、最高人民会議第12期第3回会議が開催され、金正日総書記の義弟、張成沢(チャン・ソンテク)氏が国防委員会副委員長(朝鮮労働...

2010.06.13
北朝鮮、政府高官約100人を粛清 権力世襲の準備か

 【大紀元日本6月13日】北朝鮮の金正日総書記が、3月から、約100人の政府高官を粛清してきたという情報を、韓国紙「朝鮮日報」が伝えた。息子の金正雲(キム・ジョン...

2007.10.07
モスクワの私宅で大量の人骨発見、大粛清の死者の可能性

 【大紀元日本10月7日】モスクワのある私宅の建替え工事中に、34体の人骨が発掘された。BBCは10月4日の報道で、死者は旧ソ連時代に殺害された人たちである可能性...

2006.07.23
クメール・ルージュの「虐殺者」、タ・モク元参謀総長が死去

 【大紀元日本7月25日】 カンボジアの旧共産勢力「クメール・ルージュ」党中央委員会・常任委員の一人であった、タ・モク元参謀総長(80)が21日、首都プノンペンで...

2006.01.26
中国、メディア統制強化、「氷点週刊」発行停止

 【大紀元日本1月26日】中国国内でこの1年間、中国共産党政権の意に反する報道をするメディアが次々に発行停止の処分を受け、報道に対する統制が一層強化されている。昨...

^