大紀元時報
トップ 運命
運命
(Illustration - Shutterstock)
2019.09.23
片腕片足を失った元軍人がダンスに挑戦、全米が感動!

『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』という番組をご存知でしょうか?セレブリティが勝ち抜きダンス勝負を行うアメリカのリアリティ番組です。この番組に右腕右足だけの元軍...

(Instagram | heidialice)
2019.07.17
びっくり仰天!幼少時代の写真を見返していたら、隣に映っていたのは

あなたは運命というものを信じますか? びっくり仰天な運命に遭遇したのはイギリスに住むハイジさんとエドさん。

(Epoch Times Uplift)
2018.08.11
負けず嫌いの女性 求人サイトで運命の出会い

アメリカ発祥のクレイグス・リストというウェブ掲示板をご存じですか?それは、求人、不動産、中古車、イベントのチケットなどなど、あらゆる情報を交換し、欲しいものを格安...

(WCCO/ Screenshot)
2018.07.08
運命の人 40年来の友人同士が結婚

SNSが当たり前となった昨今、昔の知り合いと繋がるのは簡単なこと。人生後半で独身、酸いも甘いも知り尽した二人が出会えば、惹かれ合うこともあるでしょう。ましてや相手...

互いに支え合い助け合おう(DON EMMERT/AFP/Getty Images)
2018.01.18
橋での出会い 悲しみの後に来たものは

アンドリュー・イワノフさん(26歳)はロシア中部ウファにある、ベラヤ川にかかる橋にやってきた。飛び降りて死のうと思ったのだ。最愛の婚約者が、決まっていた結婚式の前...

(Fox 6 Now/Screenshot)
2018.01.06
婚活
女の勘(カン)でピッタリの相手を紹介する看護師 

これまでにまとめたカップルは11組。そのうち6組は結婚し、5組は長期のパートナー、またそれらのカップルから生まれた子供は6人。マッチメイキングをする看護師のヘザー...

(iStock)
2017.10.16
人生訓
【医学古今】適材適所

人にはそれぞれ、得手不得手があります。得意とする分野で自分の能力を発揮することができれば、より効率的に仕事を成し遂げるのです。故に、「適材適所」という言葉が生まれ...

(大紀元)
2017.07.12
故事
人のことを思えばこそ 寿命を延ばした君主

春秋時代のお話です。宋という国に宋景という君主がいました。当時、この国では珍しい天象が観測され、人々は天変地異が起こるのではないかと非常に心配していました。宋景は...

ミチオ・カク氏 (YouTubeスクリーンショット)
2016.04.01
人間に「自由意思」はあるのか

「運命」という言葉があります。仕事、結婚、住む場所…。それは自分の意思で決めているのでしょうか、それともすでに決まっているのでしょうか?日々の自分の行動は、本当に...

CiaoHo/Flickr
2015.05.11
面相術 眉から見る人の運気

眉を見て運命を占うのも面相術の一つ。当たるも八卦、当たらぬも八卦。全ての人に当てはまるわけではないが、参考になる部分もあるかもしれない。

(craftybunny/creative commons)
2012.05.24
運命を変えた男

 【大紀元日本5月24日】人の運命は、すでに決まっているのだろうか? 生まれ落ちた国や家族、性別など、自分では変えられない要素があるのは確かだ。それでは、生まれた...

(TANAKA Juuyoh/Creative Commons)
2011.11.19
徳を植える

 【大紀元日本11月19日】その昔、先祖代々裕福な家があった。その家の主人は、年を取ってから男の子をもうけた。主人は品格を持つ人になって欲しいと願い、子供に禅を意...

(jimurawski/creative commons)
2011.04.17
≪医山夜話≫ (26-2) 心のダメージ

ジェニーは長い間、てんかんの他にも重いうつ病を患い、不眠症と悪夢に絶えず苦しめられていました。薬を飲み続けていますが情緒が不安定で、いつも緊張した生活を送っていま...

(wwarby/creative commons)
2011.02.27
≪医山夜話≫ (21)運命と求めるということ

 【大紀元日本2月27日】彼女は待合室のイスに座り、かばんの中の探し物に夢中になっていました。それほど大きくないカバンは、くし、口紅、財布、ノート、ガムなどでパン...

