大紀元時報
トップ 臨死体験
臨死体験
(Daniel Roland/AFP/Getty Images)
2020.03.26
27分間死んでいた女性、天国はあると語る

アリゾナ州フェニックスに住む女性が、夫とハイキングに出かける直前に心停止に陥った。そしてそれは天国への往復チケットとなった。

(Illustration - Shutterstock)
2020.03.26
体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。

2020.03.12
死はただの錯覚?科学の権威者が語る「不死」の意味

愛する人の死、誰にも訪れる命の終焉…悲しみや恐怖に襲われ、死後の世界があればと誰もが思ったことだろう。アジア、とりわけ古代インドの哲学では、死が錯覚だとしている。...

奇跡の回復を遂げたワン・ サンタイ医師(スクリーンショット/大紀元合成)
2020.03.09
生死の境を彷徨った
心臓病専門医 難病が完治したきっかけとは

ベトナム、ホーチミン市チョーライ(Cho Ray Hospital)病院に勤める心臓科主任の阮清泰(ワン・ サンタイ)医師は、心臓病の手術を受け、生死の境をさまよ...

NTD Inspired
2020.03.07
知らない世界
亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻...

(Illustration - Shutterstock)
2019.10.30
有名な科学者はわれわれが死ぬことはないと語る それでは「死は幻想」なのか?

愛する人を失ったときそれは真実のように思われるが、彼らが実は死んでいないとしたらどうだろうか?ある有名な科学者は、身体的な死は生涯の終わりにはほど遠いと考えている...

(Daniel Roland/AFP/Getty Images)
2019.08.29
27分間死んでいた女性、天国はあると語る

アリゾナ州フェニックスに住む女性が、夫とハイキングに出かける直前に心停止に陥った。そしてそれは天国への往復チケットとなった。

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.26
体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。

2019.06.12
死はただの錯覚?科学の権威者が語る「不死」の意味

愛する人の死、誰にも訪れる命の終焉…悲しみや恐怖に襲われ、死後の世界があればと誰もが思ったことだろう。アジア、とりわけ古代インドの哲学では、死が錯覚だとしている。...

GettyImages
2019.02.20
「死」は二つの世界の中継点か

肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが、そのほとんどは魂の存在...

(Epoch Times Uplift)
2018.01.10
37秒後に生還
自分の死を予言した女性 分娩の事故で現実に

悪夢や嫌な予感が時には現実になることもあります。自分の死を予言した女性アーノルドさんが命拾いしたケースをご紹介します。

(Jean-Pierre Clatot/AFP/Getty Images)
2017.12.29
科学の向こう側
地獄は存在する ある証言者の体験

臨死体験(NDE)の証言を集めたウェブサイトNDEリサーチ・ファウンデーションによれば、臨死体験者たちは、そのほとんどが光や天使などを目撃し、安らぎと平和に満ちた...

NTD Inspired
2017.12.01
知らない世界
亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻...

臨死体験をしたピーター・アンソニーさん(Courtesy of Peter Anthony) (Background photo: Jesse Krauss)
2017.10.13
サイキックで事件を解決
臨死体験のあと 数字の虜に

生と死の狭間にいた時に見る、不思議な光景。光、トンネル、花畑―そのパターンは様々だが、生還した人々は死を恐れなくなり、人生をポジティブに捉えるようになる。また、一...

奇跡の回復を遂げたワン・ サンタイ医師(スクリーンショット/大紀元合成)
2017.08.30
生死の境を彷徨った
心臓病専門医 難病が完治したきっかけとは

ベトナム、ホーチミン市チョーライ(Cho Ray Hospital)病院に勤める心臓科主任の阮清泰(ワン・ サンタイ)医師は、心臓病の手術を受け、生死の境をさまよ...

(Andy B/Flickr)
2017.02.19
生命の不思議
人の意識はどこから来る? 量子物理学からのアプローチ

人はどこから来るのか。人はなぜ思考するのか。人の意識はどこから来るのか。こうした疑問への回答を模索しているのは、心理学や生理学、哲学といった分野の専門家だけではな...

