大紀元時報
トップ 解体
解体
北京の紫禁城(故宮博物院)(ネット写真)
2011.06.20
<赤龍解体記>(19)北京の中央攻撃は胡錦涛の意図か

「北京日報」は6月13日、「党政官員は公民社会の発展を激励、支持すべき」という文を掲載し、注目されている。注目される理由は三つ。一つは本文の作者は胡錦涛のブレーン...

2011.06.19
【党文化の解体】第7章(8)

 【大紀元日本6月19日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 1)産児制限 2006年、中国メディアがこのような...

高い学費を払えないため、今年は約1万人の受験生が受験を断念(ネット写真)
2011.06.13
<赤龍解体記>(18) 統一試験で「ゼロ点」とされた作文

中国の大学入試全国統一試験が6月7、8日に行われた。自分たちの運命を決める大事な時であるだけに、受験生たちはみな薄氷を踏む思いで各科目の問題を慎重に解いていくので...

女性も天の半分を担える。男性:子供が泣いているので、様子を見に行ってごらん。女性:私も忙しいのが分らないの?(イラスト・大紀元)
2011.06.13
【党文化の解体】第7章(7)

 【大紀元日本6月13日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 党文化は政治、経済のような公共の分野を占領したほか...

『中国ハッカーの内幕』(陳細木編集)カバー(ネット写真)
2011.06.06
<赤龍解体記>(17) 米中間のネット戦すでに始まったか

米国の大手検索エンジン・グーグルが最近、中国軍のネット部隊の技術者を育成する基地(中国の済南にある藍翔技術学校)から攻撃されたことを受け、米国はすばやく反応し、ク...

2011.06.05
【党文化の解体】第7章(6)

 【大紀元日本6月5日】3.天地の神に感謝せず、党に感謝する婚礼の新しい形式 1)正統文化の結婚式 正統文化が重視する四大礼節に、冠礼、婚礼、葬礼、祭礼がある。「...

厳重な警備の下、金総書記が中国を訪問した(ネット写真)
2011.05.30
<赤龍解体記>(16) 金総書記の訪中、嫌でも止むなき内実

北朝鮮の金正日総書記が20日から26日まで、最近1年間で3回目の訪中を行った。今回の訪問は唐突の感を免れないため、その真意がさまざまに憶測されている。

中国共産党第一回全体大会に参加した一部の代表者(イラスト・大紀元)
2011.05.29
【党文化の解体】第7章(5)

 【大紀元日本5月29日】2.伝統的な祝日を廃止、党が按配した「党の祝日」(続き) 六月一日の「児童デー」を祝う国はみな「社会主義」あるいは「元社会主義」国である...

5月18日、陳炳徳総参謀長一行は米国国防大学を訪問し、マレン米統合参謀本部議長と会談した後、記者会見を行った。(Alex Wong/Getty Images)
2011.05.24
<赤龍解体記>(15)中共軍、米軍を敵としつつも臥薪嘗胆

中共解放軍の陳炳徳総参謀長が率いるハイレベルの軍事代表団が、今月15日から22日まで米国を訪問した。18日には、米国国防大学を訪問、マレン米統合参謀本部議長と会談...

清明上河図
2011.05.22
【党文化の解体】第7章(4)

 【大紀元日本5月22日】2.伝統的な祝日を廃止、党が按配した「党の祝日」  伝統的な祝日の中では、年越しを中国共産党が「春節」と称した以外にも、党がこれを廃止し...

一生を中共の共産主義事業に捧げるという入党宣誓をする人々(ネット写真)
2011.05.16
<赤龍解体記>(14) 習近平、18大で左折決意か

5月14日、中国新華社ネットおよび国営の大手メディアは一斉に、習近平が中共の幹部に、マルクス、レーニン、毛沢東の著作を学習するよう強調したと報道している。

かまどの神様(イラスト=大紀元)
2011.05.15
【党文化の解体】第7章(3)

 【大紀元日本5月15日】1.中国の伝統皇暦を「旧暦」もしくは「陰暦」と称し、中国新年を「春節」と称する 2)「春節」と称される新年  年越しは華人社会の最も大切...

清華大学創立100周年記念の夕べに参加した学生たち(ネット写真)
2011.05.09
<赤龍解体記>(13) 胡錦涛と温家宝の分裂が表面化か

胡錦涛が中共トップに登った当初、「胡温新政」として大いに期待されていた。これまで、江沢民の上海組からひどくけん制されるだろうと、彼の不作為を寛大に見つつ奮起するの...

(イラスト・大紀元)
2011.05.08
【党文化の解体】第7章(2)

 【大紀元日本5月8日】1.中国の伝統皇暦を「旧暦」もしくは「陰暦」と称し、中国新年を「春節」と称する 1)中国の伝統皇暦を「旧暦」もしくは「陰暦」と称する(続き...

緊急出動訓練を行う中国空軍(ネット写真)
2011.05.02
<赤龍解体記>(12) 軍内タカ派も翼を折られる

世界情勢が激変し、中共の内部闘争や分裂が表面化している今、軍隊の立場と役割が中国の未来を左右するもっとも重要な要素となっている。それゆえ、「安定」を最大の政治目標...

