大紀元時報
トップ 道徳
道徳
2019.06.19
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
終わりに

五千年間に及ぶ歴史劇の幕が下ろされつつある今日、人類は最後の試練に直面している。共産邪霊は世界を混乱させ、人類史上まれに見る大きな災難を作り出した。数億人を殺害し...

2019.06.19
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第六章(下)「憎悪」を国家の支柱とする

中国共産党を解体し、人間世界における共産主義のあらゆる存在型式を除去し、伝統に回帰し、心の奥にある善良な一念を持ち続けることによってはじめて、生命は希望を見出すこ...

2019.06.17
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第六章(上)「憎悪」を国家の支柱とする

共産邪霊は主として「恨(うらみ)」によって構成される。「恨(うらみ)」は物質的存在で、生命力をもつ、つまり、「恨(うらみ)」は一種の生命である。共産邪霊を構成する...

2019.06.16
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第五章(下)邪霊が位を簒奪し文化が廃れる

茫々(ぼうぼう)たる宇宙の中、いかなる生命も神の掌握から逃れることはできない。神はこれらのことを見ている。邪悪な中国共産党と江沢民のやることなすこと全てが、天地と...

2019.04.23
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第五章(上)邪霊が位を簒奪し文化が廃れる

邪霊は無神論を推し広め、強制的に人々の心から神の存在を抹消した。人間が根のない浮草のように、この一生一世しかなく、死ねば万事休すと思うように仕向けた。

(Lionel Rich/Wikimedia Commons/CC-BY-SA-2.0)
2019.04.09
他人に畑を荒らされたらどうする?賢人たちの知恵

現代社会では、小さな争いが過激な暴力や殺人にまで至ったというようなニュースが、毎日のように伝えられています。

GettyImages
2019.02.20
継母にいじめられても なお親孝行

閔損(びんそん、紀元前536年-紀元前487年)は、字を子騫(しけん)といい、春秋(周朝)魯国の人。孔子の弟子で、その徳行は顔淵と並ぶほどであった。閔子騫の母は早...

GettyImages
2019.02.19
親孝行
自分を殺そうとした父親と弟にとった行動

舜は中国古代の五帝の一人で、姓を姚、名を重華、号を虞氏といい、虞舜と称された。 舜は幼いときに母を亡くした。両目を失明した父・瞽叟(こそう)は後妻を娶り、弟・象が...

GettyImages
2019.02.15
年をとって醜い人を妻にしている理由

晏子(あんし)は、春秋戦国時代の斉国の賢明な宰相であった。斉の国王・景公の愛娘が晏子に嫁ぐことを望んだことから、景公は晏子の家に出向いた。二人が酒を飲んでいるとき...

GettyImages
2019.02.15
子どものいたずら、どうする? 

子供が道徳的に誤ったことをした時、親はどうしたらいいでしょうか?感情的に怒鳴りつけてしまいがちですが、それは効果が薄いかもしれません。冷静に目を見て話し、何が誤り...

GettyImages
2019.02.02
「孔子」と深い縁を持った日本人

和辻さんは「朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」という、孔子の言葉に関心を寄せます。弟子の子路が死を問うた質問に、「未だ生を知らず、いずくんぞ死を知ら...

2019.01.23
古代中国の物語
どんなに小さな嘘でも 神様はお見通し

昔、今の中国湖南省、湖北省辺りに、とても正直な知識人がいた。玉皇大帝は冥界第七殿で人手不足なため、彼に暫く業務を代行するよう任命した。彼はそれから数日置きに冥界へ...

(イメージ:Wikimedia Commons  CC1.0)
2018.12.15
3羽のツバメと子どもたちの物語

中国には「捜神記」という古くから伝わる書物があり、神話や超自然現象に関する伝説や短編物語が収められています。「捜神記」というタイトルは、日本語では「聖なるものを求...

法輪功を練習するインドの学生たち(明慧ネット)
2018.11.01
インドで愛される法輪大法 学校教育にも取り入れられる

中国発祥の修煉方法・法輪大法がインドでますます人気になっている。インドメディアbhaskarhindi.comは近日、インド中部のマハーラーシュトラ州のナーグプル...

「女孝経」の図(パブリックドメイン)
2018.10.27
千年前の道徳教科書-「女孝経」

古代中国の唐王朝時代(618年―907年)、侯莫陳 邈(こうばくちん ばく)の妻である鄭氏は昔の賢人に関する歴史の物語が好きでした、このような物語を読むとき、彼女...

