大紀元時報
トップ 追査国際
追査国際
7月25日、北京にある中日友好医院を視察する加藤勝信厚生労働大臣およびWHO西太平洋事務局次長・葛西健氏ら11人の一行(厚生労働省より引用)
臓器狩り   肺の臓器移植は中国2位 中日友好医院へ加藤厚労相と日本人WHO幹部が視察
2018.08.13
ドキュメンタリー「臓器のために殺されるー中国の隠された臓器ビジネス」スクリーンショット (NTD)
臓器狩り   国際移植会議、人権団体が「倫理違反」で中国医師を批判
2018.07.06
1月23日、中国臓器移植の問題について取り組むSMGネットワークの発足会が参議院議員会館で開かれた。マイクを手にするのは、同問題を調査する元カナダ政府アジア太平洋地域担当大臣デービッド・キルガー氏、その右がイスラエルの心臓外科医ジェイコブ・ラヴィ氏、手前は国際人権弁護士デービッド・マタス氏(山田宏参議院議員Twitterより)
SMGネットワークが発足   非人道性疑われる中国臓器移植ビジネス 日本が係わらないよう呼びかけ 山田宏議員、城内実議員ら
2018.01.26
名古屋市議会議場(名古屋市役所)
臓器移植法施行20年   名古屋議会で臓器移植の環境整備について意見書が可決
2017.12.13
埼玉県議会では10月、臓器移植の環境整備を求める意見書を全会一致で可決した。(参考写真)
臓器移植法20年   患者の安全確保できない臓器移植ツーリズム対策求め 埼玉県議会で意見書可決
2017.10.30
中国のネットに流通した、ウイグル自治区の空港に設置された床案内ルート(エンヴァー・トフティ氏提供)
中国臓器ビジネス   「中国では人命はとても安い、臓器のほうが高値だ」元医師の告白
2017.10.18
2014年7月20日、台湾の法輪功学習者は、臓器狩りのデモンストレーションを行い、問題を周知させようとしている。(Mandy Cheng/AFP/Getty Images)
人道犯罪   日本の有識者、中国「臓器狩り」に憂慮 法整備へ向け検討会
2017.09.08
中国では、臓器がどこから提供されているのか明かされていないが、臓器移植手術件数は年間数万件~十数万件と推計されている。(Jafaar Ashtiy/AFP/GettyImages)
臓器狩りの闇   中国移植の権威、「3年後には移植世界一」と豪語 専門家「プロバガンダ」
2017.08.02
9月10日 大阪梅田 受賞作ドキュメンタリー映画『人狩り』上映会
2017.07.31
最新のドキュメンタリー映画、政府が率いる「臓器収奪」プログラムを明かす
血塗られたビジネス   臓器の待機時間はわずか4時間…党中央が指揮する中国の臓器収奪
2017.07.23
6月16日 京都府庁内 受賞作ドキュメンタリー映画『人狩り』上映会 デービッド・マタス氏との意見交換会
2017.05.26
『知られざる真実』ホームページのスクリーンショット(hardtobelievemovie.com)
3月27日 参議員会館 受賞作映画『知られざる事実』上映会 デービッド・マタス氏との意見交換会
2017.03.14
3月28日 東京都議会 受賞作ドキュメンタリー映画『人狩り』上映会 デービッド・マタス氏との意見交換会
2017.03.14
臓器移植取引と移植ツーリズムの国際サミットのブックレット、表紙一部スクリーンショット(pas.va)
中国の臓器市場に注目 臓器取引と移植ツーリズム、バチカンで議論
2017.02.08
1月20日、都内で、中国臓器狩り問題を取り上げ、ピーボディ賞など数々の賞を受賞したドキュメンタリー映画「人狩り」の上映会が行われた(牛彬/大紀元)
超党派の区議員、臓器狩り問題を注視 都内でドキュメンタリー映画上映
2017.01.21
受賞作ドキュメンタリー映画2本の上映会が墨田区議会議員・大瀬康介氏の事務所で行われた(明慧ネット)
臓器狩り   受賞作ドキュメンタリー映画、墨田区議員事務所で上映
2016.12.24
ドキュメンタリー映画『活摘 十年調査(仮邦題:臓器狩り―10年の追跡調査)』が、11月19日にテキサス州ヒューストンで世界初公開された。上映会で李軍監督らが解説(大紀元)
人道犯罪   臓器狩り調査のドキュメンタリー映画 米で世界初公開
2016.11.30
ドイツ人に中国で臓器移植を受けさせないようにするため、積極的に臓器移植に関するドイツの法律の改正に着手するように努力すべきと訴えるマーティン・パトゼルト議員(吉森/大紀元)
中国臓器狩り   ドイツ議員らが提言 中国臓器狩り 6つの阻止策
2016.11.13
法輪功迫害を国際的に調査追及している人権団体が4月21日、法輪功迫害の犯罪責任が追及される個人・団体の追加リストを公式サイトで発表した。(winnifredxoxon/flickr)
追査国際 新たな迫害犯罪責任の追及対象者リストを公開
2016.04.30
米国サンフランシスコで臓器強制奪取の停止を訴える華人活動家 (大紀元)
刑務所警官が実名告発 「臓器強奪の闇産業チェーン」(2)
2015.04.02
SARS告発の医師、軍病院の臓器密売が「日常的に実施」=香港メディア
2015.03.11
 邦訳『中国臓器狩り』 (大紀元)
米団体報告書、「中国の臓器狩りはいまも進行中」
2014.11.21
駐伊・中国大使、中国向け放送中断事件への関与認める
2008.07.25
「迫害真相調査委員会」、中国労働教養所の徹底的な調査を要求
2006.04.23
天津:臓器移植手術が激増、証拠隠滅のための大量虐殺の可能性も
2006.04.08
違法な臓器移植、「中共ならば平気でやる」、米議会で専門家が指摘
2006.03.23
中共政権の洗脳道具「同一首歌」についての調査報告
2006.01.16
^