(SAJJAD HUSSAIN/AFP/Getty Images)
2010.07.04
忘れられたアップル社のもう一人の創始者

 【大紀元日本7月4日】iPod、iPad、iPhoneなどの人気商品を続々と打ち出し、飛ぶ鳥を落とす勢いのアップル社。今や家電業界の覇者となった同社の創始者、ス...

1944年3月、中国へ赴く直前の「長嶺八丈開拓団」=一番右側に立っている女の子が当時8歳の著者、その隣に弟を抱いた母(写真・著者提供)
2010.04.11
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(88) (第一部完)

【大紀元日本4月11日】文化大革命の間、王建校長はすでに異動していて、寧安一中を離れていました。しかし、寧安一中の教師の中には、王建先生を槍玉にあげて壁新聞を書き...

2010.04.04
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(87)

【大紀元日本4月4日】寧安一中の時に、孟先生以外で私の面倒をいろいろと見てくれたのは校長の王建先生でした。先生は、旧日本統治時代に東北地方の長春にあった建国大学の...

2010.03.29
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(86)

【大紀元日本3月29日】 一言では言い尽くせない高校での運命 高校に上がった後、私は1年1組に配置され、関桂琴は2組でした。中学で同じクラスだった孟沢繁と関莉民も...

2010.03.22
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(85)

【大紀元日本3月22日】私たちが中学を卒業した57年は、高校の受験は大変に困難でした。この年、中等専門学校は、牡丹江師範専門学校が2クラス学生を募集した以外は、一...

2010.03.17
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(84)

【大紀元日本3月17日】 中学卒業と高校受験、趙おばさんの死 学校が始まった後、私たちは高校に進学するため、毎日勉強に忙しく、私はずっと沙蘭に帰ることができません...

2010.03.07
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(83)

【大紀元日本3月7日】趙おばさんはこの時になって、私に養女にならないかと言ってきました。それは当時のように私を追い出すような口ぶりではありませんでした。私に懇願し...

2010.03.02
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(82)

【大紀元日本3月2日】帰って来る道中、張小禄おじさんが私に言いました。「全有は、養母に殺されたようなものだ。もし養母が金を惜しまずに、医者に診せて注射でもしてやっ...

2010.02.19
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(81)

【大紀元日本2月19日】その時、私は溢れ出る涙を抑えることができず、弟に何を言えばいいかわかりませんでした。私は本当に多くの事を弟に聞きたかったし、多くの事を話し...

2010.02.13
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(80)

【大紀元日本2月13日】趙おばさんはひとしきり泣くと、泣き止みました。そして、こう話しました。「全有は帰ってきた次の日に発病し、高熱を出したんだよ。病院の先生は、...

2010.02.03
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(79)

【大紀元日本2月3日】沙蘭はあたり一面真っ暗でした。すでに深夜になっており、明かりを灯している家はほとんどありませんでした。峰をおりる時、小走りに歩を進め、村に入...

2010.01.23
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(78)

【大紀元日本1月23日】 弟の悲惨な死 孫おじさんから亡くなったてからというもの、私は総じて喪失感に似たものにとりつかれ、精神が不安定になり、何をしても手につきま...

2010.01.12
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(77)

【大紀元日本1月11日】 孫おじさんの死 再び「父親」を失う 私がちょうど中学三年に上がった冬のある日、孫おじさんが病気で牡丹江の療養所に入院しました。肺気腫で、...

2010.01.03
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(76)

【大紀元日本1月3日】私と弟は、水入らずで話すことはありませんでしたが、この目で弟を見ることができるだけで満足でした。弟が日を追うごとに成長するのを見て、ことばに...

2009.12.22
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(75)

【大紀元日本12月22日】 中学で弟と再開 この年、私の弟である趙全有が第二中学に合格しました。第二中学の校舎は大きな川の辺にあり、私たちの第一中の学生寮の近くで...

2009.12.07
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(74)

【大紀元日本12月7日】二年目の夏休みになると、寮に残って帰省しない同級生が増えてきました。私と同学年の一年一組の劉桂琴がいました。そして私たちより一学年下の曹煥...

^