大紀元時報
トップ 解体
解体
審判を受けた「四人組」(ネット写真)
2011.10.10
<赤龍解体記>(35)文化大革命徹底否定、太子党ら呼びかける

 【大紀元日本10月10日】1976年は、中共の歴史における重要な転換点であった。9月9日に毛沢東が死去し、1カ月も経たないうちに、毛沢東が指定した後継者・華国鋒...

(イラスト・大紀元)
2011.10.07
【党文化の解体】第8章(8)

 【大紀元日本10月7日】2.党から離れない創作の習慣性 2)「党」から離れない創作内容 延安時期の早くから、「文芸は政治のために奉仕すべき」として、中国共産党は...

官僚の食物はお金ばかり(ネットより)
2011.10.03
<赤龍解体記>(34)中国官職の市場価格

 【大紀元日本10月3日】中国では官職の売買は、もはや当たり前のことになっており、かつ次第に加速している。しかし、その価格は官僚内部の者でなければ知るすべはない。...

家族を連れて農民工の所を訪れた米駐中国大使・駱家輝氏(ネット写真)
2011.09.26
<赤龍解体記>(33)米駐中国大使、石を投げられる

 【大紀元日本9月26日】如何なる者でも、たとえ米国の大統領や駐中国大使であっても、中共の一党独裁を脅かすと思われるような言行や価値観をとるなら、批判の的とされる...

2011.09.25
【党文化の解体】第8章(7)

 【大紀元日本9月25日】2.党から離れない創作の習慣性 二〇〇五年十一月十三日、吉林省石油化学製品会社の工場が爆発して、松花江は大量の発ガン性毒物に汚染された。...

講演を行う北京大学の鄭也夫教授
2011.09.19
<赤龍解体記>(32)北京大教授、毛沢東否定を呼びかける

 【大紀元日本9月19日】北京大学社会学部の鄭也夫教授(61)は、中国の知識人を研究対象とした社会学的研究をもっとも早く行った中国を代表する研究者である。鄭氏の先...

警察の言葉「まだ法輪功が良いと言ったら、苦しめてやる!」(イラスト・大紀元)
2011.09.18
【党文化の解体】第8章(6)

 【大紀元日本9月18日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 2)闘争意識を持つ言語 (3)闘争の言葉がもたらした悪い結果 闘争の言葉は人の心を...

石油流出で、死海になることが懸念される渤海湾(ネット写真)
2011.09.12
<赤龍解体記>(31)18大での争奪戦における太子党の新たな戦略

 【大紀元日本9月12日】来年秋に行われる18大での権力交代をめぐる中共の内部闘争は、一定期間の腕比べを経て、各勢力の新たな組み合わせが次第に明確化してきている。...

2011.09.11
【党文化の解体】第8章(5)

 【大紀元日本9月11日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 2)闘争意識を持つ言語 (1)言葉中の闘争意識の成因  「誰に対しても警戒心を持つ...

謎が多いと言われる北京の政治中軸・中南海(ネット写真)
2011.09.05
<赤龍解体記>(30)秘書が習近平を語る

 【大紀元日本9月5日】来秋に開かれる予定の中共第18回全国代表大会で、胡錦濤に代わって中共トップに就くと言われる習近平国家副主席について、言論が少なく中共の常套...

2011.09.04
【党文化の解体】第8章(4)

 【大紀元日本9月4日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 2)闘争意識を持つ言語 2001年、中国本土の言語学者は若い世代の流行語を調査して、...

抗議する民衆にひっくり返されたパトカー(ネット写真)
2011.08.29
<赤龍解体記>(29)局長殺しもブームか

 【大紀元日本8月29日】不公平な政策により、中国社会における格差が次第に拡大しており、庶民と支配層との矛盾も日増しに深刻化し、今はほぼ水と火のように相容れない状...

(イラスト・大紀元)
2011.08.28
【党文化の解体】第8章(3)

 【大紀元日本8月28日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 1)誰に対しても警戒心を持つ (2)警戒心の伝承 自分はそのような政治運動を経験し...

中国国内のインターネットカフェで、ネットサーフィンする若者(GettyImages)
2011.08.22
<赤龍解体記>(28)胡錦濤秘書の証言 

 【大紀元日本8月22日】情報規制、とりわけインターネット検閲で、世界から批判されている中国の情報管理体制について、胡錦濤の秘書はその内なるルールを暴き、胡錦濤と...

