大紀元時報
トップ 臓器売買
臓器売買
ベルギー連邦議会は25日、中国の臓器狩りをめぐる刑法修正案を全会一致で可決した(大紀元時報ベルギー支社)
2019.04.26
ベルギー刑法改正 臓器売買に最高20年 臓器狩り被害を念頭に

ベルギー連邦議会は25日、刑法修正案を全会一致で可決した。臓器売買に関与する医療機関関係者に対して最高20年間の禁固刑を言い渡すなど、臓器売買で莫大な利益を得る個...

臓器摘出・売買を撲滅するための法案をカナダ議会に提出したガーネット・ジーニアス下院議員は11月20日に行われた記者会見で発言した(任僑生/大紀元)
2018.12.14
「国民を犯罪に加担させない」カナダ下院、臓器狩り撲滅の法案を審議 

カナダ議会では10日、強制臓器摘出・臓器売買の撲滅を目的にする刑法改正法と人身売買難民法の法案である「S-240法案」第二読会の第2回審議が行われた。同法案は10...

湖南省では、病院の遺体安置所に置かれていた遺体から、家族の許可なく眼球が摘出されるという事件が起きた(スクリーンショット)
2018.11.03
眼球なくなった遺体 病院職員が臓器売買の疑い=湖南省

湖南省寧郷市の住民は最近、死亡した家族の遺体から家族の許可なく眼球を摘出されたとして、遺族がインターネットで状況をつづった。中国メディアによると、警察は病院関係者...

欧州議会初めての女性聴覚障害者議員ヘルガ・スティーブンズ氏 (新唐人テレビ)
2016.11.11
注目の人物
次期欧州議会議長候補 初の聴覚障害者女性政治家

「もし、今日はあなたにとって最悪な1日だったとしたら、明日は必ず今日より良くなるのです。諦めるな、努力に努力を重ねて、とにかくやれば良いのです」「自分を信じて、や...

欧州評議会の本会議場 (FREDERICK FLORIN/AFP)
2014.07.25
人の臓器の違法取引を禁止する新条約=欧州評議会

【大紀元日本7月25日】欧州評議会の閣僚委員会は9日、人の臓器に関する違法取引を禁止する新たな国際条約を採択した。 条約は、臓器取引の犯罪組織を取り締まる警察の権...

男児はまだ、目がくりぬかれたことを知らない(ネット写真)
2013.08.29
山西省、6歳男児両目をくりぬかれ失明

【大紀元日本8月29日】山西省臨汾市で24日の夕方、自宅近くで遊んでいた6歳の男児が、何者かに連れ去られ、両目をくりぬかれる事件が発生した。国内メディア各社が報じ...

中国赤十字会 (ネット写真)
2013.07.11
中国赤十字、臓器提供のあっせん料を要求 事実上の売買か

【大紀元日本7月11日】中国政府が管理する中国赤十字会が臓器を提供する見返りに、病院にあっせん手数料を求めていることが分かった。8日付の新京報が報じた。 広東省の...

李荘弁護士の書き込み。中国の臓器奪取の実態をさらした(スクリーンショット)
2012.10.24
「麻酔掛けずに直接摘出」 中国の臓器奪取、凄惨な実態が明らかに

李荘弁護士の書き込み。中国の臓器奪取の実態をさらした(スクリーンショット)【大紀元日本10月24日】重慶市元トップの薄煕来氏の暴力団一掃運動に立ち向かったことで1...

北京解放軍304病院(ネット写真)
2012.09.18
中国で最大規模の生体臓器売買が発覚 解放軍病院が関与

北京解放軍304病院(ネット写真) 中国でこれまで最大規模の不法臓器売買事件の訴訟が始まっている。10日に出版された『財経』誌の報道によれば、同案件は51個の生...

北京市海淀区の団地にある腎臓摘出の「闇基地」(ネット写真)
2012.03.05
北京に腎臓摘出の「闇基地」 51人から腎臓摘出 国内最大規模か

 【大紀元日本3月5日】北京市海淀区の団地「頤和山荘」の一棟。そこでは医師、看護士、仲介人など16人による「腎臓の闇売買」という血塗られた取り引きが密かに行われて...

デービッド・マタス氏とデービッド・キルガー氏の著書『Bloody Harvest, The killing of Falun Gong for their organs』(血まみれの臓器摘出)
2011.09.08
大連 臓器ビジネスの実態 姉妹都市グラスゴーで医師会発表 

 【大紀元日本9月8日】「強制臓器狩りに反対する医師協会(DAFOH)」が主催した、臓器奪取に関する国際会議が、スコットランドの最大都市グラスゴーで開かれた。会議...

腎臓を取られた胡傑さん(ネット写真)
2011.04.20
「腎臓移植の仲介で荒稼ぎ」 中国の生体臓器売買の闇

 【大紀元日本4月20日】26歳の胡傑さんは湖南省出身。17歳から広東省で溶接工として働く。2千元(約2万5千円)の月収に苦悩する胡傑さんは、次第に博打に手を出す...

2009.07.07
病院で遺体がなくなる、臓器売買疑う遺族

 【大紀元日本7月7日】中国山東省新泰市で、交通事故で亡くなったある男性の遺体が病院から消える事件が起きた。遺族は遺体が臓器売買に使われたと疑い、病院側に説明を要...