2018.10.23
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第四章(下) 共産邪霊、人類を破滅の道へ

憎悪によって構成された邪霊は殺戮(さつりく)によって勃興し、欺瞞(ぎまん)を用いて拡張し、民衆の闘争心を掻き立てることで天下を乱した。そして全人類を壊滅させるとい...

2018.10.15
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第四章(上)共産邪霊 人類を破滅の道へ

文化大革命後に中国共産党は自身の存続危機を乗り切るために、「改革開放」政策を採り始めました。一夜にして「階級闘争が基本路線」から「経済建設を中心」へ、「食べ物も惜...

2018.09.30
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第三章(下)共産邪霊の手段:環境と文化の破壊

伝統文化の破壊と道徳腐敗の流れに数多くの人々が身を任せている。このような人々は神の教戒を理解する力を失い、完全に消滅されるという結末がすでにそこまで迫って来ている...

2018.09.24
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』 
第三章(上)共産邪霊の手段:殺戮

共産党の歴史は殺人の歴史であり、殺戮を推奨しなければ、無神論を中国の隅々まで広めることができなかった。神から伝わった文化を破壊し、中華民族を畏敬の念のない民族にす...

James Kim/Flickr
2018.09.22
無邪気な心

身も心も飛ぶように軽くて、すべてが輝いて見えたころ。悩みもなく、心配も恐れもなく、毎日が冒険と好奇心でいっぱいの頃。そんな無邪気な子供時代に、心だけでも戻ってみま...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2018.09.19
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

2018.09.19
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第二章(上)赤魔の陰謀:人類を壊滅させる

世の人は邪霊の支配を振り切り、邪霊の陰謀を打ち砕く機会があるのだろうか?もちろんある。それはつまり、自ら道徳を取り戻し、貪欲に駆られ目前の繁栄に誘惑されず方向を見...

2018.09.18
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第一章 中心なる国 神より伝えられた文化

共産党が国民を絶え間ない「政治運動」に駆り立てるのは、中華伝統文明を徹底的に壊滅させるためであり、道徳が崩壊の危機に瀕したときに人が救われる一切の可能性を断絶する...

中国人女性客が日本の焼肉店から追い出され、中国でも話題となった(Tatsuo Yamashita/flickr)
2018.06.09
大阪の飲食店から中国人追い出す騒動 中国でも注目

中国版ツイッター微博3日の投稿によると、中国人女性は姉と焼肉店で食事した際、店長に「罵られた」と訴えた。騒ぎの一部始終は女性本人が撮影し、別のネットユーザーを通じ...

(iStock)
2017.12.04
真の親切とは
孔子と弟子たちの問答

儒教の始祖・孔子は「有教無類」を唱え、身分や地位にかかわらず、すべての人が教育を受けるべきだとし、私塾を開いて教育を普及させました。門下に3千人の弟子がおり、中国...

(Fotolia)
2017.09.14
誰かが必ず見ている
【故事】悪事は隠せない 夢を見て悟った男

昔、子供がいたずらをすると年配の人がよく「お天道様がみているよ」と言って諭したものです。善行も悪行も、天がすべて見ているという感覚を養うことは、子供の躾において良...

(iStock)
2017.08.26
古代の徳
命がけでお互いをかばい合う、義理の親子 

義理の親子が仲睦まじく暮らすのは、時に難しいものです。でも、この物語では、ある少女が継母の死刑の罪をかばおうとし、そして継母も少女を命がけで守ろうとします。決して...

今年4月、河南省で横断歩道に立ち止まった女性は2度も車に轢かれ、死亡した。20数人が現場付近を通行したが、女性を救助する人はいなかった(ネット写真)
2017.08.01
中国で事故の負傷者を助けないのはなぜ?

中国では、交通事故などで救助が必要な人を目撃したとしても、助けずに見過ごす人は多い。10数年前、路上で転倒した高齢者を救助し、病院に運んだ男性が、いわれのない「加...

罪をとがめるより更生を励ます(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2017.07.28
1900年前の中国典故
罪をとがめるより更生を励ます

悪行を改めるよう、寛大な心で更生を励ますことは、良知ある人を育てることに繋がる、というお話。1900年も前の物語とされる、「元」泥棒と賢人の典故を紹介します。出典...

問題児クラスをまとめた新米小学校教師、子どもに響いた「心のレッスン」とは(mihoyuyu)
2017.06.07
教育
問題児クラスをまとめた新米小学校教師 子どもに響いた「心のレッスン」とは

初夏の暑さを感じさせる6月。春に新生活をスタートさせた新入生たちは、新しい環境に慣れてきたころだ。育った環境の異なる友人や仲間と触れ合うことは、「自分らしさ」を認...

^