大紀元時報
トップ 老舗
老舗
nakamura
2020.05.24
ジェイアール京都伊勢丹で買える!京都の料亭・名店のお弁当5選

「ジェイアール京都伊勢丹」地下2階の食料品売り場には、全国から選りすぐられた人気店の商品が並んでいます。今回はその中でも、京都が誇る料亭・名店のお弁当にフォーカス...

hiroooooki/Flickr
2020.04.29
東京で味わう“絶品”うなぎの老舗5選

うなぎは、日本人になじみ深い魚のひとつ。日本へ来たらぜひ食べてほしい料理です。特に、焼いた柔らかいうなぎを甘辛いタレにからめ、熱々のご飯にのせた「うな重」や「うな...

Kennosuke Yamaguchi/Flickr
2020.04.25
京都で食べたいモーニング5選

「モーニング」とは、喫茶店やカフェなどで朝の時間帯にドリンクやトーストを中心として提供される朝食セットメニューのことです。今回は、京都のおすすめ「モーニング」をご...

o-dat
2020.04.23
お土産選びにも最適!デパ地下ショピングのすゝめ

日本では百貨店地下にある食品フロアを「デパ地下」と呼びます。グルメが大好きな日本では百貨店の集客も「デパ地下」の充実度次第。こだわりの食や最先端のグルメ、限定商品...

mirai
2020.04.20
レトロな建物でいただく東京の極上の料理・スイーツ店4選

高層ビルが立ち並ぶ東京にも、所々に古い建物が残っています。今回は、味はもちろん、昔ながらの建物も有名な飲食店4軒を紹介します。和の情緒あふれるお店で素敵なひととき...

HITODE3
2020.04.18
おみやげにも最適!和包丁が買える老舗7店

日本が世界に誇る和包丁。その切れ味、使い勝手の良さは高く評価されており、世界中からプロの料理人が買い付けに日本にくるほどです。そんな和包丁を購入できる老舗7店を紹...

Porepore
2020.04.17
東京土産におすすめの名菓6選

東京のお土産におすすめの名菓をセレクトしました。各ショップの限定品などもあるので、ぜひ探してみてくださいね。

「同仁堂」:日本でもよく知られている薬店。1669年(清・康煕八年)に楽顕揚が始めた薬屋兼診療所がその始まりで、その後、宮廷御用達薬商となって、薬商としての地位と名声を確固たるものにした。この写真は、同仁堂のロゴマークで、全体が丸いのは漢方薬の代表である丸薬を表し、左右の紋様は龍であり薬草でもあり、ともに中華民族の伝統文化を表し、中央上方の小さな○は珍珠のように稀少価値があることを表すという。(撮影=JF、2003.07)
2008.07.14
【北京コレクション】(10)老舗が軒を並べる街・前門③

 【大紀元日本7月14日】前門にある老舗の続きです。「同仁堂」:日本でもよく知られている薬店。1669年(清・康煕八年)に楽顕揚が始めた薬屋兼診療所がその始まりで...

「狗不理包子」:1858年天津で創業された肉まん(包子)の老舗。幼名を「狗子」(犬ころ)といった創業者の高貴友は、肉まんを作り始めると、誰に話しかけられても相手にしなかった(不理)ことから、彼の作る肉まんは、「誰のことも相手にしない狗子が作った肉まん」(狗不理包子)と呼ばれるようになったという。西太后が褒め称えたほどの絶品であったが、近年チェーン店の拡大を始めてからまずくなったといわれる。写真は北京前門店。(撮影=JF、2003.07)
2008.07.08
【北京コレクション】(9)老舗が軒を並べる街・前門②

 【大紀元日本7月8日】前門に店を構える老舗をいくつかご紹介しましょう。「狗不理包子」:1858年天津で創業された肉まん(包子)の老舗。幼名を「狗子」(犬ころ)と...

天安門広場の南の端から南北に前門大通りが伸びている。その通りの入り口にある門。この通りから一歩横に入れば、庶民の生活の匂いがする胡同が縦横に伸びている。(撮影=JF、2003.07)
2008.07.02
【北京コレクション】(8)老舗が軒を並べる街・前門①

 【大紀元日本7月2日】明・清時代の皇帝の住まいであった紫禁城(今は故宮博物院)の南に広大な天安門広場が広がり、その南にかつては門前町であった庶民の街・前門が広が...

大柵欄(2003年夏撮影、大紀元)
2006.09.08
【北京の街角から】大柵欄

 【大紀元日本9月7日】北京の街はかつて、城壁に囲まれていた。明、清時代の皇帝の住まいであった紫禁城(今の故宮)を周囲20キロほどの城壁で四角く取り囲み、その中を...

^