店員が「時代劇」「道徳番組」「反腐敗番組」「改革ドラマ」のコップに、漏れなく党文化を混ぜて飲料を作っている(大紀元)
2011.05.01
【党文化の解体】第7章(1) 日常生活の中の党文化

 【大紀元日本5月1日】どの偉大な文明もみな、長い間の蓄積と進化の過程を経てきた。五千年にもおよぶ中華文明の中で、一代また一代と帝王が死に、そのたびに一つの時代が...

上海のスーパーで販売されている毒中華パン(ネット写真)
2011.04.25
<赤龍解体記>(11) 温家宝、胡錦涛とたもとを分かつか

4月14日、温家宝首相は中南海で、新しく招聘した8名の国務参事と5名の中央文史館館員に証書を授与し、座談会で談話を発表した。中共の政局が激変している今、温家宝の特...

「安定はいかなることより優先させるべき」(イラスト・大紀元)
2011.04.24
【党文化の解体】第6章(23)

 【大紀元日本4月24日】結び:党話を除去して、正常な言葉で話す 1)どのように党話を見分けるか  党話を除去するには、まず党話を見分ける必要がある。党話に沿って...

重慶で行われる「紅歌会」(ネット写真)
2011.04.18
<赤龍解体記>(10)左寄り時代への方向転換

過去一年間、中共政治局常務委員の習近平、李長春、賀国強、周永康および18人の中国人民代表大会副委員長が、走馬灯のように重慶市を視察し、重慶市トップ薄煕来の「唱紅打...

2011.04.17
【党文化の解体】第6章(22)

 【大紀元日本4月17日】6.党話が広められた結果 3)党話―当代中国人の色眼鏡 (2)中国人が正常に物事を考えられなくなった党話  党話を使うと中国人が正常に思...

失業後の辛い思い出。「労働者階級は最も先進的な階級です。卒業後、あなたは工場に行きたいですか、それとも行政機関、病院などに行きますか」
「工場に行きたいです!」(イラスト・大紀元)
2011.04.14
【党文化の解体】第6章(21)

 【大紀元日本4月14日】6.党話が広められた結果 3)党話―当代中国人の色眼鏡 言語は思想の道具であり、人間の思想は単語と語句の組み合わせによって表現される。党...

重慶で行われた、入党宣誓をあらためて誓い合う集会の会場(ネット写真)
2011.04.11
<赤龍解体記>(9)血の色を見せつけるイベント

重慶市は中国の4大直轄市の1つであり、市のトップである薄煕来は、来年開催予定の中共18大で政治局常務委員に抜擢される有力候補の1人とされ、つねにその剛腕的な政治や...

寧波市での塩買占めの現場(ネット写真)
2011.04.04
<赤龍解体記>(8) 塩買だめ騒動の社会的背景

福島原発事故を発端として、中国では民衆の塩の買だめ騒動が起きた。この騒ぎは、非常識だとされているが、しかし当事者たちにとっては命や健康にかかわる重大で深刻な問題で...

2011.04.03
【党文化の解体】第6章(20)

 【大紀元日本4月3日】6.党話が広められた結果 1)文化、言語の面で亡国となった中国の現実  人類の歴史上、外来の侵略者はある国の土地を占領できても、その国の民...

2011.03.28
<赤龍解体記>(7) 「幸福」という新しい政治スローガン

毛沢東の時代から、中共の指導者たちは自分の権威性とその時代の特性を誇示するために、独自の政治スローガンを打ち出してきた。例えば、江沢民の「三つの代表」や胡錦涛の「...

(イラスト・大紀元)
2011.03.27
【党文化の解体】第6章(19)

 【大紀元日本3月27日】5.党話の特徴 3)党話の抽象性と詭弁性  正常な人間社会の言葉は具体的で、理解しやすいものである。古代の中国人は「身を修めて家を斉え、...

全人代で政府報告を行う温家宝首相(Getty Images)
2011.03.21
<赤龍解体記>(6) 温家宝の異説と呉邦国の持論

「一国二制度」というサクラがあっても、中共は党内、とりわけ公の場で異なる声を絶対許さず、すべてが全党一致で行動しなければならない。

「打ち殺してもただである」、「法輪功学習者を打ち殺したら自殺として片付ける(イラスト・大紀元)
2011.03.20
【党文化の解体】第6章(18)

 【大紀元日本3月20日】5.党話の特徴 2)党話の多層的な欺瞞性 党文化は多層的な性格を持っている。表向きの性格、中間層の性格、核心の性格に分けることができる。...

古い書き方では、「党」の上半分は「尚」と書いて下半分は「黒」と書く。孔子は『論語』に「君子は矜にして争わず、群して党せず」と説いた(イラスト・大紀元)
2011.03.12
【党文化の解体】第6章(17)

 【大紀元日本3月12日】5.党話の特徴  党話には、多くの捉えやすい特徴がある。例えば、よく言われるのは「うそが多い、大げさ、内容が薄い」、粗野で野蛮で、殺気に...

2011.03.08
「ジャスミン革命」対策も 中共解体は避けられない

 【大紀元日本3月8日】北アフリカ革命の波は次から次へと起こり、中共(中国共産党)も二度と度外視できなくなった。 アラブ諸国はかつて最も民主革命が発生し難いところ...

^