大紀元時報
トップ 結婚
結婚
豪紙広告欄に掲載された、息子の帰郷を望む母親のメッセージ(weibo)
2014.01.17
旧正月、息子の帰郷望む母 豪紙に一面広告

【大紀元日本1月17日】1月31日、中国は一年に一度の旧正月を迎える。仕事や通学のため全土に離散した家族が一同に集まる。遠くオーストラリアに離れて暮らす息子の身を...

成都市内バス停には、美女の結婚相手募集広告があふれた(weibo)
2014.01.17
28歳の高収入美女、バス停に結婚相手募集の広告=成都

【大紀元日本1月17日】「私は自分の家と車も持っていて、貯金もあります―理想の男性を探しています」中国四川省成都の各バス停に掲げられた、美女が結婚相手を募集する広...

結婚式を開いた、マデレーン王女とクリストファー・オニール氏
(Torsten Laursen/Getty Images)
2013.06.10
【フォトニュース】スウェーデン、マデレーン王女が結婚

【大紀元日本6月10日】スウェーデンのマデレーン王女(30)と、米国人実業家クリストファー・オニール氏(38)の結婚式が、8日、首都ストックホルムの王宮で行われた...

(garryknight/Flickr)
2013.02.14
結婚、中年期を生き抜く助けに

【大紀元日本2月14日】忙しい毎日を送る独身中年は不摂生な生活に陥りがちだ。最近の研究で、中年期に結婚していないと早死にするリスクが高まることが分かり、米デューク...

結婚イベント用に装飾された高級車キャデラック(ToastyKen)
2012.03.06
40年で1万倍に 中国での結婚費用 ある武漢市民の体験談

 【大紀元日本3月6日】最近発表された政府の結婚に関する調査報告書によると、20~30代の婚期を迎える男女が支払う結婚費用は、40年前の親世代の結婚費用と比較する...

(Hamed Saber/Creative Commons)
2011.10.01
氷のような冷たい心の批評家ですか?

 【大紀元日本10月1日】結婚して3年が過ぎ、彼女は自分の判断力を疑い始めた。優秀な男性がたくさんいたのに、どうして欠点だらけの彼を選んだのか? 記憶力が悪く、頼...

2011.09.20
ちょっと変わった男女の出会い スカーフを奪う風習=チベット

チベットの聖地、ギャロンには、多くの幻想的で神秘的な風習が存在します。その中に「スカーフを奪う」という、結婚を前提に相手を探す青年男女の伝統的行事があります。

2011.09.12
出会いから34年 結婚した老年の二人

 【大紀元日本9月12日】事実は小説より奇なり。人生はどうなっていくのか、誰も予想がつかない。34年前、互いに家庭を持つイギリス人の男女が出会った。その後、80を...

マイケル・ブーブレの写真を取り囲む女性たち(Steve Jennings/Getty Images For Beringer Vineyards)
2011.08.02
女性は年齢により理想の男性像が変化する

 【大紀元日本8月2日】リッチでハンサム、長身で優しい人がいいな・・・と将来の旦那様を夢見る若い女性も多いはず。しかし、年齢を重ねるにつれて女性が相手に求める価値...

(adamjonfuller / Creative Commons)
2011.06.19
≪医山夜話≫ (31) 人生の舞台

 【大紀元日本6月19日】診療所に務める以前から「患者からの社交的な誘いは受けない」というルールを自分に課してきました。医者の職業道徳を保ち、患者に対して感情移入...

結婚披露宴の会場(ネット写真)
2010.11.10
流行語で読み取る激変の中国(59)

 【大紀元日本11月10日】「後会有期」(その内にまた会おう)は、もっとも頻繁に交わされる別れのあいさつのひとつ。4年間一緒に勉強し、卒業していく大学生たちが、卒...

7月31日、米ニューヨーク市郊外ラインベックでの結婚式で記念撮影するチェルシーさん。左から新郎のマーク・メズビンスキーさん、チェルシーさん、父親のクリントン元大統領、母親のクリントン国務長官(Barbara Kinney via Getty Images)
2010.08.02
【フォトニュース】クリントン家の一人娘チェルシーさんが結婚

 【大紀元日本8月2日】ビル・クリントン元米大統領とヒラリー・クリントン国務長官の一人娘、チェルシー・クリントンさん(30)が7月31日夜、ニューヨーク市郊外にあ...

(Getty Images)
2010.06.24
年上女房の寿命は短い?=ドイツ研究

 【大紀元日本6月24日】年下の男性と結婚した女性は、同じ年齢の夫を持つ女性より寿命が短くなるとドイツの研究所が先月、同研究所のウェブサイトで発表した。ドイツのマ...

(Getty Images)
2010.06.21
【フォトニュース】スウェーデン王女が結婚 お相手はジム経営の民間人

 【大紀元日本6月21日】スウェーデンのビクトリア王女が、民間人でジム経営のダニエル・ウェストリング氏と結婚、17日からの4日間の結婚イベントに、スウェーデン国内...