2月8日、ネパールのカトマンズで逮捕された臓器密売グループの主犯格とされる、インド人外科医アミット・クマール容疑者(中央)。臓器密売に利用された貧困層は500人にものぼるという(Prakash Mathema/AFP/Getty Images)
2008.02.10
人権の危機:臓器移植と臓器売買

 【大紀元日本2月10日】医療技術の進歩により、腎臓などの臓器移植が世界中で増えているが、需要と供給のギャップは広がり続けるばかりである。 たとえば、欧州では、移...

臓器狩りについて、中国の大使らを召見したカレル・デフフト外相=写真は、2006年2月、コンゴ・キンシャサで(LIONEL HEALING/AFP/Getty Images)
2006.12.08
中国臓器狩り:ベルギー外相、臓器狩りについて中国の大使ら召見

 【大紀元日本12月8日】ベルギーのオランダ語大手新聞「ガゼット・ファン・アントウェルペン(Gazette van Antwerpen)」のウェブサイト11月30...

「中国国内において、世界の他地域では考えられないほど豊富な臓器供給がある。そのことは非常に疑わしい」とするベルギー与党のパトリック・ファンクルンケルスフェン議員=写真は2006年10月ブリュッセルで(ERIC LALMAND/AFP/Getty Images)
2006.12.01
ベルギー与党議員、中国の臓器売買告発、「中国で死刑囚による臓器提供は、強制的に行われ

 【大紀元日本12月1日】ベルギー与党のパトリック・ファンクルンケルスフェン上院議員(49)=蘭語系自由党=は、中国国内での違法な臓器売買ネットワークの存在を確認...

ルパート氏の報道
2006.10.21
BBC北京駐在記者が見た中国の本質

 【大紀元日本10月21日】英BBC10月12日付けの報道「中国の新しい富と古い問題」によると、中共は、経済繁栄という表面的な現象の背後で、専制、腐敗、貪欲という...

2006.10.11
10月16日=緊急報告会「恐るべき中国の臓器移植の実態」のお知らせ

 ジャーナリスト櫻井よしこ様のご紹介により、世界が憂慮する中国の人権問題を長年にわたり調査・研究しているカナダの元国会議員及び同国弁護士をお招きして下記のとおり報...

2006.07.06
中国:「移動処刑車」の実態

 【大紀元日本7月6日】USA Todayの報道によると、中国では近年、死刑執行方法を銃殺刑から「移動処刑車」での薬物注射に変更しつつあるという。当該車の製造会社...

欧州委員会会議(大紀元)
2006.05.03
欧州委員会、臓器収奪事件に関する公聴会の開催を提案

 【大紀元日本5月3日】欧州委員会本年度二回目の政策決定会議は、4月10日から13日にかけてストラスブールで行われた。欧州委員会のメンバー11人は、中国で行われて...

2006.04.28
中国の情報統制

 【大紀元日本4月28日】最新の大紀元によると中国当局は中国文化を守る為に外国の情報が国内に流入するのを制限する新しい法律を公布したそうである。秦の時代に李斯とい...

2006.04.27
大紀元読者投稿「大陸の人体臓器売買: その実態と内幕」

 【大紀元日本4月27日】私は一介の大紀元読者であるが、仕事の関係で、中国大陸の人体臓器売買、および何も知らない患者を実験台としている内幕を比較的知っているので、...

2006.04.17
子どもから大人まで、中共政権の人命軽視政策の犠牲者

 【大紀元日本4月17日】広東省佛山のレストランで人間の乳児や胎児をダシに使ったスープが販売されていたことが明るみに出た。ダシに使われているのはほとんどが女児であ...

2006.04.13
中国、臓器移植に関する法的体制の実現はまだほど遠い

 【大紀元日本4月13日】中国衛生部は3月27日、初めて臓器移植に関する管理条例『人体臓器移植管理暫定規定』を発布し、人体臓器の売買を禁止、医療機関で臓器移植の手...

法輪功学習者が臓器摘出のために監禁されている蘇家屯地区の病院(大紀元)
2006.04.08
中国:3月に臓器移植が急増、証拠隠滅のためか

 【大紀元日本4月8日】中国遼寧省瀋陽市に設置されている秘密収容所に監禁される法輪功学習者が、生きたまま臓器を摘出され、手術後の遺体が焼却されるという事件で、中共...

数々の真相を暴露したR氏(大紀元)
2006.04.04
中国:秘密収容所臓器売買の実態

 【大紀元日本4月4日】日本駐上海領事館の男性館員自殺事件をいち早く報道したため、中共政権に追われ、米国へ脱出した中国人ジャーナリストのR氏は3月の初め、中国で法...

3月12日、シドニーで開かれた「九評」シンポジウム(大紀元)
2006.03.14
「九評」シンポジウム:蘇家屯・臓器売買事件の信憑性について(1)

 【大紀元日本3月14日】オーストラリア大紀元時報は3月11日、シドニーで「九評(共産党についての九つの論評)」シンポジウムを開催した。参加者らは、最近暴露された...

法輪功学習者・劉玉鳳氏の遺体、臓器を摘出した跡がある(明慧ネット)
2006.03.11
法輪功学習者から臓器摘出、中国の臓器売買の実態

 【大紀元日本3月11日】中国は今、世界最大の臓器売買の闇市場と化している。これまで国際メディアの報道や医療関係者、被害者遺族の証言などにより、刑務所で囚人や法輪...

2006.03.01
中国で臓器移植 2年間で日本人7人が死亡

 【大紀元日本3月1日】日本政府は、ここ2年間で、中国で臓器移植手術を受けた日本人7人が死亡したと発表した。26日に発表された報告によると、日本人7人の年齢は30...

^