娘が父親に「あなたとの間に一線を画す!」(イラスト・大紀元)
2011.08.21
【党文化の解体】第8章(2)

 【大紀元日本8月21日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 1)誰に対しても警戒心を持つ (1)習慣的な警戒心は党文化がもたらした結果  中国...

中国の著名経済学者・茅于軾氏(ネット写真)
2011.08.15
<赤龍解体記>(27) 胡錦涛も共産主義を信じているとは限らない

中国の著名経済学者で、天則経済研究所理事長の茅于軾氏が、7月30日に行われた地方政治と国家のモデルチェンジというシンポジウムで講演を行い、民主、法制、平等、自由な...

(イラスト・大紀元)
2011.08.14
【党文化の解体】第8章(1) 習慣化された党文化の思惟

 【大紀元日本8月14日】一つの文化が形成されるまでには通常きわめて長い時間を要するが、ごく短い数十年で、中国共産党は尋常でない宣伝と残酷な政治運動を通じて中国で...

CCTV番組「24時間」プロデューサー王青雷氏 (ネット写真)
2011.08.08
<赤龍解体記>(26) 高速鉄道事故報道でCCTVの記者が停職処分

前回の<赤龍解体記>は、中国高速鉄道事故でメディアとインテリの造反を取り上げたが、案の定、これらのメディア人は直ちに停職などの処分を受けた。

2011.08.07
【党文化の解体】第7章(15)

 【大紀元日本8月7日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ ...

左手で記者の口を封じ、右手で法律の口を封じる暗黒勢力(ネット写真)
2011.08.01
<赤龍解体記>(25) 中国高速鉄道事故でメディアとインテリが造反

7月23日の中国高速鉄道衝突事故が起きた後、鉄道省の後手に回った救援活動、安全を無視しつつ早急に運転再開したこと、衝突した車両を壊して土に埋めて証拠隠蔽を図ったこ...

カメラマン:「紙に書いてあるとおりに読み上げたら、治療費が免除されるよ」。(看護婦が手に持っている紙の内容:「私は法輪功学習者だ」)。お婆さん:「主人は法輪功の修煉をしたことないのに?」(イラスト・大紀元)
2011.07.31
【党文化の解体】第7章(14)

 【大紀元日本7月31日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ...

2011.07.25
<赤龍解体記>(24) 胡錦涛と温家宝、手を組んで太子党を打撃するか

来年開催の中共18大まで後1年あまりとなったが、中共の各勢力は昨年から臨戦状態に入り、明に暗に人事の攻防戦を繰り広げてきた。

「これでもまだ法輪功の修煉を続けるか?」「転向しないなら火葬してやる!」(イラスト・大紀元)
2011.07.24
【党文化の解体】第7章(13)

 【大紀元日本7月24日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ...

7月15日ワシントンDCで行われたパレード。中共の解体を求め、法輪功への迫害に反対するよう呼びかけている(大紀元)
2011.07.18
<赤龍解体記>(23)石を持ち上げて自分の足を打つものがいるか

中国のことわざに、「石を持ち上げて自分の足を打つ」というものがある。人に損害を与えようとしたが、かえって自業自得になってしまうというたとえである。

共産党の指示に従って戦う(イラスト・大紀元)
2011.07.17
【党文化の解体】第7章(12)

 【大紀元日本7月17日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ...

2011.07.11
【党文化の解体】第7章(11)

 【大紀元日本7月11日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 1)干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う 自然災害に言...

天安門事件で、デモ学生を慰問する趙紫陽(ネット写真)
2011.07.04
<赤龍解体記>(21) 挟撃される温家宝の行方は?(その2)

6月27日、英国を訪問した温家宝は、王立協会での演説で、ふたたび民主自由に言及し、政治改革の必然性を強調。中国の未来像を示した。昨年以来、10度目の政治改革に関す...

2011.07.03
【党文化の解体】第7章(10)

 【大紀元日本7月3日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 3)男女に区別なし、女性も天の半分を担える(続き) ...

記者会見に臨む温家宝首相(ネット写真)
2011.06.27
<赤龍解体記>(20) 挟撃される温家宝の行方は?(その1)

中共の権力中枢の中で、温家宝ほど争議多き人物はいない。埒を越えた言論をしばしば放つため、称賛される一方、物議も多くかもしている。

2011.06.26
【党文化の解体】第7章(9)

 【大紀元日本6月26日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 2)革命の同志である夫婦 東方の伝統文化でも、西方...

^