中国山西省の伝統的な結婚披露宴(China Photos/Getty Images)
2009.12.21
「天国にいる母に感謝」 携帯が引き合わせた運命の二人

 【大紀元日本12月21日】湖南省岳陽市平江県に住むロウさん(28)夫婦は今、赤ちゃんの誕生を迎えようとしている。「ウチはとても幸せだ。天国にいる母に感謝しなけれ...

(ネット写真)
2009.08.05
台湾新規定:営利目的の国際結婚あっ旋業禁止

 【大紀元日本8月5日】台湾移民署は、8月1日から台湾にあるすべての国際結婚相談所の営利目的あっ旋業務を禁止し、市民は今後非営利団体を通じて国際結婚相談を受けるこ...

インドのアムリスター市:バレンタインデー用の大型看板((NARINDER NANU/AFP/Getty Images)
2009.02.15
2月14日バレンタインデー、世界各地の表情

 【大紀元日本2月15日】2月14日のバレンタインは西洋人社会での伝統的な祝日であり、セント・バレンタインデーともいう。 バレンタインデーは古代ローマ時代の神父の...

(Getty Image)
2008.04.09
MBA学位を持つ女性は、離婚率が高い?

 【大紀元日本4月9日】MBAを持つ女性は、同様の学歴を持つ男性よりも離婚や別居を経験する率が2倍以上高くなり、法律や医療など専門分野で活躍するキャリア組の女性た...

2007.11.30
入社三年内の結婚、五年内の出産を禁ずる雇用条件=中国重慶

 【大紀元日本11月30日】「仕事の都合により、女性社員の入社3年以内の結婚、5年以内の出産を禁じる……」、これは中国重慶市にある通信会社の雇用契約書の付加条項で...

赤い織物Palaの上でくつろぐ新婚カップル
2007.11.23
台湾・タイヤル族の婚礼儀式

 【大紀元日本11月23日】台湾の今を去ること400年前、元・明朝の時代に最も古くて神秘的な民族、タイヤル族がいた。タイヤルの人々は昔、水と草を追い求めて絶えず住...

2007.11.17
結婚5年目は離婚の危機=独リサーチ会社が報告

 【大紀元日本11月17日】過去の一般的認識では、新婚夫婦に危機が訪れるのは、少なくとも7年目に入ってからとされてきた。しかし、最近の研究報告によると、多くの夫婦...

ビルマ、ラオスと接する中国雲南省南西部のシーサンバンナタイ族自治州の子どもたち。少数部族に対しては、特別措置もある一人っ子政策だが、男女の産み分けについては男尊女卑が根強い=2005年7月(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2007.08.28
中国:社会不安もたらす男女数不均衡、出生児の性別選択を禁止する法案着手

 【大紀元日本8月28日】中国当局の政府メディアは8月25日、「中国都市部では、男女比率のバランスが大きく崩れている。男女数の不均衡から生じる社会不安定要素を取り...

Pixabay
2007.08.26
もしもまた夫婦になれたら…

妻:もしもまた夫婦になれたら、夫が私の誕生日と結婚記念日を忘れたことに文句を言わないでしょう。なぜなら、夫こそ自分の誕生日を、毎年残業の中で過ごしているのだから。...

2007.08.26
古代中国の「三行半」七カ条

 【大紀元日本8月26日】中国漢代の「大戴礼記」(だたいらいき)に、「七去」とよばれる離婚の七カ条がある。もし妻がそのうちの一つでも適合すれば、夫とその家族はすぐ...

2007.08.25
自殺防止の特効薬

 【大紀元日本8月25日】教授を定年退職した彼は、年老いた妻と悠々自適な生活を送っていた。早朝は一緒に山に登り、軽い運動をする。午後は、彼はベランダの花や観葉植物...

2007.08.21
【ショートストーリー】胸襟を開いて父を許す

 【大紀元日本8月21日】婉君は、十八年前に教えた学生だ。先日、幼い子を連れて私の家を訪ねて来た。二年前に結婚し、結婚生活はとても幸せなものだという。 婉君は、「...

2007.08.10
男性必見!妻の心をつなぎとめる秘策10傑

 【大紀元日本8月10日】男性は往々にして、妻が自分を他の男性や他の家のご主人と比べているんじゃないかと心配になります。ならば、妻の心を一生つなぎとめておくために...

2007.07.12
【伝統文化】古人の婚姻に対する態度

 【大紀元日本7月12日】北宋期の斉州(今の山東省一帯)に劉庭式という名の読書人がおり、字を徳之と言った。彼は科挙に合格して、密州で判事となった。当時、密州の長官...

礼服の鮑喜順さんと夏淑絹さん(鮑喜順ブログ)
2007.07.04
身長世界一の男性、今月挙式

 【大紀元日本7月4日】世界一身長が高い中国の鮑喜順さん(56)が7月12日、28歳年下の夏淑絹さんと内モンゴルのジンギスカン陵特別観光区で結婚式を挙げることがわ...

2007.05.05
英国調査:完璧な男がモテルとは限らない

 【大紀元日本5月5日】頭がよくて金持ちの男性が、女性に必ずしもモテルとは限らない?英国の最新調査によると、アンケートを受けた女性が、「ハンサムで社会的に成功した...

^