臨死体験を語るサーテジー・ゲーツさん(YouTube)
2016.05.02
嫉妬とウソは罪
「地獄に落ちそうだった」臨死体験を語る女性

「きれいな花畑が見えた」「たくさんの光を見た」など、臨死体験者の多くは穏やかで美しいイメージを語る。しかし、オランダ人のサーテジー・ゲーツさん(Saartjie ...

(Mike Kniec/Flickr)
2016.04.18
臨死体験
「殴った人は天使」壮絶な過去を許す男性

身体からゆっくりと抜け出し、上から自分を眺めていた―瀕死の状態から生還した人は、時に不思議な体験を語ることがある。光を見たとか、トンネルを抜ける感覚があったなど様...

Donna Sullivan Thomson/Flickr
2016.02.24
この世に誕生する前の記憶を持つ人たち

輪廻転生があるとしたら、魂はどのタイミングで赤ちゃんの身体に入るのでしょうか?世の中には、生まれる直前の記憶を持つ人たちがいます。彼らによれば、赤ちゃんは、自ら自...

退院後のジェフと生き残った長男は、愛妻と次男の墓の前に来た(IANDS提供)
2015.09.29
交通事故生還者の臨死体験
喜びを忘れずに生きていこう(下)

私は未来まで見えず、また創世神話も見ていないが、ただ自分の一生を見た。私の生活に起きた全てのこと、美しいこと、苦痛なこと、すべてを見た。私はただ無条件の愛を見た―...

ジェフ・オルセンさんと妻のタマラさん
2015.09.28
交通事故生還者の臨死体験
喜びを忘れずに生きていこう(上)

重大な異変に遭遇し、肉親を失う悲しみから立ち直ることは容易ではない。重大な交通事故で愛妻と次男を失った米国の若い父親、ジェフ・オルセンさん(Jeff Olsen)...

Moyan Brenn/Flickr
2015.07.06
英国の医師 魂の存在を実証

【大紀元日本7月6日】魂は、本当に存在するのだろうか。古来、人々は魂の存在を信じ、日本では仏壇のお供えや法事、お盆などの行事が行われきた。また、最近では医療の蘇生...

本報道の主人公で米病院で命拾いしたGraupera Cassimiroさん (本人フェイスブック)
2014.11.13
心停止45分後に後遺症なく回復 米病院「神の意向」

【大紀元日本11月13日】米フロリダ州の病院でこのほど、出産中の女性(40)が心停止45分後に後遺症もなく回復した。医学上の奇跡といわれる出来事だ。女性は心停止中...

Darren Johnson/Flickr
2014.09.12
臨死状態の感覚

米国の心理学者、ネバダ大学の教授であるレイモンド・ムーディー博士は『垣間見た死後の世界』という著書を出版した。

台湾臨死体験研究会の董逸璞さん(右から3人目)と林耕新医師(右から4人目)(中央社)
2014.07.22
臨死体験から得た新しい人生

近代になって盛んに議論されている臨死体験。その有無については、医学、心理学、哲学、宗教など様々な分野による解釈がある。しかし、体験者本人は「亡くなった」状態で感じ...

shutterstock
2014.04.01
亡くなった人と夢で逢える=米研究

愛する人を亡くした時ほど悲しいことはない。せめて夢の中だけでも逢うことができるなら・・・と願う人も多いはず。それは、悲しみを幾分、減らしてくれるからだ。

2006年7月17日、河北省唐山にある反地震記念壁に大地震の犠牲者の名前を書き込む作業員(Getty Image)
2006.08.20
唐山大地震で臨死体験を持つ81名を調査

 【大紀元日本8月20日】1987年、天津市安定医院精神病医学教授の馮志頴教授(当時)は同僚と共に、1976年に起きた唐山大地震の生存者100名を探し出し、臨死体...

2006.07.04
「死」は二つの世界の中継点か

 【大紀元日本7月4日】肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが...

イギリス・オックスフォード大学の理論物理学者デビッド・デッチ(David  Deutsch)教授がイメージする、異なる空間に同時に存在する生命の構図 (2001年9月号『Discover』)
2006.06.11
臨死体験のなぞ

 【大紀元日本6月11日】千人近くの臨終に付き添い、世界各地から2万人以上の臨死体験の症例を収集して研究した米国のエリサベス・キューブラー・ロス (Elisabe...

^